【監獄のお姫様 6話ネタバレ】あらすじ&感想

 

吾郎(伊勢谷友介)に、姫(夏帆)と晴海(乙葉)の交際期間が被っているんじゃないかとふたば(満島ひかり)が詰め寄る。

しかし晴海は会社の運命を変えたイメージガールであり、しのぶ(姫・夏帆)との交際後だと吾郎は主張する。

 

 

【監獄のお姫様 6話ネタバレ】あらすじ

 

【監獄のお姫様 6話ネタバレ】あらすじ&感想

 

《板橋吾郎、極秘入籍!息子はすでに1歳半》という記事が週刊誌に掲載されていた。

姫に内緒でこっそり見ていたものの、結局バレてしまう。

 

2017年クリスマスイブ。

ふたばは晴海から電話がかかってきたため、おとなしく晴海たちの元にいく。

 

2012年春。

吾郎と晴海は子供を授かりたいと願っていたが、検査に行くと子供には恵まれにくい、と言われる。

そしてその原因は晴海ではなく吾郎にあった。

 

2013年夏。

しのぶの母からしのぶが息子を産んでいてすでに1歳になるという話を聞かされた吾郎は、母をうまく言いくるめて勇介(前田虎徹)は自分が引き取ると話をする。

母はしのぶではなく吾郎を信じ、吾郎に勇介を引き渡す形を取ってしまう。

 

そんな過去話をすると吾郎は「自分の息子に執着して何が悪い」と言い張る。

「姫の存在を抹殺したことが許せない」と千夏(菅野美穂)は怒る。

しのぶを母親だと言わないのは、勇介を犯罪者の子供にしたくないからだ、と吾郎は言うが、それに対して馬場カヨ(小泉今日子)は「確かに勇介は犯罪者の子供よね」と応える。

 

馬場カヨの元に息子の公太郎(神尾楓珠)から手紙が届く。

夫は再婚に向けて準備をしている段階だった

公太郎は、どんな結果でも馬場カヨが自分の母であることに変わりはないと言ってくれていた。

その手紙を見た馬場カヨはようやく離婚届を書き始める。

 

「皆さん聞いてください。私、馬場カヨは板橋吾郎に復讐します」

馬場カヨは部屋のメンバーにそう宣言する。

姫はその気持ちだけで嬉しい、と言うが「やるよ!潔白なんでしょ?勇介に会いたいでしょ?」と馬場カヨは畳み掛ける。

姉御(森下愛子)や女優(坂井真紀)、千夏もその話に乗っかる。

刑務所内で計画を立てて、刑務所から出た後で計画を実行しようと話がまとまる。

 

2017年クリスマスイブ。

晴海たちの元へ行ったふたばだったが、ふたばが晴海のために予約した美容院の店員が悠里(猫背椿)であることが判明する。

「何か知ってるよね?」と尋ねられたふたばは…?

 

夫との離婚が成立した馬場カヨの元に正装した長谷川(塚本高史)が面会にやってくる。

正装に、バラの花束。

その格好から分かる通り、長谷川は馬場カヨに告白をする。

 

 

【監獄のお姫様 6話ネタバレ】感想

 

【監獄のお姫様 6話ネタバレ】あらすじ&感想

 

長谷川、いつから馬場カヨのこと好きなんでしょうか。笑

そして現時点(2017年クリスマスイブ)ではどう言う関係性なのでしょうか。

今はもう付き合っているのか…?

それともそのままの関係なのでしょうか?

いや、そもそも告白も本気のものなのかどうか怪しいですよね。

 

晴海は勇介が自分の子供ではないって知ってるわけじゃないですか。

晴海がどんな気持ちでいるのか、何を考えているのかが知りたいところですね。。

 

 

Sponsored Link



【監獄のお姫様 6話ネタバレ】まとめ

 

【監獄のお姫様 6話ネタバレ】あらすじ&感想

 

いよいよ吾郎への復讐計画が始まります!

しかし、その一方で現代ではまさかのふたばの裏切り?

全員何を考えているのか分からなくなってきましたね。

馬場カヨは素直なのでわかりやすくて良いのですが。。

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

オススメ!  【陸王 1話ネタバレ】あらすじ&感想 老舗足袋屋の新たなチャレンジは怪我をしないランニングシューズ作り?!
オススメ!  【コード・ブルー3 10話ネタバレ】あらすじ&感想 コードブルーついに最終回!それぞれが選んだ道とは?
オススメ!  【陸王 4話ネタバレ】あらすじ&感想 アトランティスから裏切られた茂木、ついに陸王に足を通す?!
オススメ!  リバースでダサいも藤原竜也は演技うまい!戸田恵梨香も惚れる?
オススメ!  僕達がやりましたで永野芽郁が可愛い!UQCMや朝ドラヒロインも!

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link