【コウノドリ2 4話ネタバレ】あらすじ&感想

 

「おいジュニアくんなんで報告しなかった」

四宮(星野源)が赤西(宮沢氷魚)を叱り、その後「いいじゃないですかね、何にもなかったんだから」とヘラヘラして反省しない赤西に下屋(松岡茉優)はビンタする。

もう少しで切らなくても良い妊婦のお腹を切って帝王切開になるところだった。

キツい態度の2人の代わりにサクラ(綾野剛)が優しく注意する。

 

 

【コウノドリ2 4話ネタバレ】あらすじ

 

【コウノドリ2 4話ネタバレ】あらすじ&感想

 

妊婦の蓮(安めぐみ)は、言うことを聞いてくれない娘・美奈に手を焼いていた。

美奈が眠ってから旦那に「次は自然分娩で産みたいなって。美奈のことちゃんと愛してるのかなって不安になる」と蓮は話す。

蓮は帝王切開で産んだから美奈を愛せないのではないかと不安になり、トーラック(帝王切開後の自然分娩)という方法を調べていた。

しかしトーラックには子宮破裂のリスクがある。

 

陣痛を味わって産道を通して産んだ赤ちゃんにこそ愛情が宿ると信じている蓮はサクラにトーラックを希望している旨を話す。

トーラックの成功率は大体7割。

子宮破裂が起きた場合、赤ちゃんの脳に後遺症が残ったり最悪の場合は無くなる可能性もあり、その割合は1000人に5人くらい。

それを説明しても尚「それでも私やりたいです」と蓮は言う。

 

サクラは蓮の希望に沿うと言い、小松(吉田羊)もそれに賛同する。

しかし四宮は「いい加減やめてくれないかな、サクラ本当呆れるわ。お前の優しさのせいで妊婦はもちろん俺たちも余計なリスクを背負わされる」と呟く。

 

白川(坂口健太郎)が勘違いしていただけで、四宮がカフェで会っていた女性は、四宮やサクラたちの後輩だった。

彼女は赤ちゃんを産んでからも母親としての実感が湧かず、ICUに毎日のように足を運んでいた。

 

今橋(大森南朋)はあらゆる所に頭を下げて人材を増やそうとしているが、どこも人材不足でなかなか上手くいかない。

同期の下屋と白川も人材不足を気にしていた。

 

「医師も時間も足りない中トーラックの妊婦を優先するのか」

「でも僕らの仕事は妊婦にトーラックをやめさせることじゃない」

四宮とサクラで意見が食い違うが今橋が「今回はご家族の意見を尊重しましょう」とまとめ、トーラックを進める方向になる。

 

白川はICUにいる赤ちゃんが危険な状態になっている中、旅行に行っていた夫婦(木下優樹菜、パーマ大佐)に「旅行中に大変なことになっていたらどうするつもりだったんですか」と質問する。

「もちろん心配でしたけど、先生たちがいるから大丈夫かなあって…」

「ここは託児所ではありません。僕たちはベビーシッターではありません」

白川はしっかり説明をし、2人に親としての自覚、3人で家族だということを話す。

 

陣痛が始まり、蓮が病院にやってくる。

すごく痛がっている蓮だが「私、下から産みます」と宣言する。

 

「なんでそんなに痛がっているのに下から産みたいんですかね」

そう言う赤西に対し四宮は「お前自分の目で見てきたらどうだ」と話す。

現場を見た赤西は、蓮の旦那と美奈にブランケットを渡す気遣いを見せる。

「先生たちも大変ですね。僕たち夫婦のわがままを聞いてくれてありがとうございます」と頭を下げられる赤西。

 

「このままですとお産が進みません」

「私はまだ頑張れます」

「でもこの状況はお母さんにとっても赤ちゃんにとっても良い状況とは言えません」

「私は頑張って下から産むの。頑張って産んで良い母親になるの」

そう言って頑張る蓮の姿を見て美奈は涙を流す。

「美奈、泣かないで。ママ頑張るから」そう言う蓮に、美奈は「ママ頑張ってる」と伝える。

その言葉で蓮は帝王切開に切り替えることを了承する。

 

サクラは赤西に帝王切開のオペを手伝わせる。

赤ちゃんが生まれると赤西は心から嬉しそうに「おめでとうございます!本当におめでとうございます!」と蓮に伝える。

その様子に下屋は驚き、サクラは微笑む。

 

「自分の家族に愛情を注げないなんて本末転倒ですから」

白川は今橋にそう言い、今日は早く帰るように促す。

今橋はお礼を言い、少し遅くなったものの娘にプレゼントを買って帰る。

 

赤西はサクラにお礼を言う。

「患者さんにおめでとうございますって言えるの良いですね」

「医者の中でも産科医だけがおめでとうって言えるからね。僕たちの特権だよ」

色んな現場を見て勉強して自分に何ができるのかを見つけていきたいと話す赤西にサクラは昔の話をする。

「俺は産科医には絶対ならないって言ってた産科医の息子がいるんだよ。そいつもジュニアって呼ばれてたなあ」

 

四宮は「もう戻ってこなくて良いからな」と赤西に声をかけるも、赤西の顔は綻んでいる。

サクラは四宮に「初代ジュニアくん」と話しかけた。

 

 

【コウノドリ2 4話ネタバレ】感想

 

【コウノドリ2 4話ネタバレ】あらすじ&感想

 

安めぐみ、非常にはまり役でした。

最後お母さんの顔で赤ちゃんと娘を撫でているシーンには思わずグッときてしまいましたね。

旦那役の前野朋哉もよくドラマで見かけますよね。

最近で言えば昨日の『刑事ゆがみ』にもゲスト出演されていました。

 

四宮は自分も産科医の息子で「ジュニア」と呼ばれ苦労した過去があったからこそ赤西に対して厳しい態度を取っていたんですね。

きっとサクラは初めからそれを分かっていたんでしょう。

下屋も最後には赤西に対してきっちり良い先輩になれていて1期の頃からの成長を感じました。

下屋と白川の2人は本当に1期の頃から成長しましたよね!

 

 

Sponsored Link



【コウノドリ2 4話ネタバレ】まとめ

 

【コウノドリ2 4話ネタバレ】あらすじ&感想

 

予告を見ただけですが、来週は今までの中でも1番重たい内容の回になりそうですね。

長期入院をしなければならなくなった妊婦が同じ境遇の妊婦と同室になり、すぐに意気投合。

しかし片方の赤ちゃんに予測できなかった事態が起こる、と…。

もうこの時点でふう〜とため息を吐いてしまいたくなります。

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link