【コウノドリ2 5話ネタバレ】あらすじ&感想

 

「え、今から入院?帰れないんですか今日」

サクラ(綾野剛)の元に診察に訪れた瑞樹は切迫早産の可能性があるため急に2ヶ月以上入院するかも、という話を聞いて戸惑う。

不安な瑞樹だったが、同室のひかるは「やっと話し相手ができた!」と喜び、瑞樹もすぐに意気投合する。

 

 

【コウノドリ2 5話ネタバレ】あらすじ

 

【コウノドリ2 5話ネタバレ】あらすじ&感想

 

下屋(松岡茉優)は緊急帝王切開を担当した翔太くんの様子を見に白川(坂口健太郎)の元へ行く。

ちょうど翔太くんの両親が今橋(大森南朋)と話をしているところだったが「正直手術をしてまで助けてほしいと思えません」と話を聞いてもらえない状況だった。

 

周産期母子医療センターに殺し屋のような風貌の男性が訪れてきて小松(吉田羊)は驚く。

その男性は一緒に洋菓子店を営む瑞樹の旦那で、差し入れにプリンを持ってきてくれた。

瑞樹は子供の名前を《あかり》にする、とサクラに教える。

 

翔太くんの両親は自分の子供が後遺症を持って産まれてくることを受け入れられず、そんな状況でなぜ帝王切開をしたのか納得できない様子だった。

お腹の中で自然と看取る選択肢もあった、とまで話す両親の言葉に下屋は打ちのめされる。

白川は「俺は諦めない。ベビーは俺がちゃんと見るから」と下屋に声をかけ、四宮(星野源)もまた「もし後悔してるならナンセンスだぞ。その命を救ったら障害が残るからって誰も考えちゃいない。緊急オペってのはそういうもんだ」と下屋を励ます。

 

瑞樹の診察の時間。

「今日はいつもよりエコーの時間が長いですね。いっぱい赤ちゃん見られて嬉しいですけど…先生?」

「西山さん、赤ちゃんの心拍が確認できません。西山さん、個室に移動しましょう」

 

サクラに呼ばれた四宮が個室に行き、一緒に再度エコーをみるが、四宮は首を横に振る。

瑞樹はIUFD(子宮内胎児死亡)だった。

サクラの説明で翌朝子供を産んであげることに決定する。

 

ひかるは隣のベッドが片付けられて行くのを不思議に思う。

「西山さん個室に移ることになったんです」と説明を受けても疑問が残る。

 

手術の日の朝、瑞樹は「私のせいですか」とサクラに問う。

「なんで赤ちゃん死んじゃったんですか。病院に入院しててなんで赤ちゃん助からなかったんですか」

「僕も昨日からずっと考えています。でも、分からないんです。入院して赤ちゃんのために頑張っていたことも知っています。しかし、僕には今回のことを予測することができませんでした。結果としてこうなってしまい申し訳ありませんでした」

サクラは深く頭をさげる。

 

「女は明るいほうがいいから、お前みたいに」

旦那がそう決めた子供の名前、あかり。

たとえ亡くなっていてもあかりに会うために瑞樹はあかりの名前を呼びながら出産を頑張り、無事に出産した。

 

「お腹の中で亡くなったあかりちゃんは西山さんの戸籍に残せないんだ」

小松は瑞樹にそう話す。

「あかりちゃんと一緒に居られる間にあかりちゃんにしてあげたいと思うこと何かあったら協力するから」

瑞樹は旦那とともにあかりを沐浴させてあげる。

その様子を見ていた下屋は白川に「患者さんに寄り添うってどういうことだろうね」と尋ねる。

 

赤ちゃんの命のことだけを考えて両親の気持ちを置き去りにしてしまっていたかもしれない、と下屋は翔太の両親に手紙を書いていた。

 

ひかるは瑞樹を見かけ声をかける。

瑞樹はあかりが亡くなったことは伝えず出産が無事に終わって、あかりが可愛いことだけを伝える。

不思議に思ったひかるだったが、後からナースステーションであかりが亡くなったことを知り、病室で泣き崩れる。

 

翔太の母親がNICUに訪ねてくる。

「今日は翔太の手術の話を詳しく聞きたくて来ました」と言うその母親の言葉に下屋は涙を流す。

結果として、翔太くんは手術を受けることになる。

 

 

【コウノドリ2 5話ネタバレ】感想

 

【コウノドリ2 5話ネタバレ】あらすじ&感想

 

5話は今までで1番涙が止まらない回でした。

子宮内胎児死亡というその事実だけでも苦しいのに、亡くなっている我が子のために痛い想いをして出産する母親は強いですね。

亡くなっている娘をお風呂に入れさせてあげたいと言った旦那が沐浴しながら言った「…気持ち良さそうだな」の一言で私は涙が溢れました。

四宮によると原因が分からない胎児死亡は4割ほどもあるのだとか。

原因が分からないと医者に言われても結局母親は自分に何か原因があったんではないか、あの時ああして入れば良かったんじゃないか、と後悔してしまうと思うんです。

そんな時、優しく同じ目線で寄り添ってくれるあの旦那の存在はありがたかったんじゃないのかなと思います。

ラストで「あかり、おめでとう。ママ、ありがとう」とメッセージの入ったケーキが出て来ましたが、ちゃんと奥さんへの感謝が入っているあたりが素敵だなと思いました。

 

 

Sponsored Link



【コウノドリ2 5話ネタバレ】まとめ

 

【コウノドリ2 5話ネタバレ】あらすじ&感想

 

次週は下屋が意気投合していた妊婦が母子ともに危険な状態で運ばれてくる、と言うスタートです。

今回の話で下屋がまた成長したなと思ったところだったのに次から次へと試練だらけですね。

でも、これが現実なんだろうなと考えさせられます。

現場は待ってくれないですからね。

落ち込んでいても他の患者さんがいる、やらなくちゃいけないことがある、その中で反省して次に生かしてステップアップしていかなくてはならない。

来週は下屋を応援しながら観ようと思います。

頑張れ、下屋!

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link