アンソニーホプキンス主演の映画『ファーザー』はいつから公開?予告動画とストーリーを事前に確認!

2021年4月26日に第96回アカデミー賞の受賞式があり、フランシス・マクドーマンド主演の「ノマドランド」が作品賞を受賞しました。

しかし、日本では作品賞を受賞したノマドランドより、二度目のアカデミー賞主演男優賞を受賞したアンソニーホプキンスの方が話題になりましたね!

やっぱり、老いてなお健在!味のある演技が出来て、ファンも多いアンソニーホプキンスが受賞というのは、日本ではインパクトがあります♪

今回は、アンソニーホプキンスのアカデミー賞主演男優賞の受賞に触れつつ、主演を務めた映画「ファーザー」のストーリーや予告編について解説していきます!

Sponsored Link

アンソニーホプキンス、映画「ファーザー」でアカデミー賞主演男優賞を受賞

Sponsored Link


アンソニーホプキンスが主演映画「ファーザー」でアカデミー賞主演男優賞を受賞して騒然としましたね!

アカデミー賞授賞式前の下馬評では、2020年8月に亡くなったチャドウィック・ボーズマンが、映画「マ・レイニー」で主演男優賞受賞の最有力候補だって言われていました。

チャドウィック・ボーズマンと言われてイメージ出来ない人は、アベンジャーズの「ブラックパンサーの人」と言えば分かるでしょうか?

アンソニーホプキンスもオスカー候補と言われていたので、可能性は0ではなかったのですが、やはりチャドウィック・ボーズマンが注目されていましたねぇ・・

批評家って意外とアテにならないんですね(笑

アンソニーホプキンスに対するマークが弱かったおかげで、アカデミー賞授賞式で主演男優賞を受賞したのに本人のスピーチも登場も無いという、珍事が起きてしまったみたいです(笑

アンソニーホプキンス、アカデミー賞は何回目?

今回、映画「ファーザー」でアカデミー賞主演男優賞を受賞したアンソニーホプキンスですが、今回の受賞は2回目です!

一回目の受賞はアンソニーホプキンスの代表作と言えば!?と聞かれたら、10人中8~9人は応えるであろう、「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクター博士の演技です。

じゃあ他に受賞歴はあるのかと言われると、ノミネートされた作品は沢山あるけど、受賞した事は無いんですよ・・・

ちなみにアカデミー賞主演男優賞ノミネート作品は次の通りです。

公開年 作品名 役名
1968年 冬のライオン リチャード
1978年 マジック コーキー
1993年 日の名残り ジェイムズ・スティーヴンス
1995年 ニクソン リチャード・ニクソン
1997年 アミスタッド ジョン・クインシー・アダムズ
2019年 2人のローマ教皇 ベネディクト16世

こうしてみると、アンソニーホプキンス自身が高齢というのもありますが、1968年、つまり31歳の頃から映画界の第一線で活躍していたと言う事ですね。

現在83歳ですが、実力派の俳優で、年を重ねても味のある演技をしてくれるのはファンとして嬉しい人も多いんじゃないですか?

羊たちの沈黙で、アカデミー賞主演男優賞を受賞しても、続編のハンニバルで受賞どころかノミネートすらしなかった辺り、アカデミー賞って結構ストイックな賞みたいです。

余談ですが、2人のローマ教皇でアンソニーホプキンスが演じたベネディクト16世は、2005年4月19日から2013年2月28日までローマ教皇を務めた、実在の人物ですが・・・

実際のベネディクト16世のご尊顔

・・・強い(確信

これはレクター博士ですわ。

Sponsored Link




アンソニーホプキンス主演の映画「ファーザー」はいつから公開?

アンソニーホプキンスが認知症の老人を演じる映画「ファーザー」ですが、2020年12月23日にスペインで初公開になり、2021年1月8日にイギリスで、1月27日にアメリカで公開となっています。

日本での公開は、初公開から約半年遅い2021年5月14日からです。

・・・とは言っても、地域によっては多少公開開始が遅くなる事もあるので、生活圏内の映画館の情報は要チェックですよ!

ファーザーのムビチケも販売されているので、欲しい人は映画館や、チケットを販売されているサイトをチェックしてみてくださいね♪

Sponsored Link




アンソニーホプキンス主演の映画「ファーザー」の予告動画はある?

映画「ファーザー」の予告動画は、海外版の物と日本版ですが、日本版は30秒少々の物と1分少々の2種類。計3種類です。

映画「ファーザー」海外版予告動画

映画「ファーザー」日本版予告動画 ショートバージョン

映画「ファーザー」日本版予動画 ロングバージョン

日本語版のショートバージョンが、BGMのおかげでなんかヤバめな映画の予告編みたいになっちゃってますね(笑

海外版の予告編は、字幕が無いので基本何を言っているのか分からないけど、なんとなく何を言っているのかイメージ出来るあたり、アンソニーホプキンスの演技力は健在です!

Sponsored Link




アンソニーホプキンス主演の映画「ファーザー」のストーリーはどんなの?

映画「ファーザー」のストーリーは、80歳を迎えて認知症の兆候が出て来た父親アンソニーと、必死で介護をする娘アンの物語です。

アンソニーホプキンスが演じるアンソニーは、ただの物忘れから始まり、少しずつ症状が悪化していきます。

腕時計が見つからず介護士に盗まれたと騒いだ事、記憶と現実に起こる事の違いに違和感を覚え、徐々に娘であるアンの事すらまともに認識出来なくなってきたアンソニーに対して、介護に疲れたアンがどんな選択を取るのか?

というストーリーですが、映画「ファーザー」の面白いところは、第三者視点や介護する側の視点ではなく、アンソニー視点、つまり認知症患者の視点で物語が展開されていくところです。

どこまでが正しい認識なのか、どこまでが間違っている認識なのか判断が難しいままストーリーが進行していきます。

認知症と言うと、「介護をする側が苦しむ」というイメージがありますが、「認知症になってしまった側」の視点というのは結構新鮮ですよね!

思っている事、覚えている事、実際に起きている事がちぐはぐで全然繋がらなくて訳が分からなくなる視点を追えるわけですし、もしかしたらサスペンス映画よりも怖い場面とかあるかもしれませんね!

なんせショートバージョンの予告編のBGMが何だか不穏ですし。

ちなみに、映画「ファーザー」の原作はフランスの作家であるフローリアン・ゼレールの戯曲「Le Père 父」ですが、日本でも橋爪功さん主演で舞台化された事もあるので、舞台演劇が好きな人なら観た事があるかもしれません。

こちらはDVD等で映像化はされていないみたいです。残念!

Sponsored Link




まとめ

今回はアンソニーホプキンスがアカデミー賞主演男優賞を受賞し、5月14日に日本公開予定の映画「ファーザー」について解説してきました。

認知症って年を取れば誰だって起こるかもしれない症状ですし、「映画」という形で認知症を追体験できるって面白そうじゃないですか?

アカデミー賞主演男優賞を受賞したアンソニーホプキンスも、本作でかなり力の入った演技をしているのは確実ですし、「認知症を発症した側」の視点って興味をそそられますよね。

5月14日公開と言う事で、公開まで一か月を切った映画「ファーザー」ですが、予告編だけでなんとなく涙が出そうになりますが、原作を読んだ事がある方も是非映画館に足を運んで観てくださいね!



Sponsored Link







Sponsored Link



ブログランキングです。ポチッとクリックをお願いします!
↓   ↓   ↓

芸能人ランキング



ブログ村ランキングです。クリックでやる気MAX!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


Sponsored Link