西郷どんの主役キャストを断る堤真一!斉藤由貴や市原悦子も降板!

 

2018年の大河ドラマ「西郷どん」。

戦国時代と並んで人気のある幕末から明治維新への話だけに、放送前から期待が高まっています。

ただ、堤真一、斉藤由貴、市原悦子らが相次いで出演辞退・降板する等、キャスティングの面では予定通りにいかないことばかりなようです。

一部では「西郷どん」は何かに呪われているようだという声も上がっていますね。

 

 

西郷どん、主役キャスト断る堤真一!

 

西郷どんの主役キャストを断る堤真一!斉藤由貴や市原悦子も降板!

 

大河ドラマの主演といえば、役者なら一度はやってみたい仕事だと思います。

この主演を務めてこそ一流として認められるといったような風潮すらあります。

そんな大変名誉あるオファーを俳優の堤真一が断っていたことが明らかになりました。

思えば、これがキャスティング面での苦難の始まりだったのかもしれません。。。

 

堤真一の所属事務所であるシス・カンパニーによると、「NHKのプロデューサーからオファーは受けましたけれど、お受けしておらず、お断りしました」とのこと。

NHKとしてはまさか断られるとは思っていなかったでしょうから、慌てたでしょうね。

その結果、若手俳優の鈴木亮平が抜擢された訳ですが、正直なところ堤真一と比べると俳優としての格はかなり下がる訳で、いかにNHKが慌てたかがよく分かります。

 

ちなみに、東京・上野にある西郷隆盛の像は想像で作られているそうです。

そればかりか、西郷隆盛の容姿に関しては正確な記述や写真が残っておらず、現在の西郷隆盛のイメージはすべて作られたものなんです。

鈴木亮平が西郷隆盛役と聞いて「イメージが合わない」と思った人もいるかもしれませんが、実は本当の西郷隆盛なんて誰も知らなかったんですね^^;

 

 

堤真一が大河ドラマ、西郷どんの主役を断った理由!

 

西郷どんの主役キャストを断る堤真一!斉藤由貴や市原悦子も降板!

 

さて、話を堤真一に戻しましょう。

大変な名誉であるはずの大河ドラマの主演のオファー。

いったいなぜそんなオファーを断ったのでしょうか?

それは、堤真一に第2子(女の子)が誕生していたことが理由のようです。

西郷隆盛は鹿児島の出身だけに、ドラマのロケも九州が多くなるそうです。

となると、子供が産まれたばかりの堤真一にとっては寂しい限りで、オファーを受ける気にはなれなかったのではないかと言われています。

さらに、「西郷どん」では、脚本家の中園ミホが「BLの要素を加える」と発表していることも影響したのかもしれません。

BL、つまりゲイということで、普段はひょうきんな性格で知られる堤真一も、少々抵抗があったのかもしれませんね。

そもそも、大河ドラマにBLの要素が本当に必要なのか?という疑問はありますよね。

たしかに、江戸時代には殿様や富裕層の間で同性愛が流行っていました。

そのことは世間一般ではあまり知られておらず、国営放送の時代劇として事実をちゃんと伝えるのは大事だと思います。

ただ、西郷隆盛が生きた時代は、様々な思想が絡み合い、日本の歴史上、もっとも時代が動いた時だといっても過言ではありません。

そんな時代劇を作るのに、どうしてBLを描く尺が必要なのか、個人的には理解に苦しみます。

もしかすると堤真一はBLそのものよりも、脚本の構想に違和感をもって辞退したのかもしれませんね。

 

 

Sponsored Link



斉藤由貴、市原悦子も西郷どんのキャストを断る?

 

西郷どんの主役キャストを断る堤真一!斉藤由貴や市原悦子も降板!

 

堤真一を主演にという目論見が崩れた「西郷どん」ですが、連鎖するように予定されていたキャストが降板していきました。

まずは、篤姫の女中頭・幾島にキャスティングされていた斉藤由貴。

ご存知の通り、医師との不倫スキャンダルが発覚し、「西郷どん」を含めたすべての仕事がキャンセルとなっています。

このあたりから「西郷どん」のキャスティングは難航するなぁ、という噂が立ち始めたのですが・・・

 

西郷どんの主役キャストを断る堤真一!斉藤由貴や市原悦子も降板!

 

その矢先に、ナレーターにキャスティングされていた市原悦子が自己免疫性脊髄炎からの回復が遅れていることを理由に降板を申し入れました。

大河ドラマファンの方は分かると思いますが、短期間でここまで降板が続くことも非常に珍しいですよね。

結局、西田敏行が市原悦子の後任を務めることになったのですが、ナレーターといえば主演並みにセリフが多い訳で、市原悦子をキャスティングしていたのには意味があったはずです。

それを西田敏行に変更した時点で、多少なりとも脚本や演出が変わっているかもしれませんね。

 

 

Sponsored Link



何かと騒がしい西郷どんのキャスティング。渡辺謙も?

 

西郷どんの主役キャストを断る堤真一!斉藤由貴や市原悦子も降板!

 

「西郷どん」では実はもう一人、大物俳優が降板の危機にありました。

それが渡辺謙です。

渡辺謙は薩摩藩主・島津斉彬役にキャスティングされていたのですが、不倫が発覚しました。

NHKサイドとしては渡辺謙のキャスティングをもっと早く発表したかったようですが、この不倫騒動により、発表がかなり遅れました。

おそらく、騒ぎがおさまるのを待っていたのでしょう。

不倫という点では斉藤由貴と同罪な訳ですが、渡辺謙はあえて無言を貫き、謝罪会見を行ったのはほとんど騒ぎがおさまってからでした。

しかも、あっさりと不倫をみとめ、謝罪していました。

その結果、渡辺謙の謝罪会見は1~2日ほど報じられただけで、その後はあっという間に終息しました。

バレバレの嘘でごまかそうとした斉藤由貴とは対処の仕方がまったく違ったということですね。

それがその後の展開を大きく左右したように思います。

 

 

Sponsored Link



まとめ

 

予定されていたキャストが次々に降板した2018年の大河ドラマ「西郷どん」。

演出を担当するディレクターが酒に酔って、タクシー運転手に暴行を働き、大けがを負わせる事件まで起きてしまい、まさに踏んだり蹴ったりです。

本編とは関係ないところで話題となってしまっていますが、ぜひ良い作品にして、本編で盛り上げてほしいですね。

 

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

オススメ!  高畑充希のブルゾンちえみCM動画が可愛い!インスタ画像も!

オススメ!  ひるなかの流星でロングヘアの永野芽郁!読み方と身長、画像!

オススメ!  チアダン中条あやみが細い!かわいい小顔のチア画像と動画!

オススメ!  可愛い永野芽郁が「半分、青い。」朝ドラヒロイン抜擢は出来レース?

オススメ!  黒革の手帖の武井咲 2017年彼氏はTAKAHIRO?既に破局?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link