【陸王 10話ネタバレ】あらすじ&感想

 

御園(松岡修造)は、こはぜ屋の買収の話がなくなったことを小原(ピエール瀧)に報告する。

こはぜ屋を買収できていたとしても、アトランティスに協力することは考えていなかったと御園は小原に告げた。

 

 

【陸王 10話ネタバレ】あらすじ

 

【陸王 10話ネタバレ】あらすじ&感想

 

シルクレイの売り込み先を探していたこはぜ屋のメンバーだったが、アトランティスの根回しによってこはぜ屋の業績が悪いことが知れ渡ってしまい、なかなか思うようにいかない。

 

村野(市川右團次)と大地(山崎賢人)は城戸(音尾琢真)の元を訪ねる。

茂木(竹内涼真)に陸王を渡したいとお願いするが、今茂木を惑わせるようなことはしたくないと城戸に断られる。

 

大地は前々から行きたいと願っていたメトロ電業の選考を突破するが、こはぜ屋を裏切れない気持ちで悩んでいた。

選考書類がゴミ箱に捨てられていたと茜(上白石萌音)から相談を受けた飯山(寺尾聰)が大地の背中を押し、大地は悩む。

 

そんな中、御園から絋一(役所広司)に電話がかかってくる。

「先日の件、私に一つアイディアがあります」

御園はシルクレイ製造機に3億の融資をし、業務提携をしないかと提案してくる。

その条件は5年間のうちに3億を返済するというものだった。

最初の3年間はフェリックスから発注を行うという確約で、その3年間でシルクレイを使用した経営基盤を固めてもらいたい、というものだった。

紘一は「ビジネスにはリスクがつきものだ」という御園の言葉を聞き、挑戦してみたいと融資に前向きになる。

こはぜ屋一同、5年間での返済を目標に頑張っていこうと決意を固めた。

 

フェリックスの融資によってシルクレイが作れるようになったとしても5年後に会社がどうなっているか分からないため、最後まで責任を持ってサポートできないのなら茂木へ陸王を渡すことは諦める、と紘一は話す。

その強い気持ちをこっそり聞いていた村野は誰にも言わず、茂木に陸王を渡しに行く。

村野はこはぜ屋が融資を受けること、しかし茂木を巻き込みたくないと思っていること、を全て伝える。

履いてもらうためではなく、応援のために渡すのだと村野が話すと、茂木は「今の俺には陸王が履けないけど、ありがとうございます」と受け取り、胸の前で陸王を抱きしめる。

そのやり取りを城戸が聞いていた。

 

豊橋国際マラソンの日、大地はメトロ電業の最終面接だった。

大地は最終面接に陸王を持って行き、陸王開発の想いについて熱く語る。

面接官に「念のため聞くけど、君はこの仕事を続けたいんじゃないのかい?」と聞かれ、大地は言葉に詰まる。

 

こはぜ屋のメンバーは皆で茂木のフルマラソンの応援に駆けつける。

紘一は村野とともにレース前の茂木に会いに行く。

「茂木さんがいたから陸王に挑戦することができました。ありがとう」と紘一はお礼を言い、シューズは無理でもお守り代わりに、と手編みの靴紐をプレゼントする。

その後、現れた小原に茂木は「申し訳ありません。俺はRIIを履けません。俺はこの陸王を履きます」と頭をさげる。

茂木は、自分の調子が悪い時には放って、良くなると急に擦り寄ってくるアトランティスを信用できないでいた。

「今のこはぜ屋さんは2年前の俺なんです。俺は自分が信じた物を、信じた人たちを、ずっと信じていたいんです。技術の差は僅かでも、込められた想いは雲泥の差なんですよ。こはぜ屋さんは俺と一緒に走ってくれるんです。俺はこれからもこはぜ屋さんと一緒に走りたいんです」

 

茂木は、レースに陸王を履いて登場する。

こはぜ屋のメンバーの前で一度立ち止まって深く頭を下げ、茂木はスタート位置へ向かう。

 

モニターで見ていた佐山(小藪千豊)が茂木の元へ行こうとするのを城戸が阻止する。

契約違反だ!と怒る狭山に、あいつらは損得勘定を抜きに命削って走ってるんだからその邪魔をするな!と城戸が一蹴する。

 

25km地点。

先頭集団に茂木も毛塚(佐野岳)もいたが、そこで毛塚が日本人1位に躍り出る。

30km地点。

1位との差を詰めたい毛塚は給水ポイントで給水を諦める。

一方で茂木は給水を取り、上り坂で3位まで順位をあげる。

35km地点。

給水ポイントで毛塚はボトルを落とし、給水のタイミングを逃す。

それを見ていた茂木は自分のボトルを持ちながら走り、追いついた毛塚に差し出す。

 

紘一は、以前茂木が転んだ場所へ来ていた。

「全部ここから始まったからね」と大地と同じ場所で会う。

茂木の目の前で、1位の選手が足を痛めて転んでしまう。

2年前の自分を思い出し、ペースが乱れる茂木だったが、紘一と大地の声援に頷き、また元の走りに戻る。

ゴール直前、茂木は毛塚を抜かし、日本人としてもレースとしても1位になる。

 

優勝インタビューで茂木は陸王を掲げ「この陸王に支えられました」と、走るのが好きだということを陸王は思い出させてくれた、と話す。

 

数日後、陸王の問い合わせが殺到し、こはぜ屋は活気を取り戻す。

大地は紘一に話があると伝え、メトロ電業に受かったことを告げる。

しかし大地は「断ろうと思う。こはぜ屋で働かせて欲しい」と紘一に頭をさげる。

紘一はありがとうと言いながらも、大地にはメトロ電業に行ってこいと声をかける。

大地は今までお世話になりました、と頭を深く下げる。

 

1年後、アトランティスでは多くの選手がサポート契約を辞めていた。

小原は別の会社に行ってもらおうと思っていると上から言われる。

佐山にあたる小原だったが、佐山は1からシューフィッターとして勉強し直すと言い残して小原の元を去る。

 

こはぜ屋は第2工場を作り、社員の人数も増えていた。

スポーツショップでもこはぜ屋の陸王が販売されるようになる。

 

平瀬(和田正人)はコーチとしてダイワ食品の陸上部で働き、そのダイワ食品陸上部をフェリックスがサポートする。

 

茂木は今でもこはぜ屋の陸王を履いて走り続けていた。

 

 

【陸王 10話ネタバレ】感想

 

【陸王 10話ネタバレ】あらすじ&感想

 

大地が報われて本当に良かったー!っていう最終回でした。

良かったよ、大地、本当におめでとう!

こはぜ屋での経験から成長した大地だったからこそ、ずっと入りたかったメトロ電業から内定が貰えたんでしょうね。

後半の紘一との父・息子の関係性がとっても良かったなあと思います。

 

そしてすべて問題が解決してスッキリとした最終回でした。

正直、問題残りすぎでしょう、って先週までは思っていたんですけどね。笑

シルクレイ製造機の問題、大地の就職、フェリックスからの買収計画、打倒アトランティス、茂木のシューズ作り、陸王の完成、こはぜ屋の経営破綻…書き出してみると問題だらけです。

でもだからこそ、この終わり方が最高にスカッとしましたね!

 

 

Sponsored Link



【陸王 10話ネタバレ】まとめ

 

【陸王 10話ネタバレ】あらすじ&感想

 

池井戸潤の原作ドラマはパターンが決まっているなあと分かってはいるものの、やはり面白いですね。

日本人に合うドラマ、という感じがします。

真っ直ぐな人が壁に当たっている姿を見ると、大体の人が応援したくなるものなんでしょうね。

 

それにしたって気になるのが、陸王(シューズ)のプレゼントです。

ドラマ終了後にプレゼント応募の案内がありましたが、実際の陸王が貰えるようで。

観ていた人なら絶対に履きたいですよね?!

ぜひ、要チェックです!

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

オススメ!  【ハロー張りネズミ  7話ネタバレ】あらすじ&感想 八百屋店員と5股のOL…ネギが結ぶ下赤塚ロマンス♡
オススメ!  【ウチの夫は仕事ができない  8話ネタバレ】あらすじ&感想 ウチの夫は仕事ができる人になった…なってしまった!
オススメ!  【民衆の敵 8話ネタバレ】あらすじ&感想 智子VS犬埼、この2人に和解の道はあるのか?公平と和美の不倫報道に智子の心は…?
オススメ!  ごめん愛してるの吉岡里帆!彼氏が途切れない!最初は15歳を公表!
オススメ!  高畑充希のブルゾンちえみCM動画が可愛い!インスタ画像も!

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link