オンラインサロンの詐欺の手口を解説!ペテンを暴き、被害を受けない為の具体的対策方法は?

インターネットの急速な発展により、たくさんの人がネット上で出会い、そしてネット上でノウハウを得ることが出来るようになりました。

しかし、それに伴いここ数年で大きく詐欺被害が急増しています。

それが、オンラインサロンの詐欺です。

ネットに少し詳しい方であれば、近年「オンラインサロン」という言葉を耳にしたことが有ると思います。

オンラインサロン詐欺というのは、一体どのような手口で行われているのでしょうか?

新種の詐欺とも言われる「オンライン詐欺」

本記事では、オンライン詐欺についてやオンライン詐欺の手口について解説します。

また、オンライン詐欺からあなた自身を守るための方法も解説していますので、最後までじっくりご覧ください!

Sponsored Link

オンラインサロンによる詐欺被害が急増中

Sponsored Link


オンラインサロンで日々発生している事は、オンラインサロンという性格上外部からは見えにくいといった特殊性があります。

その特殊性を悪用したオンラインサロン詐欺が急増しています。

元々オンラインサロンは、「その道」のプロフェッショナルが、ネット上で会員にだけ一般には流れてこない情報を教えるという、特別なサービスです。

近年では、仮想通貨やバイナリーオプション等、少々ギャンブルじみている投資も一般に裾野を拡げています。

また、副業ブームということも有り、これまでそういった投資には手を出してこなかった属性の人にも広がってきています。

それに伴い台頭してきたのが、お金を稼ぐタイプのオンラインサロンです。

オンラインサロンでは定期的にレクチャーを行い、投資の知識や技術的なレクチャーを行うといった内容や、バイナリーオプションや株等で売買タイミングを伝えるといった内容のものなど。

何かを先行購入出来たり、なんだか「オンラインサロン」と呼べるか怪しい物もありますが、文字通り態様は様々です。

そんなオンラインサロンで、現在何が起こっているのでしょうか?

オンラインサロン詐欺の手口は多種多様

オンラインサロンといっても、そのオンラインサロンで得られるメリットや料金の支払形態は様々です。

オンラインサロンのメリット

・サロンに参加することで特定の物品を優先して購入可能
・各種自己啓発を促進できる
・アメリカのビジネス事情などを解説
・作家等の作品を優先的に購入

これらはあくまで一例ですが、オンラインサロンに参加するということは特定のメリットを得られると言うことが目的になります。

どういった情報やメリットを提供するのか、そしてそこに参加する人の目的は様々で、目的に応じて参加するオンラインサロンを選別する事になります。

では、それらオンラインサロンにはどういった支払形態が有るのでしょうか?

オンラインサロンの支払形態の例

・今流行のサブスクリプションと呼ばれる月額料金での支払い
・利益が出たら一定の金額を還元するといった支払い

世の中にはまっとうなオンラインサロンもたくさんあるのは事実です。

たくさんあるというよりも、殆どはまっとうなオンラインサロンのはず。

 

ただ、その中にサロンとは言いつつも「サロンと言う名目の何か」が存在しており、残念ながら詐欺を働いているようです。

中でも特にオンラインサロン詐欺の被害が多いのが、お金稼ぎに絡んだオンラインサロン詐欺です。

 

Sponsored Link




オンラインサロン詐欺の手口を分析

 

これらのオンラインサロンの詐欺の手口としてメジャーなのは、株やFX、バイナリーオプション、仮想通貨等のトレードに関して「シグナルなどを配信し指示通り取引を行わせる」といったもの。

これらの手口は投資に絡んだオンラインサロンによる詐欺の代表格です。

胴元はオンラインサロン加入者が毎月支払う月額費用で稼ぎながら、為替操作ができる環境を作り上げる事ができます。

こうしたオンラインサロンでは、胴元である運営者は「その道のプロという事」になっています。

本当にその道のプロかどうか・・というところは謎!

FXのサロンであれば為替取引において会員自身は成績がマイナスでも、会員を使った為替操作に近い事をしている為、胴元は月会費とトレードで二重の利益を得られるという事です。

さらに悪質なのはバイナリーオプションのオンラインサロンです。

 

操作を指示するという点こそ同じですが、オンラインサロン参加者が支払う費用がエグい。

オンラインサロン入会者は、入会費と月会費、そして得られた利益の数%をオンラインサロンの主宰者に支払ったりしますから、主宰者だけが確実にもうかる仕組みになっています。

もちろん、オンラインサロン参加者がまぐれで取引で勝つこともあります。

近年ではオンラインサロンが様々な分野に派生した事で、「お得な〇〇を優先して購入可能!紹介すれば紹介料が入ります!」というマルチの様な物も出現しています。

この様にオンラインサロンに関わる詐欺の手口自体は、旧来の物と大きな違いは無く、マルチかねずみ講に行き着きます。

マルチとねずみ講がオンラインに舞台を移したのが、オンラインサロン詐欺の手口とも言い換えられますね

Sponsored Link




オンラインサロンと詐欺の手口自体は前からある

そんなオンラインサロンですが、問題が表面化したのが最近なだけで、実はインターネットが一般化した頃から別の形で存在しています。

2004年前後にネット上で「情報商材」が流行りました。

情報商材は簡単に言えば「〇〇な情報」、例えばお金を稼ぐ方法であったり、簡単に痩せる方法、モテる方法等のマニュアルを電子書籍化した物です。

価格は数千円から高い物で数万円まで幅広く存在します。

・・・と言うより存在していました。

 

現在ではこの情報商材はnoteという形に変わっています(一応情報商材も残ってはいます)が、noteとは別の形で派生したのが「〇〇塾」です。

〇〇塾は、いわゆるオンラインサロンと同じ態様で月額費用、もしくは高額の入塾費を払って入会。

そうすることでプロフェッショナルから、オンライン上で指導を受けられるというシステムです。

この「熟」というスタイルも高額にも関わらず利益を得られず、オンラインサロン同様お金は回収できず、借金が増えていく人が後を絶ちませんでした。

オンラインサロンと非常に似ている事が分かりますね。

オンラインサロンも塾も、上手くいけば自分達のおかげ、上手くいかなければ「言う事を聞かないから」や、「やる気が無いから」と言った精神論を持ち出して主宰者側への非難を弱めます。

厄介な事に、オンラインサロンというのは妙な取り巻き、ネット上では「信者」と呼ぶ事もありますが、そうした存在が運営を庇う為、利用者は「自分が悪いのか?」と思い追求をしなくなります。

そんな事あるか?と思うでしょうが、オンラインサロンで詐欺を働くグループは人の精神に訴えかける能力が妙に高い事が多く、騙されてしまう人が多いと言うのが実情です。

Sponsored Link




オンラインサロンの詐欺対策

オンラインサロンがどの様な物か、オンラインサロンの手口を解説してきたので、ここでオンラインサロンによる詐欺の手口に引っかからないよう、詐欺対策を考えてみましょう。

まず、一般的にオンライン詐欺への対策と言われている「評判の確認やサロンのメンバーの確認」というのは、実はあまり意味はありません。

オンラインサロンを利用した詐欺の手口の多くは、人為的に作られた嘘の人気インフルエンサーと、利用者の評判のねつ造、この二つが軸になっています。

前述の「信者」という存在も、実際にたまたま上手くいった利用者もいるでしょうが、ほとんどは内々の人間です。
(ちなみに炎上させない役割から火消と呼ぶこともあります)

特にお金に絡む案件は、日本の不景気が長く続いているため、高い需要があります。

そういった状況下の日本なので、SNS上でフォロワーが多い人がそういった「稼げる情報」を宣伝すれば、「わたしは知らないけどこんなに沢山のフォロワーがいるから大丈夫」と思って入会する人も少なくありません。

ではどうすればいいのか?

答えはシンプル!

「美味しい話は存在しない!無視が一番」です。

 

例えば、「必ず儲かる」「簡単に稼げる」、もしくはこれらに似たフレーズの情報に出くわすことは有りませんか?

冷静に考えたら、これらのフレーズはちょっと危険な香りがしますよね。

詐欺の手口!危険なフレーズ

「必ず儲かる」・・・実際は儲かっていない人もいるはず。

「簡単に稼げる」・・・簡単なら全員幸せになっているはず。

 

この言葉を信じてオンラインサロンに入会したものの、万一稼げなかった場合は「やる気が無いから」と言って利用者へ責任転嫁。

仮に必ず儲かるって言う話ではなくて、8割の人が儲かる・・だとすれば、あなたは残りの2割だから儲からなかった・・という責任転嫁が起きるでしょうね。

もし稼げたら「自分たちの案件は正しい」とさらに声高に効果を喧伝するでしょう。

つまり、どう転んでもオンラインサロン運営側は確実な利益をあげつつ、ダメージは小さく済む仕組みになっているわけです。

そもそも論になりますが、そんなに稼げている人がネットという極々閉鎖的な空間の中で、何の繫がりも無い人に簡単に稼げる情報を流す事の方が不自然だとは思えないでしょうか?

仮にみんなの幸せの為と言うのであれば無償でも良いはずです。

もちろん、本当に稼げる投資系のオンラインサロンも存在するはずです。

ですが、ひょっとするとそういうまっとうな投資系のオンラインサロンを見つけるのは、砂漠の中でガラス片を見つけるくらい難しい話ナノ化も知れませんね。

Sponsored Link




まとめ

今回は現在急増しているオンラインサロンによる詐欺とその手口を解説しつつ、対策の方法についてもお伝えしました。

要点としては、オンラインサロンによる詐欺の手口は多様化しつつも、行き着く先は古典的なねずみ講やマルチの様に、胴元が稼げる仕組みになっている事です。

また、胴元は巧妙に詐欺の手口を作り上げていて、どう転んでも運営側が得をする仕組みになっている事を頭に入れておきましょう。

先の見えない不況でお金に苦労している人が多いからこそ、目先の美味しい話に飛びつかない様に心がけましょう。



Sponsored Link





Sponsored Link



ブログランキングです。ポチッとクリックをお願いします!
↓   ↓   ↓

芸能人ランキング



ブログ村ランキングです。クリックでやる気MAX!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


Sponsored Link