【刑事ゆがみ 10話ネタバレ】あらすじ&感想

 

7年前に起きたロイコ事件。

作者・横島不二実(オダギリジョー)が自演し、焼身自殺したとされていたが、薮田恒男(渡辺哲)が殺害された今回の事件の犯人もまた、横島である可能性が高かった。

そしてそれに関与しているのが弓神(浅野忠信)だった。

 

 

【刑事ゆがみ 10話ネタバレ】あらすじ

 

【刑事ゆがみ 10話ネタバレ】あらすじ&感想

 

横島は「昔のことが知りたい」と言うヒズミ(山本美月)に、ロイコ事件の真犯人は弓神であり、それを横島になすりつけたのだと話した。

ヒズミはパニックを起こし、そのまま入院してしまう。

 

羽生(神木隆之介)がヒズミの入院している病室に行くと、筆談ボードに「元気になりました」と言う文字と共にロイコのカタツムリマークが描かれていた。

 

弓神はいつもの漫画喫茶でロイコの部屋のHPを見る。

そこには新着のチャットで《空飛ぶサンタを見たい人募集。豪傑で強靭な男性優遇》と載っていた。

横島の未完の小説『聖なる夜空にサンタが舞う』に「豪傑で強靭な男たちがやってきて、その刑事を襲った」という描写があった。

そこへ羽生が現れ、逃げる弓神に手錠をかける。

弓神は羽生に「俺かお前のどちらかが狙われてんだよ」と伝え、羽生にだけは連絡をすると約束する。

同時に、羽生には弓神と接触したことを誰にも言うなと伝える。

 

羽生は菅能(稲森いずみ)と共に当時の横島の担当の元を訪れる。

そこで、ヒズミの父である河合武(渋川清彦)は、横島のゴーストライターをしていた事実が判明する。

 

管能たちは、弓神を追っていた。

そこで、弓神の犯した罪が明日で7年経過することに気がつく。

7年経過してしまえば、それは時効となる。

 

羽生は弓神のいる漫画喫茶に向かおうとするが、店の前でサンタクロースの格好をした男たちに襲われる。

同時刻、羽生に電話をかけていた弓神は、ロイコの部屋のチャットに「サブキャラ一人確保」とアップされるのを見る。

弓神は急いで管能に羽生が危険だと電話をかける。

 

羽生が目を覚ますとサンタ姿のままヒズミの横で縛られていた。

目の前で横島が「小説ではクリスマスイブにサンタが空を飛ぶことになってんだよ」と呟く。

羽生は「ゴーストライターの武さんの才能に嫉妬して、奥さんの伊代(酒井美紀)さんを強姦したんだろ!」と横島に言う。

横島は「ロイコ事件っていうのは全て弓神が考えたものだ」と答えた。

 

弓神はサンタたちに捕まる直前に携帯で管能に電話を繋げていた。

車に乗せられながら弓神は外の聞こえてくる音を喋り続け、なんとか場所を伝える。

しかし、途中でそれもバレてしまう。

 

とうとう弓神も横島の元に到着する。

小説のシナリオ通りの殺人を実行した狂ったカルト小説家として生きるのか、それともゴーストライターがいなきゃ何も生み出せない小説家として生きるのか、どっちがいい?と昔、弓神は横島に尋ねていた。

横島は、弓神にも、羽生とヒズミのどちらを空に飛ばすのか2択を迫る。

 

なかなか答えを出さない弓神に苛立つ横島。

そんな横島に弓神は小さな声で「ヒズミはお前の娘だ。母親の伊代さんに聞いたんだ」と告げる。

しかし、それを聞いた横島はヒズミを飛ばしてしまおうと行動に移す。

が、間一髪のところで助け出す羽生と弓神。

そこへ警察が集まってくる。

 

横島はラブホテルを拠点としており、向かいのホテルから様子を伺う羽生と弓神。

 

現場に着いた管能たちだったが、そこにはもう横島も羽生も弓神もいなかった。

保護されていたヒズミは管能の腕を掴む。

震える手でパソコンのキーボードを打ちながらヒズミは7年前の事実を書き出していく。

 

夫から暴力を受けていると弓神は伊代から相談を受けていた。

ヒズミの出生を疑った武は「俺は仕事も生活もあいつのゴーストかよ」と叫ぶ。

ヒズミが横島の子供だと考えた武は、伊代に暴力を振るうようになる。

学校から帰ってきたヒズミは、伊代が武に殺されそうになっているのを見て、交番勤務で暴力を受けていると相談をしていた弓神に『ママが殺されそう』とメールを送った。

そして目の前で伊代が殺害される。

「次はお前の番だ」とヒズミに呟く武。

 

弓神が部屋にたどり着くと、そこには伊代と武が倒れて亡くなっていた。

部屋の隅で空を見つめるヒズミの手には血のついたバットが握られていた。

ヒズミはショックからその時の記憶をなくしてしまう。

 

管能から羽生に電話が入る。

ヒズミが「私がパパを殺した。殺人犯は私だ」と自供した、という報告だった。

羽生はそれを弓神に伝える。

同時に、当時12歳であったことから罪に問われないことも話すと、弓神の後ろ姿からは鼻を啜る音が漏れた。

 

弓神は、羽生に俺を逮捕しろと両手を出す。

弓神の腕時計は残り10分で日付を越してしまうところだった。

躊躇する羽生だったが、弓神が促す。

やっとの決心で逮捕の言葉を口にし、手錠をかけようとする羽生に「おい、時間も言え」と言う弓神。

「午前0時3分…」と口にする羽生。

ホテルの時計は日付を超えており、弓神の腕時計は壊れたものだった。

怒る羽生に、弓神はいつものおどけた調子で「横島捕まえてくる!」と言い部屋を出て行く。

 

羽生が、弓神が眺めていた双眼鏡を手に取ると、向かいのホテルの一室の窓からロイコの旗が垂れ下げられているのが見えた。

 

数日後、羽生たちうきよ警察署はいつも通り業務に励んでいた。

しかし、そこに弓神の姿はない。

 

犯人の追跡を行う羽生たちは様々な方向に散って身を隠す。

羽生と同じ場所に身を潜めていたのは、懲りずに警察官を続けていた弓神だった。

 

 

【刑事ゆがみ 10話ネタバレ】感想

 

【刑事ゆがみ 10話ネタバレ】あらすじ&感想

 

毎週の楽しみだった、刑事ゆがみがとうとう最終回を迎えてしまいました。

ずっと謎だった弓神とヒズミの関係も解決し、スッキリしましたね。

これからもう羽生と弓神のやりとりが見られなくなるのかと思うと寂しいです。

 

そして横島役だったオダギリジョーは見事でしたね。

なんて良い人選!

才能の無い、狂った小説家の役、お見事でした。

 

あとは、山本美月のヒズミが毎回とっても良かったですね。

ヒズミすっごく可愛かったなあと思います。

 

 

Sponsored Link



【刑事ゆがみ 10話ネタバレ】まとめ

 

【刑事ゆがみ 10話ネタバレ】あらすじ&感想

 

ドラマ2期、映画、スペシャルドラマ、なんでも良いので続編を見たいなあと思っています。

個人的には今期ドラマの中で1番ツボにはまったドラマで、本当に毎週とっても楽しみにしていたので!

浅野忠信×神木隆之介のコンビ、最高でしたよね!

また会える日を楽しみに待っています、刑事ゆがみ!

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

オススメ!  ごめん愛してるの吉岡里帆!彼氏が途切れない!最初は15歳を公表!
オススメ!  【ハロー張りネズミ  8話ネタバレ】あらすじ&感想 グレ主役回!息子と娘に会いたい…訳あり父親の結末とは?
オススメ!  【ごめん、愛してる 4話ネタバレ】あらすじ&感想 残された時間は3ヶ月「ここにいろ、ずっと。俺が死ぬまで」
オススメ!  あなたのことはそれほど7話ネタバレ&感想。麗華が気づいた?どうなる有島
オススメ!  【ごめん、愛してる 8話ネタバレ】あらすじ&感想 「凛華、どこにも行かないでほしい」サトルの願いに凛華の気持ちは…?

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link