沢村賞2017発表!巨人菅野に呪い?メジャー移籍?菊池落選の理由?

 

2017年の沢村賞に巨人の菅野投手が初選出されましたね!

今年の活躍を思えば当然の受賞という声もありますが、下馬評では菊池雄星投手との同時選出説が根強くあったのも事実。

そして沢村賞といえば、気になるのは『沢村賞の呪い』。

ファンにはおなじみかも知れませんが、沢村賞を受賞した投手に降りかかる“ある不幸”がひそかに注目さており、早くも菅野投手の呪いについてネット上では色々と囁かれております(汗)。

で、今回は菅野投手の今後に的を絞り、沢村賞の呪いは降りかかるのか?このタイトルを手土産にメジャー移籍も?ライバル視されていた菊池雄星投手の落選理由は?などなど、盛りだくさんでお伝えしてまいります。

 

 

沢村賞2017発表!巨人菅野が初選出

 

沢村賞2017発表!巨人菅野に呪い?メジャー移籍?菊池落選の理由?

 

30日、2017年度の沢村賞選考会が都内で行われ、巨人・菅野智之投手(28)の初選出が発表されました。

沢村賞とは、日本プロ野球における特別賞のひとつで、戦前に剛速球投手として鳴らした沢村栄治投手の栄誉と功績を称えて創設された賞です。

毎年、その年に活躍した先発完投型投手に贈られる賞で、選考基準は「25試合以上の登板」「10試合以上の完投」「勝利数15勝以上」「勝率6割以上」「投球回数200イニング以上」「奪三振150個以上」「防御率2.50以下」の7項目。

菅野投手はこの中の5項目を満たしていて、「10試合以上の完投(菅野は6完投)」「投球回数200イニング以上(菅野は187.1回)」だけが未達成。

しかし、187回以上のイニングに登板しながらも、なんと防御率は1.59という鬼クオリティを支持され、文句ナシの満場一致と相なったワケであります。

 

 

沢村賞2017発表で巨人菅野に呪い?

 

沢村賞2017発表!巨人菅野に呪い?メジャー移籍?菊池落選の理由?

 

そんな中、ファンのあいだで心配されるのが『沢村賞の呪い』。

簡単に言いますと、沢村賞を受賞した投手は、その前後になにかしらの不幸に見舞われるという説。

縁起でもない話なのですが、21世紀に入ってからというもの、沢村賞受賞者には幾多の災難が降りかかっており・・・

例えば、
2001年の松坂大輔は免停中に起こした交通違反での身代わり出頭事件
2002年の上原浩治はひき逃げ
2007年のダルビッシュは離婚
2008年の岩隈久志は不倫疑惑
2009年の涌井秀章は交通事故
2010年と2015年の前田健太はエロ写メ要求スキャンダル
2011年と2013年の田中将大も交通事故

このように、事件や事故が目白押し!

それらのような事件を回避できた選手にも、受賞後の深刻な成績の低迷という問題が発生したりなど、なにかしらの『呪い』が(汗)。

沢村賞って不幸とセット受賞なの?なーんて思うぐらいであります。

そこで気になるのが、2017年選出発表の菅野智之。

今後どうなっちゃうの?何かやらかしちゃうの?100歩譲って来季の成績が低迷するの?なんてのが早くもネットの話題になる始末。

ただ、現実的な話をすると、今後の菅野について最も心配すべきは“メジャー移籍”ではないでしょうか。

 

 

Sponsored Link



沢村賞2017発表!巨人菅野にメジャー移籍は?

 

沢村賞2017発表!巨人菅野に呪い?メジャー移籍?菊池落選の理由?

 

21世紀以降、沢村賞受賞投手の約半数(のべ数なら半数以上)がメジャーリーグへ移籍しています。

そうなりますと、菅野投手にメジャー流出の影がないとは言い切れません。

そこで、菅野投手がメジャーに移籍する手段を調べてみますと、まずは移籍するために必要であるFA(フリーエージェント)宣言をする必要があります。

FAにも国内移籍用と海外移籍用の2条件ありますが、海外移籍用のお話をすると原則9シーズンの選手登録が必要に。

んで、菅野投手はいつ海外FAできるの?というと、あと3年半弱程度。

仮に移籍となれば、そのシーズン終了後となるため、実質的には最短でも2022年かと。

所属の巨人がそう簡単に手放すとは思えませんが、それでもすでにメジャーのスカウトから「現ドジャースの前田健太以上」という評価を得ていて、流出は時間の問題となりそう。

残念な気もしますが、メジャーの大舞台で活躍する姿も見てみたい!

そんなこともあり、今からメジャ-挑戦の発表が待ち遠しい・・・なんて思っちゃいますよね~

 

 

Sponsored Link



沢村賞2017発表!巨人菅野選出で菊池落選の理由は?

 

沢村賞2017発表!巨人菅野に呪い?メジャー移籍?菊池落選の理由?

 

この2017年度沢村賞の発表で注目されたのは、最有力候補である菅野智之と共に、西武ライオンズの菊池雄星投手(26)が同時選出されるのではないか?との噂。

選出予想の理由は、2017年度の菊池投手が16勝6敗で217奪三振、更には防御率1.97という素晴らしい成績で、1年を通して西武のエースとして活躍したことにあるようです。

で。いざフタを開けてみたら、菅野投手が満場一致で選出なモンですから、パリーグファンは荒れております(苦笑)。

菅野投手の選出理由に納得している人は多いと思いますが、いっぽうで菊池投手の落選理由に少々不明な点があるのも確か。

重箱の隅をつつくなら、勝利数・勝率・防御率の3つで菊池投手がやや劣っていた点が理由なのでしょうか・・・?

報道によると、一応議論にはなったようですが、それでも菅野投手の単独受賞が決定。

もうちょっと審査の内容に透明度が欲しいなあ~と思ってしまうのですけどねえ。

 

 

Sponsored Link



まとめ

 

2017年の沢村賞も発表され、いよいよストーブリーグに突入。

今年もあと2か月ほどですが、契約更改や移籍など大きな動きがありそうな気配。

菅野投手に呪いが降りかかるのかどうかも含め、今後も球界から目が離せませんね!

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link