山田裕貴は高校時代に野球をやってた?父親が元プロ野球選手ってホントなの?一体誰?

山田裕貴さんが5月7日出演した「A-Studio+」で語った、学生時代の話が話題ですね。

現在人気俳優として映画やドラマ、またバラエティ番組への出演、先日は夜会ハウスで都市伝説好きで少し天然気味な性格を見せてくれた山田裕貴さんですが、実は小学生・中学生時代に野球を頑張っていた事を明かしています。

山田裕貴さんが野球を始めた理由には、山田裕貴さんの出自が絡んできます。

そこで、今回は山田裕貴さん学生時代に野球を始めた理由と辞めた理由、野球を始めたきっかけである父親の存在。

そして頑張ってきた野球が、現在精力的に頑張っている俳優業にどの様な影響を与えたかについて解説してきます。

Sponsored Link

山田裕貴、高校時代に野球をやっていた?

Sponsored Link


山田裕貴さんは、中学時代を最後に野球はやめていて、高校時代はバレーボール部に所属していた事が分かっています。

山田裕貴さんは後述する出自の関係で、野球にかける意気込みはあったものの、どうやらレギュラーになる事はできず色々と悩んだ結果、中学で野球を辞めるという選択をしたみたいです。

とはいえ、小学生から中学生まで続けた野球を辞めたという経験は、俳優・山田裕貴に大きく影響もしています。

むしろ、野球を辞めた経験があるからこそ現在の様な、若手俳優として活躍する姿があるのかもしれません。

山田裕貴さんは何が理由で野球を辞めて、どう影響したのでしょうか?掘り下げていきましょう。

山田裕貴が中学で野球を諦めた理由!

山田裕貴さんは小学生から始めた野球を、中学校で辞めています。

父親の姿を見て始めた野球ですが、ずっと続けていた野球でレギュラーになれず、それでも頑張り続けていた時、自分の努力が「父親を追いかけている物」なのか、「自分の人生を生きる為の物」なのかが分からなくなったという理由です。

・・・これを中学生で考えるとかハンパないですわ・・・

いやね、わたしが中学の時なんて帰宅部で、バイオハザード2とかゼノギアスをやってた気がします。あとマリオパーティ。

割と中学時代って一部の人を除いて、人生の中でも有数のアホな時代だと思うんですよね(笑

そんな中で自分のやっている事に悩んで、人生を考える山田裕貴さんって、当時精神年齢が実年齢よりも高く、ものすごく生真面目な性格なんだなって分かります。

Sponsored Link




山田裕貴は野球を諦め後悔している?

山田裕貴さんは野球を辞めて後悔していた事を明かしています。

高校時代は野球をせず、バレーボール部に所属していた山田裕貴さんですが、同級生が甲子園に出場して活躍する姿を見て、悔しくて泣いてしまった事。

野球を辞めた際に、父親から「俺は(野球を)やれ、とは言ってない。何で自分でやると決めたことを最後までやらないんだ」と言われた事で、現在頑張っている俳優業は死ぬまで頑張るつもりでいるとの事です。

実際、その発言の通りなのか、高校卒業の翌2010年に映画「私の優しくない先輩」でデビューを果たし、翌2011年には若手俳優の登竜門である戦隊シリーズ、海賊戦隊ゴーカイジャーにもゴーカイブルー役として出演しています。

それ以降も毎年映画やドラマに引っ張りだこ状態・・・しかもこれがお世辞でもなく事実なので、山田裕貴さんの俳優業にかける意気込みが見えてきますね!

ちなみに、山田裕貴さんが悔し泣きした甲子園は2009年の大会で、この年は現メジャーリーガーの筒香嘉智選手が注目された年で、山田裕貴さんの出身校である東邦高等学校からは、石川貢さんが西武ライオンズにドラフト4位で2010年に指名入団しています。

Sponsored Link




山田裕貴の野球のピッチングの速度が凄い!

中学まで野球をやっていた山田裕貴さんですが、2021年2月7日にインスタグラムに投稿された動画ではなんと142キロもの速球を投げています!

この投稿をInstagramで見る

 

山田裕貴(@00_yuki_y)がシェアした投稿

プロ野球とか見ない人からすれば、それすごいんですかね?って思いますよね?

この数字がどれくらいすごいのかちょいと調べてみましたが、結論から言うと、「山田裕貴さんマジハンパねっす!」という感じです(笑

2019年に野球を引退したイチローが、マーリンズに所属していた2015年の話ですが、シーズンの公式最終戦でピッチャーとして登板したところ、なんと143キロの数字を叩きだしています!

参照:イチロー投手143キロにショック「悪口言わない」

・・・そう、山田裕貴さんとたった1キロの差です。

これはつまり、「山田裕貴さん = イチロー説」が爆誕したということですね(笑

まぁ数字だけみれば山田裕貴さん若いっすから・・・と言えますが、注目するのは、山田裕貴さんは中学時代から約15年のブランクを経ての142キロという記録ですね!

一回だけたまたま出た数字と謙遜はしていますが、実際に出した数字であるので、ポテンシャル自体はとても高い事には違いありません。

もし、山田裕貴さんに合うコーチや、相方のキャッチャーに巡り合えていれば、プロ野球選手・山田裕貴が見られたかもしれません。

・・・その場合は俳優・山田裕貴さんは存在しなかったわけですが(笑

Sponsored Link




山田裕貴、実は父親が元プロ野球選手!?

山田裕貴さんの父は元プロ野球選手で、中日ドラゴンズや広島東洋カープの一軍で活躍した山田和利さんです。

山田裕貴さんが野球を始めたのは小学校3~4年の頃で、始めた理由もテレビで山田和利さんを見て「カッコイイなー」と思った事が理由である事を話しています。

ちなみに山田裕貴さんが小学3~4年生は1999年~2000年で、この頃は山田和利さんは既に現役を引退して、時期的には中日ドラゴンズの一軍の打撃コーチを務めていました。

となると、山田裕貴さんは選手を指導する姿を見たのか、もしくはTVで現役時代のプレイ映像見たのかもしれませんね!

Sponsored Link




山田裕貴の父親、高校はどこの出身?

山田裕貴さんの父・山田和利さんは、愛知県の野球名門校「東邦高等学校」出身です。

山田裕貴さんの母校でもあるので、親子そろって同じ高校出身です。

東邦高等学校の硬式野球部は、過去何度も甲子園に出場していて、中日ドラゴンズで現役活躍中の丸山泰資選手や、石田 健人マルク選手の母校でもあります。

野球に限らずサッカー部や水泳部も全国大会に出場経験があり、運動系の部活にはかなり力を入れている事がわかります。

山田和利さんは、東邦高等学校から1983年にドラフト4位指名で中日ドラゴンズに入団しているので、大学へは進学していません。

山田裕貴さんが野球を辞めても東邦高校に進学した理由は明らかにしていませんが、やはり中学で野球を辞めた後、宙ぶらりんな状態でも少なからず父親の背中を追っていたのかもしれませんね。

Sponsored Link




山田裕貴、プロ野球選手だった父親の存在が重たかった!?

中学で野球を辞めてしまった山田裕貴さんですが、やはり辞めた理由に関しても元プロ野球選手だった父・山田和利さんの存在が大きかったみたいです。

5月7日にTBS系で放送された「A-Studio+」に出演した際、次の様に語っています。

「やっぱりプロ野球選手である父を意識してしまって、プロ野球選手の息子、って看板を重く感じてて。でもやんなきゃ、やんなきゃ、って(思って)。ふと我に返った時に、あれ、これは俺の人生を生きてるのか?父親を追いかけてるのか?って分かんなくなっちゃって」

転載元:Yahoo!ニュース

もう完全に父・山田和利さんの重圧に負けてしまいました。

山田裕貴さんが野球を始めた理由も辞めた理由も、父親の存在と思うと少し切ないですねぇ。

厳密には父・山田和利さんの重圧とは言っても、山田和利さん自身は山田裕貴さんに「野球をやれ」・「プロ野球選手になれ!」と言ったわけではなく、山田裕貴さん自身がやりたいから始めて、辞めようと思って辞めたとの事です。

これについて山田裕貴さんは、『何で自分でやると決めたことを続けなかったんだ』と父・山田和利さんに言われたことで、次にやると決めた事は死ぬまでやろうと決めていた事。

そして死ぬまでやろうと決めた事が俳優業だったと、「A-Studio+」の放送内で語っています。

そういった一連の背景があった為か、2018年8月10日の「中日対ヤクルト戦」で、父親の背番号30のユニフォームを着て始球式で投球しています!

・・・のはいいのですが、

なんと始球式を終えた後のインタビューで号泣してしまいました。

一度野球を辞めて、高校時代に後悔した分、色々と思う事があったんでしょうねぇ・・・

形は違ってもプロ野球のマウンドに立てて良かったですね! きっとお父さんも喜んでいますよ!

ところで球児時代全くモテなかったみたいですが、2018年の映画「あの頃、君を追いかけた」坊主でもイケメンオーラがハンパないっすわー・・・

本人曰く、丸坊主の時はバレンタインのチョコは0個で、野球を辞めて髪を伸ばした途端チョコが7個だったらしく、女性が一時期苦手だったとのことです(笑

まとめ

今回は、俳優・山田裕貴さんが野球を始めたきっかけや辞めた理由、そしてその後について解説してきました。

やはり、親が大きな存在だとその分感じるプレッシャーも大きいんでしょうね。

現在では「悔しさをバネに」という言葉を体現した、若手俳優として大活躍をしている山田裕貴さんですが、現在の活躍を見ると、野球の挫折がしっかりと糧になっているんですね。

7月には日テレのドラマ、「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」や、映画も4本の公開を控えて波に乗っている山田裕貴さんの活躍に期待しましょう!



Sponsored Link





Sponsored Link



ブログランキングです。ポチッとクリックをお願いします!
↓   ↓   ↓

芸能人ランキング



ブログ村ランキングです。クリックでやる気MAX!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


Sponsored Link