【民衆の敵 2話ネタバレ】あらすじ&感想

 

藤堂誠(高橋一生)の家の前に女の子がいる。

彼女は、莉子(今田美桜)。

藤堂は家の前で倒れこみ莉子に助けてもらう。

莉子は「寂しくなったら電話ちょうだい」と名刺カードを置いて東堂の家を後にする。

 

 

【民衆の敵 2話ネタバレ】あらすじ

 

 

佐藤智子(篠原涼子)は繰り上げ当選し、無事あおば市の市議会議員になる。

しかし智子は市議会議員が何をするのかをいまいち分かっていない。

 

あおば市の市議会議員は主に議会のドンである犬埼(古田新太)派と市長の河原田(余貴美子)派に分かれていた。

藤堂、小出未亜(前田敦子)は犬埼派。

岡本遼(千葉雄大)は河原田派。

園田龍太郎(斎藤司)は無所属。

智子は一体…?

 

智子の初登庁日。

新人議員研修室に着いた智子と藤堂がドアを開くと早速怒号が飛び交う。

 

本会議で智子は後ろの席で眠っている議員・前田(大澄賢也)の頭を叩き起こし、注目を浴びる。

研修室に戻った智子に他の議員の態度がよそよそしくなる。

「あんたが小突いた前田議員、犬埼派の幹部なんですよ」と園田が説明するも智子は納得がいかない。

するとそこへ犬埼が訪ねてくる。

犬埼の秘書である若宮(若旦那)に連れられていった部屋で智子は先ほどの本会議の様子がネット上で話題になっている動画を見せられる。

「この件は佐藤先生のいたずら、悪ふざけだったと本会議で発言してくれませんか?」と犬埼と若宮に詰め寄られてしまう。

「新人だから大目にみるが、どの委員会に入りたいか決めておきなさい」と言われた智子はうやむやに部屋を飛び出す。

 

「市議会議員の仕事って分かってます?」岡本に聞かれ、智子は答えを濁す。

しかし自分の公約を実現するために委員会に入らなければならないということを知り、周りのママ友たちに言われたことを思い出す。

和美(石田ゆり子)に「子供教育委員会がいいんじゃない?」と言われたことが浮かび、智子は「子供教育委員会に入る!」と宣言。

 

河原田は、智子が前田議員の頭を叩いたものが注目動画として再生回数が伸びているのを楽しんでいた。

「ねえ、もっと油注いでよ」と秘書の望月(細田善彦)に頼む。

 

智子は駿平(鳥越壮真)にステーキを食べさせてあげる。

喜ぶ駿平に智子も嬉しそう。

しかし公平(田中圭)は「この動画100万回いきそうな勢いだけど大丈夫?」とやや心配そう。

 

本会議中、智子の後ろの席に前田は座っていなかった。

隣に座る未亜から犬埼の伝言で、智子が謝らなければ前田が人前に出てこられない、ということを知らされる。

「政治家ってなんであんなに面倒なの?」と智子が藤堂に聞くが「相手が悪かったんですよ」と言われてしまう。

 

和美は会社に自社の産休制度の実態についてまとめた書類と転職届を提出した。

記者職への復帰を検討してもらえることになり、そうなった場合、公平が和美の娘を家で預かろうかという話が出ているという。

そんな中、佐藤家に犬埼から謎の荷物が届く。

 

荷物を開けると、中には犬埼の妻からの手紙があり、政治家は見た目にも気を遣ってください、と黒のヒールが入っていた。

智子は、950万のために悪くもないのに謝って犬埼派につくか、それとも悪いものは悪いって自分の気持ちを大事にするかで揺れていた。

 

智子は未亜と待ち合わせて犬埼派が集まる食事会に出向く。

智子が希望する教育子供委員会に入れてくれると犬埼は話す。

「その代わり週明けの本会議で謝罪するんだぞ?」と、智子の犬埼派への歓迎の乾杯を行うが、智子が乾杯しようとすると藤崎は「失礼します」とお店を出ていってしまう。

 

お店を出た藤崎は渡辺と名乗って電話をかけ、莉子を家に呼び出す。

「なんでかな、俺ね、気が滅入ると莉子ちゃんに会いたくなるんだよ」

莉子と普通に話していたはずの藤崎だったが「なんかその笑顔怪しいよ」と言われ、表情が固まる。

 

家に帰った智子は若宮から渡された書類をテーブルにぱっと置く。

書類を見た公平の説明の元、智子は《あおば西公園》を取り壊しそうとする動きがあることを知る。

その公園は駿平が産まれた場所の近くでエコー写真を公平と共に見た場所でもあった。

智子は公園が無くなることに反対している人の声を読み、考える。

 

朝になり、智子は実際にあおば西公園を訪れる。

するとそこには藤崎がいた。

「あなたなら良い政治家になるんじゃないかって思ったんです。良い政治家なら来るかなって思ったんです」と藤崎は言う。

その公園に子供と一緒にいたお母さんこそが、反対の声を書いた女性だった。

女性は中学時代にいじめられていて学校に行くふりをしてこの公園で時間を潰していた。

そしてこの公園で先生と一緒にお昼ご飯を食べていた。

「いじめは無くならないと思います。だからせめて逃げられる場所だけは無くさないで欲しいんです。この公園がなかったら私、多分この子(子供)にも会えなかったと思います」

 

実際に反対意見を聞いた智子はどうすればこの公園を守れるのかを考えるが、藤崎は他のたくさんの人が便利になる緑道を期待しているんですよ?と言ってくる。

一緒に守ろうとしたから直接話を聞いたんじゃなかったの?と聞く智子に「ただ、この事実を知って、あなたならどうするんだろうってそれが知りたかったのかな。政治家として、あなたならどうします?」と藤崎は問う。

 

本会議で公園の取り壊しの多数決が行われる。

智子は一泊間を開けて賛成に立ち上がり、藤崎もそれに倣う。

そして次に智子の発言の番になる。

智子が前に立ち「さっきの道の件なんですけど、」と話すと「おいおい謝罪してくれるんじゃないのかよ」と野次が飛び交う。

「たった1人のためにみんなが楽しみにしている道を切り捨てたくはないけど、たった1人でも大事だと思っていた公園を無くしちゃっていいの?って…」

「だったら反対じゃないのか」との声に対し、智子は正直に「そうしようかなーとも思ったんだけど…犬埼さんに逆らうと入りたかった委員会に入れてもらえなく…」と答えてしまう。

「公園を守る代わりにいじめを受けている子供の逃げ場になる場所を作るためにも教育子供委員会に入りたいんです。犬埼さん、やっぱり謝らないと教育子供委員会に入れてもらえませんかね?」

智子は「おかしくないですか?お前が入りたい委員会に入れてやるから前田議員は居眠りしてなかったて嘘つけよって。おかしいでしょ、嘘ついて得するとかって。正直者が損する世の中になっちゃうじゃないですか。私そんな世の中で子育てしたくないです。前田議員、居眠りしちゃダメですよ!以上!」

この発言に思わず犬埼、岡田、藤崎、河原田は笑ってしまう。

 

本会議後、犬埼は「姉ちゃん面白いな、気に入ったよ」と智子の肩を叩く。

 

 

【民衆の敵 2話ネタバレ】感想

 

【民衆の敵 2話ネタバレ】あらすじ&感想

 

何もわからない智子のおかげで政治家についてわかりやすく描かれていきますね。

それにしたってネット文化は怖いなあと思いました。

今回の智子が居眠り議員の頭を叩いた様子、これ現実であったら同じように拡散されていくだろうなあ、と。

実際に見ている政治家の方々はヒヤヒヤしながら観ているのでしょうか?

それとも楽しんでいるのでしょうか?

 

藤崎が莉子を部屋に呼ぶ時に偽名を使っていますが、いずれバレますよね。

「政治家だったの…名前も違うじゃない!嘘つき!」っていう展開がいずれやってきそうだなあと。

あの2人はこれからも客と従業員の関係なんでしょうか?

それともそこから一歩進むのでしょうか?

気になりますね。

 

今回は、公園を守りたい母親役に水川あさみがゲスト出演されていました。

Twitterにあがっていた3ショットが素敵ですね。

 

 

Sponsored Link



【民衆の敵 2話ネタバレ】まとめ

 

【民衆の敵 2話ネタバレ】あらすじ&感想

 

来週は誘拐犯の冤罪事件の話ですね。

それも市議会議員の仕事なのか?とすでに私は驚いているのですが…。

予告を見る限り、今回居眠り議員として騒ぎになった前田が智子に対抗しようとしていましたね。

有名人は批判中傷も多くなってしまいますから…大変だなあと思います。

来週も頑張れ智子!

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link