【民衆の敵 3話ネタバレ】あらすじ&感想

 

23時過ぎのコンビニにランドセルを背負った女の子が一人でいた。

女の子のことが目に留まった男が観察していると、女の子はお菓子を万引きしようとしているところだった。

 

智子(篠原涼子)は未亜(前田敦子)から振られた仕事・市民の陳情を引き受けることになる。

「お願い、一馬くんを助けて。誘拐犯として捕まっちゃう。彼は冤罪なの!」そう訴える富子(梅沢昌代)に、智子は「冤罪ってなんでしたっけ」と頼りない返事を返す。

 

 

【民衆の敵 3話ネタバレ】あらすじ

 

【民衆の敵 3話ネタバレ】あらすじ&感想

 

記者として働く和美(石田ゆり子)に協力を仰ぎ、智子は発端となる事件について知る。

不審な男が小学生の女の子と手を繋いで歩いている、という通報の元警察が捜査を進めると、かのん(白鳥玉季)の母親である裕子(安藤玉恵)は料金未払いで携帯も止められている始末だった。

かのんは一馬(渋谷謙人)の部屋で見付かり、一馬は誘拐事件の犯人として逮捕される。

 

その話を智子から聞いた藤堂(高橋一生)は「弁護士紹介しようか」と提案するが「これだから金持ちは!」と一蹴される。

翌日藤堂は智子に「手伝いますよ」と話し、事件を調べに行く智子に一緒に着いて行く。

 

昔、一馬の隣人だったという富子とともに一馬の家に着いた2人だったが、青年がスマートフォンで「ここが犯罪者の家です」と実況動画を撮っているところを目撃する。

智子が何やってるのと聞くと「犯罪者の家族ですか。味方するんですか」と動画を撮られ続ける。

やっとの事で追い返し、3人で一馬の家に入る。

「この部屋に入れば一馬くんのこと分かると思います」

富子がそう言う部屋に入ると、東京の良い会社に入った一馬が認知症になった母親を毎日介護をするために戻ってきたことが分かった。

 

「もうあんたのせいで夜の仕事に行けなくなったじゃない!」

かのんは裕子に大きな声で怒鳴られていた。

 

裕子の家に「かのんちゃんに話を聞かせてください」と聞きに行った智子だったが、裕子に「警察にも話しましたし、かのんも傷ついているので…」と取り合ってもらえない。

「話をしてくれるまで待ちますから」と智子が家の前に座り込むが藤堂に「これ以上印象を悪くしないほうがいい」と動画を見せられる。

その動画は青年が撮影したものだった。

意味が分からずに返した「人権蹂躙?なんだそれ!」と言う智子の言葉が大問題になっていた。

 

智子と藤堂は捕まっている一馬の元に話を聞きに行く。

「誘拐なんてしてないよね?」と、一馬の家のゲーム記録から毎晩かのんと一緒にゲームで遊んでいたことに気が付いた智子はそう聞く。

しかし一馬は「罪を償います。俺が誘拐しました」と呟き出て行ってしまう。

藤堂は「誘拐じゃないと困る人がいるから犯人だって言い張ってるのかな」と考え、智子も頭を悩ませる。

 

そんな時、裕子の家に前田(大澄賢也)が話をしに訪れていた。

 

小学生に話を聞きに行こうとした智子だったが、前田が母親たちを連れて現れる。

「誘拐犯の見方をするってどういうこと」と智子は一気に母親たちに責められてしまう。

智子を自分の政治に利用した前田に「やられましたねえ」と藤堂は慰めるが、智子は納得がいかない。

 

和美は、有力な情報を得る人物との接触に成功する。

近くのコンビニで働くその女性は、かのんが万引きをしたところを目撃していた。

万引きは、どうしてもお腹が空いていて食べてしまった、というようなものだった。

 

「誘拐じゃないと困る人、分かりました」

藤堂が智子にそう言い、説明を始める。

「12歳未満の万引きは、警察に補導された後、児童相談所に通報されます」

今回の事件が誘拐でないとすると、夜中までかのんを放っておいた母親にレッドカードが出され、かのんが児童相談所に行くことになってしまう。

それに気が付いた一馬が誘拐として口をつぐんでいるのではないか、と藤堂は話す。

 

智子と藤堂は再度裕子の元を尋ねる。

「無実の人に罪を被せちゃっていいんですか?これからの大切な一生をかのんちゃんに嘘つかせていいんですか?」智子がそう聞くと、少しずつかのんが話し始める。

「…私のせいで、お兄ちゃんが、悪い人になっちゃった…」

藤堂の「児童相談所には僕が掛け合います」という言葉に後押しされて、裕子とかのんは真実を話し始める。

 

一馬がかのんにテディベアをプレゼントし、裕子は一馬の家に代金を払うと訪れた。

代金はいらないと話す一馬に「困るんです。こんなところ児童相談所に見られたら…」と話す裕子だったが、一馬はかのんから今度何かあったら児童相談所にいられてしまうという話をすでに聞いていた。

 

話を聞いた智子は「話してくれてありがとうございます!私、みんなが幸せになれるように頑張るからね」とかのんの頭を撫でる。

 

一馬が拘置所から出る日、智子は富子とともに出迎えた。

しかし一馬からは「余計なことして…俺は拘置所で幸せだった。ここにいればあの家族のためになるから。あんたのしたことは誰も幸せにしない」と言われてしまう。

 

助けて欲しい時に助けて欲しいって言える相手がいるかどうか、が大事だよね、と酔っ払った和美が智子に話す。

「かのんちゃんママがもっと早く智子さんに会えていたらな」

 

智子は一馬の元を訪れる。

かのんと裕子からの一馬へのありがとう動画を見せると、一馬は無言で繰り返し眺める。

「政治って何かわからなかったんだけど、目の前にいる人を1人ずつ幸せにしていかなきゃね。まずは一馬くんのことを絶対に幸せにします」そう言って背中を向ける智子に、一馬は少し微笑む。

 

帰り際、智子は動画をあげた青年に再会する。

また新しい動画をあげられた智子だったが、前回と異なりコメントは「こういう馬鹿正直がいいよね」「次も期待」などマイナスな言葉だけではなく注目を集め始めていた。

 

 

【民衆の敵 3話ネタバレ】感想

 

【民衆の敵 3話ネタバレ】あらすじ&感想

 

一馬役の俳優さん、格好良かったなあと思いながら見ていたら、次回予告でも出てきていましたね。

渋谷謙人という俳優さんですが、朝ドラ《ひよっこ》では有村架純演じるヒロインの親友の兄役で出演されていました。

今後注目の俳優になるかもしれません!

要チェックですね。

 

前回に引き続き今回も智子と藤堂が2人で行動することが多かったですね。

そのうちこの2人に熱愛報道でも出されるんじゃないのかな、なんて思ったりもしますがどうなのでしょうか。笑

 

 

Sponsored Link



【民衆の敵 3話ネタバレ】まとめ

 

【民衆の敵 3話ネタバレ】あらすじ&感想

 

市長VS犬埼の対決がいよいよ来週から本格化しそうです。

どういう考えの政治なのかまだいまいち分からないので楽しみですね。

 

また、智子と藤堂だけではない同期の話もありそうです!

1クールのドラマで一体どういう最終回を迎えるのか予測ができないのでワクワクします。

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

 

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link