【陸王 2話ネタバレ】あらすじ&感想

 

老舗足袋屋こはぜ屋は《陸王》という足袋の技術を使用したランニングシューズの開発に精を出す。

絋一(役所広司)は「今のこはぜ屋に必要なのは、実績と新しいソールだ」と話す。

そして新しいソールに最適な素材を坂本(風間俊介)が教えてくれていた。

繭の特殊加工技術で作ったシルクレイと呼ばれるその素材は、軽量で非常にランニングシューズのソール向きのものだった。

しかし特許を持っているその会社は2年前に倒産していることが分かる。

諦めない紘一たちは特許の持ち主である飯山(寺尾聰)を探し始めることになる。

 

 

【陸王 2話ネタバレ】あらすじ

 

【陸王 2話ネタバレ】あらすじ&感想

 

こはぜ屋は茂木(竹内涼真)に手紙を出していた。

茂木は手紙を読み、箱の中に入っていた陸王を手に取る。

「足袋屋が作ったランニングシューズ…いや、勘弁してほしいっすね」

茂木は平瀬(和田正人)にそう話す。

 

「支店が変わってもチーム陸王であることに変わりはありません」

そう話す坂本のお陰で紘一は飯山と直接取引ができることになる。

しかし飯山は「俺の特許を使うのは無理だ」と断る。

「年間で特許使用料は5000万円だ」という飯山に対し、坂本は銀行員らしく「売上の何%か、といったロイヤリティにしませんか?」と提案する。

飯山はそれも拒み「無理しないほうがいいぞ。会社が倒産するのは地獄だぞ」と言う。

 

茂木は新しいフォームになかなか慣れずにいた。

村野(市川右團次)は「少しソールを薄くしてみるか」と提案する。

その提案を受けて茂木は陸王のことを思い出す。

 

しかし村野のソールを薄くするアイディアはアトランティスが売り出しているスニーカーとは真逆のものだった。

そのため小原(ピエール瀧)と佐山(小藪千豊)は渋い顔をする。

 

スポーツショップの有村(光石研)は、自分の直感だけではなく、シルクレイの素材を大学の教授に頼んで調べてもらっていた。

その結果、有村の予想をはるかに上回る形でシルクレイの素材は良く、シルクレイ以上の素材は無い、と有村は断言する。

その言葉に紘一も腹を括る。

 

紘一が飯山の元を訪ねると、何者かが飯山に交渉している場面を目撃してしまう。

飯山の妻・素子(キムラ緑子)に「契約の話は?」と聞かれ、飯山は「年間5千万決まった」と話す。

その会社シカゴケミカルは全米ナンバーワンの外資系の会社で今月中に契約をしたいという話になっている。

 

茜(上白石萌音)は大地(山崎賢人)の部屋に勉強を教わりに行く。

すると大地が居酒屋チェーンのエントリーシートを書いているところを見つけてしまう。

「工学部出たのに、いいの?」と聞く茜に誤魔化して逃げる大地。

 

紘一は飯山の元を再度訪ね「うちの会社見にきませんか?」と聞く。

大地との会話で思いついた方法、会社を信用してもらうためにも一度見にきてほしい、と。

シカゴケミカルの方は見に行ったのか?と紘一が聞くが「あちらさんはな、俺の特許に大金を出してくれるって言うんだよ。それで十分じゃ無いか」と返される。

 

茂木は佐山に呼び出されアトランティスのスポンサーから外す、という話をされる。

将来有望な選手のみに約束されるスポンサー枠を、故障している選手には使わせることができないという内容だった。

1人ロッカールームでアトランティス社のスニーカーを投げ飛ばす茂木。

その後、こはぜ屋からの手紙を手に取るが、すぐに思い直す。

 

一方で小原は毛塚(佐野岳)を食事に連れて行き「アトランティス社はあなたのためならなんだってしますから」と伝える。

 

素子は契約会社からなかなか連絡がこないことを気にしていたが飯山は特に気にしていない。

そこへ家まで紘一が訪ねて行き「一度だけでいいから見にきてほしい」とお願いをする。

飯山は一旦は追い返すが、紘一が4代目であることを聞き「ちょっとだけだぞ」と会社を見に行くことを了承する。

 

とうとう飯山がこはぜ屋に見学に来る日になる。

突然壊れたミシンや古いミシンについても飯山は「もしかしてこれは…」と手を貸し、職人魂を見せる。

その様子を大地は陰から見ていた。

紘一は最後に陸王の失敗作の山を見せる。

「私は飯山さんを信用します。飯山さん、もう一度シルクレイの特許を使わせてもらうことを考え直してもらえないでしょうか?」紘一は深く頭をさげる。

「あなたのシルクレイを陸王に使わせてください」

飯山は「あんたらが思っていたより良い仕事をすることがわかった。だがそれとこれとは話が別だ。背に腹は変えられねぇ。悪いがせいぜい頑張ってくれ」とこはぜ屋を後にする。

 

茂木は毛塚に負けたく無い一心で無理に練習をしてしまい城戸(音尾琢真)に止められる。

「レースにも出られないくせにお前何様のつもりだ?怪我したの誰かのせいか?違う、全部自分自身のせいだ。もう終わりさ」と城戸はきつく茂木に言う。

「でもな、そこから這い上がる方法が1つある。村野さんが言っているミッドフィット着地だ。それができなきゃ本当にお前はもう終わりだ。這い上がれ、茂木!」

 

大地はその夜「あのおっさんはさ、嬉しかったんじゃない?親父に必要とされて。誰からも必要とされないのは結構きついよ」と紘一に話す。

 

飯山の元にシカゴケミカルから電話がかかって来る。

「一度倒産した会社は信用できないと…今回の件はなかったことにしてもらえませんか」

シルクレイの特許の件を正式に断られ、落ち込む飯山の元に紘一から電話がかかって来る。

「今回のことは残念ですが…飯山さんが成功させたように私も陸王を成功させます。井山さんは私の目標です」

「あんた…本当にしつこい奴だな」

 

茂木はロッカールームで城戸と村野の言葉を思い出していた。

そして陸王に目を留め、実際に試しに履いて走り始める。

茂木の顔に久しぶりに笑顔が戻る。

 

飯山は紘一を車に乗せ、シルクレイの製造機を見せる。

「特別に格安で貸してやるよ。シルクレイの特許、あんたに使ってもらうことにした」

飯山はシカゴケミカルに見放されたことも紘一に話し「俺のシルクレイを生かせるのはあんたらしかいないんだよ。だが1つだけ条件があるんだ。俺も、あんたのプロジェクトに参加させてくれ」と話す。

紘一は涙ながらに笑顔で「はい」と頷く。

 

 

【陸王 2話ネタバレ】感想

 

【陸王 2話ネタバレ】あらすじ&感想

 

今回はタイトルにも書きましたが主に2点動きがありました。

 

1点目はシルクレイの特許問題。

同じ作者だからと分かってはいるものの「会社を見に来ませんか?」のくだりでは思わず下町ロケットだ!と1人で口に出してしまいました。笑

そして異動になった坂本がまだ協力してくれているのが嬉しいですね。

いやー…坂本は非常にこはぜ屋にとって重要人物ですよ。

飯山からの最後の条件も良かったですね。

今後、飯山からのアイディアでどう陸王が改良されていくのか楽しみです。

 

もう1点は茂木のスポンサー切りと陸王デビューですね。

先週は最後にちょっとしか出なかった和田正人演じる平瀬が出て来るようになって来て、個人的にはすごく嬉しいです。笑

ようやく茂木に履かれた陸王、来週からの展開が楽しみですね。

 

あと大地と茜の兄妹がとっても可愛くて癒されます〜!

 

 

Sponsored Link



【陸王 2話ネタバレ】まとめ

 

【陸王 2話ネタバレ】あらすじ&感想

 

「私たちにあなたのサポートをさせてください」

来週はとうとう紘一が茂木に直接話をしていました!

名前が知られていない老舗足袋屋が茂木にそんな話をしていると知ったらアトランティス(主にピエール瀧ですね。笑)がどんな顔をするのか…見ものですねえ。

大地の就活話も一体いつまでかかるのでしょうか。

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link