齋藤慧の画像とスケート経歴!ドーピング陽性の理由?韓国で薬物?

 

平昌オリンピックで活躍する日本代表選手に残念なニュースです。

ショートトラック・スピードスケート日本代表の齋藤慧(さいとう けい)選手がドーピング検査で陽性反応を示し、CAS(スポーツ仲裁裁判所)からの資格停止処分を受けたと発表されましたね。

オリンピックでは比較的クリーンなイメージがあった日本代表ですが、まさかの薬物問題で大会に暗い影を落とすことになってしまったようです。

しかし、今回の齋藤慧のドーピング陽性問題、ネットでは陰謀論としても騒ぎになっている様子。

つきましては、齋藤慧の経歴と顔画像、加えてドーピング陽性の理由、更には「なぜ韓国で薬物?」などの疑問まで、情報を集めてまとめました。

 

 

ショートトラック・スピードスケート代表、齋藤慧の経歴

 

齋藤慧の画像とスケート経歴!ドーピング陽性の理由?韓国で薬物?

 

ドーピング検査で陽性反応が出てしまった、ショートトラック・スピードスケート日本代表の齋藤慧とは、いったいどんな人物なのか?

まずは、その経歴からご紹介しましょう。

名前 齋藤 慧(さいとう けい)
生年月日 1996年2月20日(21歳)
競技種目ショートトラックスピードスケート
出身地 神奈川県相模原市
現住所 神奈川県相模原市
所属先 神奈川大学スケート部
学歴 光明学園相模原高校→神奈川大学人間科学部人間科学科
大会の主な成績 平成25、26年世界ジュニア選手権大会 3000mリレー 第3位、第28回ユニバーシアード日本代表選考会 500m 1位・1500m 1位で総合優勝

経歴を見てみると、国内のショートトラック競技では間違いなく学生No.1の逸材ですね。

しかし、国際大会では個人メダルに手が届くまでには至らず、リレー競技での3位入賞がある・・・と、いったところ。

今回の平昌オリンピックでは、13日に行われる男子5000mリレーの控え選手として代表入りしていた齋藤慧。

現地の選手たちに、動揺が広がってなければ良いのですが・・・

 

 

ショートトラック・スピードスケート代表、齋藤慧の画像

 

齋藤慧の画像とスケート経歴!ドーピング陽性の理由?韓国で薬物?

 

そうなりますと、知りたいのは齋藤慧のお顔。

てなワケで、ココで齋藤慧の顔画像をご紹介しておきましょう。

それがこちら。

 

齋藤慧の画像とスケート経歴!ドーピング陽性の理由?韓国で薬物?

 

齋藤慧の画像とスケート経歴!ドーピング陽性の理由?韓国で薬物?

 

齋藤慧の画像とスケート経歴!ドーピング陽性の理由?韓国で薬物?

 

メガネ→ノーメガネ→メガネの順番で画像を並べてみましたが、いかがでしょうか。

肝心の画像を見ますと、若干のあどけなさを残すイケメンで、イマドキの大学生ってトコでしょうか。

メガネをかけると、ちょっと印象が変わりますね。

画像の印象だけでいうと、不正に手を染める人間には見えません。

マジメそうな感じもしますし、それだけに今回の陽性反応が残念でなりません。

 

 

Sponsored Link



齋藤慧がドーピング陽性!

 

齋藤慧の画像とスケート経歴!ドーピング陽性の理由?韓国で薬物?

 

補欠とはいえ、国民の代表として日の丸をつけてオリンピックに参上した、ショートトラック・スピードスケート代表の齋藤慧。

そんな彼に、抜き打ちのドーピング検査が行われたのは2月7日。

そこで『アセタゾラミド』という利尿作用のある禁止薬物に陽性反応が出たため、追って再検査をしたところ、再度陽性反応が出てクロ確定(汗)。

現在、齋藤慧は選手村を出ており、ドーピングによる事実上の追放となった・・・との経緯。

ちなみに、『アセタゾラミド』とは別名アセタゾールアミドとも呼ばれる薬物でして、利尿剤だけでなく眼内圧降下剤として使われる場合もあり、小児てんかんや緑内障の治療で用いられる事例もあるとのこと。

なぜ、この『アセタゾラミド』が禁止薬物に指定されているかといえば、他の禁止薬物の“不正隠し”に利用されるケースが多いからなんですね。

アセタゾラミドを使うことによって薬物が体内から尿として出やすくなりますので、他の禁止薬物を使った痕跡を消すことが可能なのです。

 

 

Sponsored Link



齋藤慧がドーピング検査で陽性!その理由とは?

 

齋藤慧の画像とスケート経歴!ドーピング陽性の理由?韓国で薬物?

 

では、齋藤慧がドーピング検査で陽性となった理由とは何なのか?

齋藤慧本人の主張では、【韓国に到着した4日からリンクへ向かう】→【リンクのアスリートラウンジで軽食をとる】→【選手村で水を飲んで就寝しようとしたら抜き打ち検査】→【結果、ドーピング陽性】という流れだそう。

選手村の外には出てないようで、すべては選手村内で完結した事件ってことになりますよね。

あくまで一般論ですが、最もありふれたドーピング理由は、前述の通り「他の禁止薬物を隠すため」だったりします。

特にアスリートなら使いたくなるであろう、筋肉増強剤(もちろん禁止薬物)の使用痕跡を消すために、利尿効果のあるアセタゾラミドを服用した・・・とかね。

これをやりますと、ドーピング検査で筋肉増強剤の痕跡は出ませんが、代わりにアセタゾラミドの使用痕跡は出る可能性高し。

同じ禁止薬物でも、アセタゾラミドの処分は筋肉増強剤系の処分より軽いため、万が一バレても選手生命までは奪われない・・・なんてソロバンを弾く輩もいるようです。

無論、齋藤慧にその狙いがあったかどうかはわかりませんが、アスリートが利尿剤系薬物を使う理由のほとんどソレなので、どのみち疑われて当然の立場になってしまいますよね。

ただ、このドーピング疑惑で少々引っ掛かることが2点あるんですよね~

  • 1月29日にJADA(日本アンチ・ドーピング機構)の検査を受けた際は陰性という点
  • アセタゾラミドは、日本国内だと処方箋がないと購入できない薬である点

この2つを根拠に、ネットではさまざなな推理が繰り広げられているようでして・・・(汗)

 

 

齋藤慧、韓国で薬物を盛られた?

 

齋藤慧の画像とスケート経歴!ドーピング陽性の理由?韓国で薬物?

 

そこでネットを賑わせているのが、「齋藤慧、韓国で薬物を盛られたってよ」説。

【29日の検査で陰性】→【韓国入り】→【選手村で食事】→【7日にドーピング検査】との流れや、アセタゾラミドが日本国内で処方箋が必要な薬物である点から、「こりゃ韓国に盛られたんじゃね?」的な声が多数出ているのであります。

個人的な見解を言うのであれば、出国直前にJADAによるドーピング検査があるのは事前に分かっていること。

なので、その前にわざわざ禁止薬物を服用するアスリートなんていないでしょう。

筋肉増強剤と利尿剤を服用するチャンスは、どっちにしろ韓国入りした後しかありません。

処方箋が必要とはいえ、手に入れること自体は不可能じゃないアセタゾラミド。

何らかの手段で手に入れ、更には隠し持って出国し、ショートトラック競技本番数日前に服用した・・・なんてのもありがちなシナリオでは。

同時に、偶発的か否かは別として、韓国内で口に入ってしまった説も可能性は十分。

とはいえ、薬を盛るなら齋藤慧のような控え選手でなく、レギュラー選手に盛ると思いません?

そもそも、各メディアや日本スケート連盟が事前に発表している情報からも、齋藤慧が単なる補欠であることは簡単に調べることができますモンね。

韓国サイドの人間が何らかの理由で薬物を盛る必要があったとしても、齋藤慧をターゲットにする合理的な理由は存在しません。

「だったら、補欠の齋藤慧がわざわざ筋肉増強剤を利用する必要はないじゃん」という意見もあると思われます。

しかし、筋肉増強剤は継続使用で効果が出る薬物なので、以前から服用している使用者なら、どこかのタイミングで飲んでおく必要があるんですよね。

すなわち、以前から使用しているなら、自身の立場とは関係なく服用必須だったりするのであります。

と、なると・・・?

もちろん、継続服用云々は一般論ですので、齋藤慧が確信犯か否かとは全く別の話。

齋藤慧自身は「このような結果が出たことについて大変驚いている。ドーピングを行おうと考えたことは、一度もありません」とのコメントを発表しているようですし、チームの監督である川崎氏からは「以前からドーピングに対して意識の高い選手だった」との話も。

それだけに、故意ではない・・・と、思えるような立証材料が早く出てきて、我々を安心させて欲しいものです。

 

 

Sponsored Link



まとめ

 

先日、カヌー選手がライバル選手に薬物を盛るという事件があっただけに、さまざまな可能性が考えられる齋藤慧の陽性反応。

ドーピングをチェックする環境づくりについても、改めて考えさせられる事件ではないでしょうか。

 

Sponsored Link





あなたへのオススメ

オススメ!  USJ、70億円で夜パレード導入の理由!どんな内容?時間と場所は?
オススメ!  斉藤優里のかわいい画像!美脚でカップがすごい!水着画像はある?
オススメ!  宇野昌磨は2017年に身長が伸びた?低身長は病気?体重は?可愛い画像!
オススメ!  和田竜人はコンビニバイト店員北澤ひさし?卒アルと親の顔画像?
オススメ!  多部未華子のかわいいカップと美脚画像!水着ビキニ写真はあるの?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link