【陸王 3話ネタバレ】あらすじ&感想

 

シルクレイの生みの親である飯山(寺尾聰)も《陸王》の開発に参加することになる。

一方、アトランティスよりスポンサー契約を打ち切られた茂木(竹内涼真)は、走り方の改善のため初期段階の陸王を履き走り出す。

陸王の開発は着実に走り始めたのだった。

 

 

【陸王 3話ネタバレ】あらすじ

 

【陸王 3話ネタバレ】あらすじ&感想

 

ゲンさん(志賀廣太郎)は一度会社を倒産させた経験を持つ飯山のことを信用できずにいた。

「必要な金はどうするんです?やるからには彼の下に人をつけなきゃならないでしょう」

 

顧問アシスタントを雇うのも時間とお金が必要なため絋一(役所広司)は飯山にまずは自分がやると話す。

「あの若い奴は違うのか?さっきまで手伝ってくれてた…」と飯山が言うのは大地(山崎賢人)のことだった。

 

その夜、紘一は大地に尋ねる。

「お前飯山さんの元でシルクレイの開発やってみないか?」

「やっても良いけど。どうせ新しい人間雇う余裕ないんだろ。就職決まる前に少しは会社に恩返ししないとな」

こうして大地も陸王の開発チームに加わることになった。

 

小原(ピエール瀧)は茂木が新しいシューズを履いている噂を聞いていた。

ダメになった選手を見つけ、自分たちがスポンサーとなったことで結果を出すのを喜びとしている小原は、茂木がその逆にならないかどうかを一番に心配していた。

それに対し佐山(小藪千豊)は「あいつはもうダメです」と返す。

「うちが契約を切るときはその選手が終わるときだ」

 

茂木は新しいシューズ・陸王に良い違和感を感じていた。

平瀬(和田正人)は「自分で判断して無理すると俺みたいに長引くぞ」と心配する。

村野(市川右團次)は陸王を「アイディアは面白いんだけどなあ」と気にしていた。

茂木もまた、良い靴だがソールが駄目だから試合には使えないと話す。

 

飯山と大地はシルクレイの硬さをコントロールすることに精を出す。

サンプルを作るのにも時間がかかるため、いつ商品化できるのか、完成したとして売れる保証はあるのか、とゲンさんはしつこく紘一に問いかける。

「茂木が履いてくれさえすればなあ」と呟く大地。

陸王のシルクレイが完成次第もう一度茂木に売り込みに行くと紘一は話す。

 

2000万円の追加融資を銀行に頼みに行く紘一だったが「お話になりませんね。まずは確実に実績を作ってから来てください」と言われてしまう。

茂木に会いに行っても城戸(音尾琢真)に止められてしまう。

 

熊谷シティマラソンの日、出場しない茂木はスタート前に毛塚(佐野岳)と目が合う。

オリンピック銅メダリストの選手に猛追したのは日本人トップ、そして全体2位の毛塚だった。

ゴールをした毛塚に「おめでとう」と茂木が手を差し出すが、毛塚はそれを無視する。

 

飯山と大地は何度も試作を繰り返すが失敗の山が積み重なって行く一方だった。

有村(光石研)の元に知恵を借りに行く紘一。

そこにはたまたま坂本(風間俊介)も来ていた。

有村はアトランティスも同じような覚悟や悩みを持ちながら今の地位についているのだと話す。

坂本は「銀行員の私からこんなこと言うのもあれなんですが…ここからは私の独り言だと思ってください。もしいよいよとなったら…」と話す。

 

以前プレゼンをした学校からの紹介で別の学校から校庭で走る用の足袋が欲しいと連絡が入る。

サンプルを持ち込んだ紘一だったが、すぐに電話がかかってくる。

「前年ですがこの度は足袋の採用は見送りで…」と言われ落ち込む紘一だったが「足袋ではなく陸王、こちらをうちで使わせて頂きたいと…」と続く言葉に、こはぜ屋は盛り上がる。

1200足の発注が決まり、初めての実績となるこの結果に社員一同大喜びする。

しかし、シルクレイの硬さが出せていない飯山は騒ぎに参加せず、大地に「行くぞ」と声をかけ部屋を出て行ってしまう。

 

紘一は早速銀行に話をしに行くが、これは足袋の代わりに採用されたのであって陸王がランニングシューズと認められたわけではないから実績とは言えないと話をされてしまう。

シルクレイという単語を一向に覚える気もない担当銀行員に腹を立てた紘一は「どうしても聞き入れてもらえないなら定期預金を切り崩します」と話す。

それは、坂本が独り言と称して話したアイディアだった。

定期預金を全額切り崩す決意をした紘一に対し、支店長も頭を悩ませる。

 

ゲンさんは先代がマラソン足袋の開発に精を出し、結果的に莫大な借金を作ってしまったことを自分のせいだと気にしていた。

先代のために銀行に融資を頼み込んでいたゲンさんだったが、最終的に「なんで止めてくれなかったんだ」と言われたことがずっと心に残っていた。

 

定額預金を切り崩す旨を母に話そうとしていた紘一だったが、その直前に茜(上白石萌音)に「海外留学がしたい」と話をされ、その金額に驚き、結局伝えられずにいた。

 

月間アスリートという雑誌から茂木は毛塚との対談の話をされる。

 

村野は小原に茂木用のシューズを作ってやりたいと話す。

しかし小原は「茂木の復活は万に一つもあり得ない」と反対する。

 

ついに最終面接が決まった大地だったが、シルクレイの開発に没頭するあまり寝過ごして遅刻してしまい、面接を受けることすら叶わなかった。

「このままだと半年どころか1年経っても完成しないんじゃないですか」イライラしていた大地はつい飯山にあたってしまう。

 

茂木の元に月間アスリートから電話がかかってくる。

電話の内容は話が見送りになったというもので、毛塚は他の人と対談することになったと告げられる。

 

あれだけ煮詰まってたんだからもう帰ってるだろうと大地は飯山のことを話していたが、紘一と大地が差し入れを持って会社に向かうと、そこには一人黙々と作業を続ける飯山の姿があった。

大地はそれを見て、何も言わずに飯山を手伝い始める。

飯山もまた何も追求せず戻ってきた大地を受け入れる。

 

翌朝、紘一の元に有村から電話がかかってくる。

それは「ダイワ食品にいる知り合いから話を聞いたんですけどね、」と茂木が陸王を履いているという嬉しい内容だった。

しかし、練習を見に行くと茂木は別のシューズを履いていた。

 

紘一は練習終わりの茂木に声をかける。

「どこがダメだったんでしょうか」

「悪くない。そう終わりました。しかしソールと耐久性が…」そう説明する茂木に「まだ終わりじゃありません」と紘一は続ける。

「怪我をしにくいランニングシューズ、それが陸王です。悩みがあったら言ってください。医者じゃないから治療はできませんけど、一緒に走ることはできます。茂木さん、私たちにサポートをさせてください。待っていてください」

“怪我をしにくいランニングシューズ”陸王のそのコンセプトに茂木の心は動く。

「もし本当にそういうシューズができるのなら履いてみたいですね」

 

徹夜で作業をしていた飯山と大地が夜中に淹れた冷めたコーヒーを飲むと、味が変わっていた。

このことから飯山は繭を煮る温度を変えることを思いつく。

 

紘一が茂木の元から帰ってくると試作品はあとちょっとのところだった。

最新作の硬度を測ると、数値は目標値を指す。

飯山は紘一に「待たせて悪かったな」と言い、紘一は大地に「大地、よくやった!」と肩を叩く。

 

「怪我が治ったらまたアトランティスがスポンサーついてくれるんだから、いつまでもそんな素人が作った靴持ってるなよ」

ロッカールームで陸王を眺めていた茂木から、陸王を奪い取った城戸はそれをゴミ箱に捨てる。

ミーティングに向かおうとする茂木は一度ゴミ箱を振り返るが、拾わずにそのまま部屋を出て行く。

 

 

【陸王 3話ネタバレ】感想

 

【陸王 3話ネタバレ】あらすじ&感想

 

飯山と紘一、飯山と大地、それぞれの関係性が良い3話でした。

飯山と大地は良い師弟関係といった感じですね。

大地はこのままこはぜ屋に就職していくのでしょうか?

それにしたって一気に帰りが遅くなった(むしろ泊りがけが増えた)飯山のことを奥さんは心配しているのでは、と余計な心配もしてしまいます。笑

奥さん1人の時にまた家に誰かやってきたらと思うと…うーん、やっぱり心配にもなりますよね。

 

紘一がよく言う「うちにとっては宝の山だ」は良い台詞ですよね。

この言葉は池井戸潤の作品らしさも表しているなと思います。

 

初対面のこはぜ屋にも丁寧に対応する茂木はスポーツマンとして良い選手ですね。

それに対し毛塚の態度よ…!と、思いたいところですが、ライバルとして高め合っていきたい存在に汚されて張り合いがなくなって寂しいのかなとも思います。

いつか毛塚側の心境も描かれると良いですね。

 

 

Sponsored Link



【陸王 3話ネタバレ】まとめ

 

【陸王 3話ネタバレ】あらすじ&感想

 

次週、茂木は陸上を引退してはどうか、と勧められるようです。

アトランティスの裏切り、そしてこはぜ屋の手厚いサポート、これは一気にこはぜ屋に心が傾きますよね。笑

茂木の復活を信じている村野もどうやらこはぜ屋に協力してくれるようになりそうです。

池井戸潤の描く快進撃はとっても気持ちが良いですからね、楽しみです!

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link