【民衆の敵 4話ネタバレ】あらすじ&感想

 

河原田市長(余貴美子)がニューポート計画の中止を宣言。

この計画はもともと犬埼(古田新太)が進めていたものだった。

 

 

【民衆の敵 4話ネタバレ】あらすじ

 

【民衆の敵 4話ネタバレ】あらすじ&感想

 

「記帳して参りましたー!」

公平(田中圭)の喜んだ声が家中に響き渡る。

智子(篠原涼子)の初めての議員報酬が支払われ、その額に大喜びする2人。

 

未亜(前田敦子)は学生時代の先輩でもある遼(千葉雄大)と地元商店街へランチに行く。

すっかり廃れた商店街だが、遼の実家もすでに夜逃げしていた。

遼は商店街を復活させると公約で宣言していたが、入ったファミレスで出会った商店街のおばちゃん達には「店を開けている方が不景気」だと言われてしまう。

 

園田(斎藤司)は子供たちの面倒を見られないお母さんが沢山いることを悩んでいた。

未亜や遼からは暇をしているおばちゃんたちがいる、と話を聞いた智子は、その2つを合わせようと思いつく。

さらに智子は一馬(渋谷謙人)もそこに手伝ってもらえれば、と考えていた。

商店街の人たちに話をしに行くとすんなりOKしてもらえる。

珍しく新米議員5人が手を組んで計画を立て始めたが、途中で犬埼派と市長派の派閥争いになり、結局5人はバラバラになってしまう。

 

智子は子供の居場所になる《こども食堂》を作ろうと奔走する。

商店街の人たちの協力のもと、商店街にこども食堂をオープンさせ、そこに一馬も手伝わせに行く。

こども食堂はあっという間に大盛況!

かのん(白鳥玉季)も遊びにきてくれて一馬も笑顔を見せる。

 

莉子は街を歩いている途中で藤堂(高橋一生)が演説をしているのを見かけてしまう。

藤堂には渡辺だと名乗られていた莉子は頭を悩ませる。

 

一方、こども食堂は大盛況が故に大混乱を招く。

元々は食事を食べられない子供に食べさせてあげようとする企画だったが、託児所のような扱いを受け、スタッフ不足に陥っていた。

遼は待っている人たちに「申し訳ありません。もう続けられません」と頭をさげる。

智子は「何勝手なことを!」と止めようとするが遼からは「あなたのやってることは子供の文化祭といっしょなんですよ。祭りで終わらせちゃ意味ないだろ」と怒鳴られてしまう。

 

結局、こども食堂は一時閉鎖することになる。

 

遼は本会議で決議案としてこども食堂の要請をする。

最初は少なかった拍手だったが、犬埼が拍手をした途端、大きな拍手に変わる。

智子は藤堂からのアドバイスを受けて、事前に犬埼に話を通していたのだった。

 

こども食堂は無事に再開し、遼は「佐藤さんありがとうございました」と頭をさげる。

 

 

【民衆の敵 4話ネタバレ】感想

 

【民衆の敵 4話ネタバレ】あらすじ&感想

 

智子以外の新人議員の活躍が見られた4話でした。

遼は本当にここの商店街が好きなんだなあって伝わってきましたね。

大事だからこそ丁寧に決議案を考えてから行動していました。

智子は良いと思ったことをとりあえず行動してみるというのが良いところですが、遼からの「祭りで終わらせちゃ意味ない」の言葉は核心をついていましたね。

結局問題が起きた時の対策までは考えていないのが智子なんですよね。

今回はそういった問題を政治家として良い解決法に持って行く、といったことが出来ていて智子の政治家としての成長を感じました。

 

また、先輩後輩の関係だったという未亜と遼。

学生時代の未亜はもしかしたら遼のことが好きだったのかもしれませんね。

 

 

Sponsored Link



【民衆の敵 4話ネタバレ】まとめ

 

【民衆の敵 4話ネタバレ】あらすじ&感想

 

市議会内に汚職議員がいるという告発文を誰かが打っているシーンで今週は終わりました。

一体誰が何の目的で書いているのでしょうか?

そしてその問題とワークライフバランスについてもメインになるようです。

現代でも日常的に問題になることですよね。

ドラマの中では一体どういう解決法になるのでしょうか。

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link