オイルヒーターとは?仕組みとおすすめの使い方!燃料と電気代比較!

 

今流行りの暖房器具、それがオイルヒーターです。

オイルヒーターは、部屋が乾燥しにくい、臭いが出ない、室内のチリを巻き上げない、火傷の心配がない、等のメリットがあります。

その反面、部屋を暖めるのに時間がかかる、電気代が高いといったデメリットもあるようです。

それではオイルヒーターをどのように使えば効率良く部屋を暖め、少ない電力で使用できるのでしょうか?

 

 

オイルヒーターとは?きれいな空気で優しく温めます!

 

オイルヒーターとは?仕組みとおすすめの使い方!燃料と電気代比較!

 

エアコンは温風を出すことで部屋を暖めます。

その風力で室内の空気を巡回させるので、温めるのに即効性があります。

しかし、風力によって細かなチリも一緒に巻き上がってしまいます。

これは赤ちゃんのいる家庭や敏感肌の人には気になるところです。

さらに室内が乾燥するというデメリットもあります。

そんなデメリットを解消する暖房器具がオイルヒーターです。

チリを巻き上げない、乾燥しないという点はもちろんのこと、音が静かで触っても火傷することがなく、メンテナンスも楽です。

こうしたメリットはとても嬉しいですよね。

 

 

オイルヒーターの仕組みとおすすめの使い方!

 

オイルヒーターとは?仕組みとおすすめの使い方!燃料と電気代比較!

 

オイルヒーターは、電源を入れることで、本体内のオイルが過熱され、その放熱によって室内を暖める暖房器具です。

あくまでも放熱であって温風ではないので、エアコンとは違った特徴も持つのです。

そんなオイルヒーターのオススメの使い方は、窓際におくことです。

一般的に冷気は窓際から侵入してきます。

そこにオイルヒーターを置いておくことで、冷気を暖めてから室内に送り出すことができるのです。

 

 

Sponsored Link



オイルヒーターの燃料と電気代比較!

 

オイルヒーターとは?仕組みとおすすめの使い方!燃料と電気代比較!

 

オイルヒーターという名前から燃料には灯油を使うのだろうと思いがちですが、実は灯油やガソリンを補充する必要は一切ありません。

動力は電気のみです。

ただ、他の暖房器具よりも電気代が若干高いことは否めないようです。

オイルヒーターには消費電力を調節する機能がついたモデルもあります。

ただ、エアコンの代わりとして使用している人のほとんどは1500Wで使っているようです。

これを1日16時間使って場合の電気代ですが、

1時間あたりの電気代  1.5(電力)× 27円(電気代)=  40.5円

16時間では       40.5 × 16時間 =  648円

1か月(30日) では      648 × 30(日) = 19,440円

 

1500Wで毎日16時間使用すると19,440円もかかるんですね^^;

もちろん、1500W以下で使用すればそれだけ電気代も安くなる訳ですが、、、

それにしても割高であることは否めないでしょう。

 

ちなみに、代表的な暖房器具の電気代を計算してみると、

●エアコン暖房(8〜10畳向け)の場合

1時間あたりの電気代  2.8円〜53.5円

 

●電気ストーブの場合

1時間あたりの電気代  強24.3円/弱12.15円

 

となります。

エアコンは設定温度や性能によってその電気代が大きく変わるので何とも言えませんが、電気ストーブはあきらかにオイルヒーターより安いですね。

 

 

Sponsored Link



まとめ

 

単純に電気代だけで比較するとオイルヒーターは割高な傾向にあるようですが、実際に使った人の口コミをみるとかなり快適なようです。

つまり節約用品と考えるのではなく、一種の嗜好品として考えると割高な電気代にも納得がいくのではないでしょうか。

 

Sponsored Link






Sponsored Link




ブログランキングです。ポチッとクリックをお願いします!
↓   ↓   ↓

芸能人ランキング



ブログ村ランキングです。クリックでやる気MAX!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

あなたへのオススメ

オススメ!  森友文書書き換え問題とは?わかりやすく解説!政治家への忖度?誰?

オススメ!  メルカリNOWとは?売れるもの?発送方法と料金?CASHアプリ比較?

オススメ!  平昌オリンピックの女子フィギュア!代表と補欠は?日程と結果も!

オススメ!  松岡茉優の顔変わった理由!あまちゃんや行列、ドラマ画像で比較!

オススメ!  平昌オリンピックのフィギュアスケート日程とテレビ放送予定!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link