刑事訴追の恐れとは?分かりやすく簡単に解説!証人喚問する意味?

森友学園に対する国有地売却問題で、ついに佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問が始まりましたね~

日本中の注目を一身に集めるスーパーイベントとなった証人喚問ですが、肝心の部分で徹底的に繰り返された「刑事訴追の恐れがありますので」発言に、ネットでは「それってどういう意味?」との疑問が続出。

そこで、証人喚問で大注目ワードとなった『刑事訴追』とは何か?を、分かりやすく簡単に解説してみようかと。

更には、佐川前国税庁長官が危惧する『刑事訴追の恐れ』や『刑事訴追の可能性があると証言拒否してもいいの?』など、謎発言の真相もリサーチ!

加えて、巷で噂される『今回の証人喚問って意味あんの?』という意見についても、少々触れてみたいと思います。

 

 

佐川宣寿前国税庁長官、「刑事訴追を受ける恐れ」と発言

 

刑事訴追の恐れとは?分かりやすく簡単に解説!証人喚問する意味?

 

森友学園問題のキーマンと囁かれている、佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問。

追及に顔をゆがめて真実を告白するかと思っていた方もおられるでしょうが、実際は文書改ざん行為に話題が及ぶと「刑事訴追の恐れがありますので」と発言し、証言を拒否。

現実問題として、佐川前国税庁長官は捜査をされている側の人間であるため、発言に注意したいとの願望を持っているのは確かでしょう。

とはいえ、これを何度も繰り返したため、巷では「これじゃ何も解明されねーよ~」なんて失望の声もある様子。

その証人喚問の必要性については後述するとして、まずは佐川前国税庁長官が口走った『刑事訴追』って何なの?って話ですよね。

Twitterのトレンドワード入りしてしまうほど、世間にインパクトを与えた『刑事訴追』の4文字。

つきましては、その意味について分かりやすく解説してまいりましょう!

 

 

『刑事訴追』とは?分かりやすく簡単に解説!

 

刑事訴追の恐れとは?分かりやすく簡単に解説!証人喚問する意味?

 

さて、刑事訴追(けいじ そつい)とは何なのか?

字面から、刑事事件と関係あるのかな?もしかして訴えられちゃうのかな?なーんて想像しちゃいますよね。

実は、それが大当たり。

『刑事訴追』を分かりやすく簡単に説明しますと、『刑事裁判で起訴される』ことなんですね。

もう少し踏み込んで説明するなら、『訴訟提起(そしょう ていき)』されること。

そもそも『起訴』って言葉は、裁判所に訴訟を提起することを指します。

つまり、「刑事追訴される」=「刑事事件で起訴(訴訟提起)されちゃう」ってこと。

そーしますと、「誰」が「誰」を起訴(訴訟提起)するの?って疑問が・・・(汗)

で、それは主に「検察官」が「法で定められた罪を犯した者(加害者)」を起訴するワケです。

そしてご存じの通り、法を犯した者にどの程度の罪を与えるかは、裁判所が判断しています。

日本は法治国家でして、法令で犯罪と定められた罪を犯した者(加害者)に対し、国家権力が刑罰を与えていくシステムが確立されております。

簡単にまとめると、刑事訴追されるとは【法を犯した者として扱われ、検察官の手によって裁判所に起訴(訴訟提起)】される・・・って意味。

更にざっくり分かりやすく表現するなら、『裁判の被告となり、罪を追及される』のが刑事訴追。

そうなると、なぜ佐川宣寿前国税庁長官が「刑事訴追の恐れがあるから答弁を差し控えたい」と繰り返していたのか、なんとなく分かってきましたね~

 

 

Sponsored Link



『刑事訴追の恐れ』とは?分かりやすく簡単に解説!

 

刑事訴追の恐れとは?分かりやすく簡単に解説!証人喚問する意味?

 

では、どうして佐川宣寿前国税庁長官は『刑事訴追の恐れがある』との理由で証言を拒否しまくったのか?

てゆーか、『刑事訴追の恐れ』とは何なのか?ってことですよ。

申し上げた通り、刑事訴追とは「起訴されて裁判の被告となり、罪を追及される」こと。

恐れとは、「リスクの懸念」「自分にとって悪いことが起こる心配」などの意味を持っています。

すなわち、佐川宣寿前国税庁長官は「証人喚問における自身の発言次第では、裁判の被告となって罪を追及されるリスクがある。だから話さない」と言っているワケ。

ムムム?意味が分かると、なにやら引っ掛かる表現ですよね~(汗)

文書改ざんの件で、もしかして刑事罰の対象となるような罪を犯しているのかな?なんて勘繰ってしまいます。

最後に分かりやすく簡単にまとめておくと、「刑事訴追の恐れがあるから話せない」とは『話しちゃうと起訴されるリスクがある』と言っているに等しいのであります。

 

 

Sponsored Link



刑事訴追の恐れがあれば、証言しなくていいの?

 

刑事訴追の恐れとは?分かりやすく簡単に解説!証人喚問する意味?

 

「刑事訴追の恐れ?なんだよ~、そんな理由で話さないなんてズルイよ~」なんて思う方もいるかもしれませんが、これはれっきとした基本的人権なんですよね。

日本では誰もが持っている権利でして、証人喚問での一部証言が今後自身の不利益につながる可能性がある・・・と、佐川前国税庁長官は判断したのでしょうね。

一部証言とは、改ざんの経緯はもちろんのこと、佐川前国税庁長官自身が関わったか否かの部分。

その部分について証言してしまうと、あとで刑事訴追されて自分が不利になるって言いたいのだろう、と(意味深)。

ちなみに、刑事事件で逮捕され、警察で調書を取られる際にも「あなたには黙秘権があり、あなたの発言は裁判上不利になる可能性がある」と警察側に宣言されます。

見ているほうにはストレスがたまるかもしれませんけど、「自分に不利なことを言わないで済ませる権利」が日本に存在することだけは覚えておくべきでしょうね。

 

 

刑事訴追で成果なし?証人喚問する意味って?

 

刑事訴追の恐れとは?分かりやすく簡単に解説!証人喚問する意味?

 

「結局、何も解明されなかった」と不評の証人喚問。

そりゃそうです。

だって、佐川宣寿前国税庁長官は告発されている真っ最中。

現在、大阪地検の捜査対象となっている人物でして、自身の証言がそのまま裁判で不利に働く可能性大。

いわゆる、「捜査中のため答えられない」という逃げ道が用意されている状態での証人喚問。

当然ながら、刑事訴追の恐れを理由に「話さない権利」を行使するであろうことは事前に予見できるワケでして、引っ張り出したところで茶番になるのはミエミエ。

これだけ展開が分かり切っている証人喚問に意味があるようには思えないのですが、野党の「私たち、こんなに働いてますよ」的なアリバイワークの側面もあって、体面上引っ張り出したような気さえする始末。

もし、意味があったとすれば、この証人喚問を見た人が不満を感じて内閣の支持率が下がることぐらいでしょうか。

ネットでは、刑事訴追を理由に逃げ回る佐川前国税庁長官に対する憤りがある反面、冷静に「野党は無駄なカードを切った」と評する意見も非常に多く見受けられます。

野党からは「つぎは安倍総理夫人、昭恵氏を証人喚問だ!」なんて声もあるようですけど、果たして詰め切れるだけの材料があるのか怪しいところ。

形はどうあれ、リプレイのような茶番を見せるのだけは避けて欲しいものです。

 

 

Sponsored Link



まとめ

主に『刑事訴追とは?』『刑事訴追の恐れとは?』について、分かりやすく簡単にお話してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

耳慣れない言葉ではありますが、意外と簡単で拍子抜けした方もおられるかもしれませんね。

 

Sponsored Link





あなたへのオススメ

オススメ!  北朝鮮戦争秒読み2017、12月最新版!開戦はいつ?可能性は?

オススメ!  森友文書書き換え問題とは?わかりやすく解説!政治家への忖度?誰?

オススメ!  財務省理財局メール内容?幹部顔画像と名前?書き換え問題の証拠?

オススメ!  高橋由美子に文春砲!不倫相手の名前、画像?略奪愛で結婚する?

オススメ!  日本会議の正体とは?メンバー有名人?籠池も?わかりやすく解説!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link