コインチェックのマルチシグは?仮想通貨取引のセキュリティ向上方法

 

今何かと話題になっている仮想通貨の販売所・取引所のコインチェック。

最近芸能人の出川哲朗が双子になったCMで多くの人の目に止まったコインチェックでしたが、数日前とんでもないことがおきました。

それはコインチェックへの「不正アクセス」。

これまでも仮想通貨の販売所・取引所で不正アクセスが起きたことがありました。

が、やっぱりコインチェックは仮想通貨の販売所・取引所の中でも有名ということもあって、セキュリティが万全だと思っていた方が多いと思います。

にもかかわらず今回仮想通貨の情勢を動かすほどの大事件が。

この騒動後、コインチェックで取引できるのはビットコインのみ。

それ以外のサービス、アルトコインの売買、入金出金ができない状況となっています。

コインチェックは回復の見通しはまだ立っていないと発表しているため、本当に回復するのかすら分からない状況となっています。

にしてもです。

コインチェックがしっかりセキュリティしていればこんな騒動にはならなかったはずです。

そこでよく名前が出るのが「マルチシグコントラクト」。

仮想通貨で取引をしている人も知らない方が多いのではないでしょうか??

ということで今回はそんな仮想通貨のマルチシグコントラクトを大きくピックアップ!

そもそも仮想通貨のマルチシグコントラクトとはなんなのか、コインチェックのマルチシグコントラクトはどうなっていたのか、これからセキュリティは万全になるのか…….など仮想通貨におけるセキュリティーについて記載していきたいと思います!!

 

 

仮想通貨におけるマルチシグコントラクトとは!

 

コインチェックのマルチシグは?仮想通貨取引のセキュリティ向上方法

 

仮想通貨におけるマルチシグコントラクト通称マルチシグとは何なのでしょうか??

簡単に説明してしまえば「セキュリティを強くする施錠」だと思っていただければ理解が早いと思います!!

マルチシグコントラクトを日本語に訳すと「複数の署名契約」となります。

つまり複数の署名契約をしないと開けられない施錠。

それがマリチシグコントラクトなんです!

 

まだわからないという方のもっとわかりやすくご説明します!

あなたの手元にスマートフォンがあります。

それを解除するには幾つのパスワードが必要ですか?

おそらく一つでロック解除ができることと思います。

その場合、知人があなたのロック番号を知っていた場合、瞬時にあなたのスマートフォンをいじることが可能になります。

そこで、もしあなたのスマートフォンのパスワードを二重に、つまり複数のパスワードを入力しないといけない状態にした場合、たちまちあなたのスマートフォンを触れる人間は少なくなる……

というよりもあなたのスマートフォンはあなた自身でしか開けられないといいっても過言ではなくなりますよね。

今回のコインチェックのNEM流出騒動はこれをしていなかったのです。

マルチシグコントラクトでコインチェックの内部にアクセスするには複数のパスワードを用意していなかったのです。

頭の良いハッカーならばそんなセキュリティのあまい仮想通貨サイト、簡単に不正アクセスできてしまいます。

つまり今回その騒動が起きたきっかけはこの「マルチシグコントラクト」を準備していなかったからだと言われているんです。

確かにこの線が一番怪しいと思います。

怖い話私たちが利用しているスマートフォンは一つのパスワードで守られています。

これとほぼ同じ状況下に仮想通貨取引所・販売所のコインチェックがあったなんて……信じられないですね!!!

 

 

コインチェックのマルチシグはどうなっていた?

 

コインチェックのマルチシグは?仮想通貨取引のセキュリティ向上方法

 

さらに詳しくコインチェックのマルチシグコントラクトがどうなっていたのかを記載していきたいと思います。

2018年の1月27日のコインチェックが緊急会見を開きました。

その際にマルチシグについて問われていたのですが「優先順位が低かった」と発言していました。

そのため、あの騒動があった時にはこのマルチシグコントラクトを使用していなかったということになります。

ただコインチェックもマルチシグコントラクトを使用する予定はあったとのことで、全く知らないものではなかったよう。

なおさら仮想通貨取引所・販売所を運営する側としてとても身勝手なセキュリティ対策をしていたのだと感じます。

ちなみにコインチェックはマルチシグコントラクトは利用していなかったものの「2段階認証」と言った定期的に変わるパスワードによるログインを設定していました。

これは私たちが決めるパスワードの他にGoogle Authenticatorにて表示される6つのパスワードを入力しないとログインできないというものです。

たしかに私も利用していましたが、これがあれば安心なのかなと思っていました。

今回騒動が起きたということはそこまで安全性は高いものではなかったみたいで……

これからのコインチェックのセキュリティ対策はどうなるのでしょう。

 

 

Sponsored Link



仮想通貨取引におけるセキュリティ向上方法は?

 

コインチェックのマルチシグは?仮想通貨取引のセキュリティ向上方法

 

仮想通貨取引におけるセキュリティ向上方法は、やはりマルチシグコントラクトを使用することでしょう。

現在日本で多くの利用者がいる仮想通貨販売所・取引所のbitFlyer、Zaifと言ったところはマルチシグを利用しています。

また最近来ているGMOコインでもマルチシグが導入され、仮想通貨取引には必ず必要なセキュリティ対策といっても過言でなさそう。

結構前の話ですが、マウントゴックス事件というものがありました。

これも今回のコインチェックの騒動と同じようにマウントゴックスという交換所からビットコインが大量に盗まれたのです。

その時やっぱり指摘されたのがセキュリティの問題。

問いただしていくと今回と同じく「マルチシグコントラクト」を使用していなかったのです!!

いやはや……コインチェックはこの事件のことを覚えていなかったのでしょうか。

今でも仮想通貨が消えた、消失したと仮想通貨の歴史に残っている大事件の原因となったセキュリティ対策……マルチシグを使わないという選択肢はなかったはず。

これからコインチェックのみならず、さまざまな仮想通貨取引所でセキュリティ強化が行われるでしょうが、まずはマルチシグコントラクトの導入からすることがベストのよう。

コインチェック、ぜひマルチシグコントラクトを導入して持ち直してください!!

 

 

Sponsored Link



まとめ

 

仮想通貨のマルチシグについて記載しましたがいかがでしたでしょうか??

いろいろ見ていくとコインチェックがなぜ最初にセキュリティ対策としてマルチシグを導入しなかったのか……疑問に思うばかりです。

ただマルチシグを導入することによって大きくセキュリティ性は向上するので、早急導入を試みて欲しいですね!!

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

オススメ!  ホワイトハッカーとは?ハッカーになるにはどの大学で何を勉強する?

オススメ!  貴乃花親方が理事降格の理由?業務停止処分?協会追放で廃業も?

オススメ!  安室奈美恵が引退宣言した理由!25周年、息子も沖縄ライブも節目

オススメ!  フラッシュに斉藤由貴と不倫疑惑医師の流出キス写真画像!離婚は?

オススメ!  マルチシグコントラクトとは?わかりやすく解説!仮想通貨に必要?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link