【監獄のお姫様 5話ネタバレ】あらすじ&感想

 

吾郎(伊勢谷友介)が連れ去られてからすでに3時間が経過していた。

長谷川(塚本高史)撮影のもと吾郎の動画を撮る一同。

しかし長谷川は、再審は1年に2回しか起こらないから難しいぞと説明する。

 

【監獄のお姫様 5話ネタバレ】あらすじ

 

【監獄のお姫様 5話ネタバレ】あらすじ&感想

 

2012年夏、姫(夏帆)は無事に男の子を出産する。

それと同時に悠里(猫背椿)の仮釈放が発表され、別れをいう間も無く悠里は刑務所を出て行く。

 

刑務所内では美容資格所得のガイダンスが開かれる。

美容担当は、唯一美容免許を持つふたば(満島ひかり)だった。

ふたばが美容免許を取るきっかけになった話を聞いた馬場カヨ(小泉今日子)は美容資格所得を受講することになる。

 

姉御(森下愛子)と女優(坂井真紀)は姫の子供のためにもベビーシッターの講座に興味を持ち勉強をし始める。

 

ようやく姫が勇介(前田虎徹)を連れて刑務所に戻ってくる。

「署内に赤ちゃんがいることで皆の癒しになるのではないでしょうか」

ふたばは護摩所長(池田成志)にそう訴える。

その結果、勇介は法律で決められている1歳半までの間、母親である姫の元で一緒に過ごせることになる。

 

「勇介は、しのぶ(姫・夏帆)と俺の子供だよ」

ついに吾郎がそれを白状する。

しかし肝心なその瞬間を長谷川はビデオに収めていなかった…。

 

2013年元旦。

裁判で無罪を主張するか、子供を産むのか、ずっと一人で悩んでいたと姫は話す。

「私は弱いから絶対安全な場所じゃないとこの子を守れないと思った」

刑務所が絶対安全な場所だと姫は考えていたのだ。

「守るよ、姫」馬場カヨたちはそう声をかける。

 

未婚の場合、親権は母親が持つものだ。

そんな姫から勇介を奪った吾郎に馬場カヨたちが詰め寄る。

吾郎は「親権を持つ殺人者より、親権を持たない被害者だろ」と主張する。

そんな吾郎に勇介クイズを出題する。

 

勇介が初めて喋った言葉は、ふたばの物真似の「点検!」だった。

 

勇介の1歳の誕生日。

姫は絶縁状態である母親に手紙を書いて全てを伝えようと思う、と所長たちの前で話す。

姫から手紙を受け取った母親はすぐに面会に来た。

「娘を信じない母親がどこにいますか」と母は言う。

「必ず迎えに行くから、あいつには絶対に会わないで」と姫は強く強く頼む。

 

「私たちが刑務所で最後に聞いた勇介の言葉は何だったでしょう」

最後のクイズを吾郎は答えない。

「あなたなら知ってるはずよね…?」

 

姫の母親が迎えに来るが、勇介は泣き出してしまう。

「良い子にしてたら必ず迎えに行くから」と姫は勇介を抱きしめる。

ふたばが手を引き、勇介は姫の母とともに車に乗ろうとする。

しかしそこで姫の母が「しのぶちゃん、ごめんなさいね」と一言漏らす。

次の瞬間、車の中から吾郎が出て来て勇介を抱きかかえる。

「勇介!」と泣き叫ぶ姫をふたばが止めに入るが、ふたば自身も複雑な顔つきになる。

 

 

【監獄のお姫様 5話ネタバレ】感想

 

【監獄のお姫様 5話ネタバレ】あらすじ&感想

 

いや、これは吾郎ひどすぎるでしょう。。

その前に姫の母親が吾郎にその事実を伝えているということですよね?

姫にとって一大決心だったのに…ようやく打ち明けた事実だったのに…。

婚約者を殺人犯にして、刑務所送りにして、「待ってる」と言いつつ別の女性と同棲し始めて、何も言わずに息子をさらって行くなんて…こんな酷いことありますか?

 

あとは、姫が無実だということの証拠と、本当の犯人のアリバイをどう探すかですよね。

そこさえ分かってしまえばもう吾郎の人生はひっくり返りますよね。

長谷川が良い検事であれば良いのですが…。笑

 

この先のストーリーがどうなっていくのは非常に楽しみですね!

 

 

Sponsored Link



【監獄のお姫様 5話ネタバレ】まとめ

 

【監獄のお姫様 5話ネタバレ】あらすじ&感想

 

予告が辛い…!

姫が見ている雑誌には笑顔で勇介を抱いて歩く晴海(乙葉)の写真と「息子はすでに1歳半」という見出し。

自分が産んだ子供を引き離されて、その上そんなものまで目に入ってきたら当然精神的にもおかしくなるよなあと思ってしまいます。

 

姫だけじゃなく、ふたばにも何か異変が?

ここからどうふたばが馬場カヨたちと手を組んで行くのかというストーリーもそろそろ始まるのかなと思います。

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link