タバコ、2018年増税!理由はアイコス?いつから値上げで値段は?

 

タバコがまたもや増税のターゲットになりましたね!

25日付の報道によると、財務省が2018年度のタバコ増税を検討しており、その中には「アイコス」「グロー」「プルーム・テック」などの加熱式タバコも含まれているとのこと。

タバコを愛する人たちにとってはまたもや世知辛い世の中になりますが、はたして増税はいつから適用するのでしょう?

はたまた値段や、増税の理由についても知っておきたいところ。

そんな気になる情報を集め、まとめてみました。

 

 

タバコが2018年に増税!

 

タバコ、2018年増税!理由はアイコス?いつから値上げで値段は?

 

なにかにつけて増税の対象となっているタバコ。

これまでも値上げのオンパレードだったタバコが、2018年度税制改正でまた増税を検討していることが判明しました。

財務省といえば、税収を増やして国の家計簿を正常化するのが主なお仕事。

それだけに、今度のタバコ増税もニヤニヤしながら進めているのかも知れません(苦笑)。

世界的な嫌煙傾向の高まりから、タバコは増税に理解を得やすいアイテム。

日本よりタバコに厳しい国はいくつもありますが、たとえばオーストラリアなんて住宅地・公園・レストランやパブ、更にはビーチでも吸ってはいけません。

喫煙場所の数自体が希少というだけでなく、値段も1箱25本入りで2000円程度。

日本もこのまま行くと、オーストラリアを追随する状況になるんじゃないかな~?なんて。

そんな中、タバコ増税の理由がアイコスなどの加熱式タバコにあるのではないか?という説も。

そこで、なぜ加熱式タバコが戦犯扱いされているのか?その理由をお話いたします。

 

 

タバコが2018年に増税する理由はアイコス?

 

タバコ、2018年増税!理由はアイコス?いつから値上げで値段は?

 

タバコが増税になるという報道で、にわかに“理由”と囁かれているのが、アイコスをはじめとする加熱式タバコ。

その前にお話しておかなければならないのは、2018年度の税制改正では普通のタバコだけでなく加熱式タバコも増税の対象となる可能性が高いという点。

では、なぜ今ごろになって加熱式タバコも増税しようとしているのか?

実は、加熱式タバコの登場で、既存の紙巻きタバコからの乗り換えが続出!

その結果、タバコ税収が極端に落ち込むという事態に陥りました。

一部報道では、平成29年度のタバコ税収が前年比で500億円以上もの減収になる・・・なんて話もあったぐらい。

そもそも、加熱式タバコは税法上「パイプたばこ」に分類され、紙巻きタバコより大幅に税額が安いのです。

つまり、加熱式タバコが流行し、これまでの紙巻きタバコが売れなくなればなるほど、国は困ってしまうんですね。

だからこそ、『2018年の改正では加熱タバコも増税しちゃる!』ってワケです。

これまで、さんざん値上げしてきたタバコ。

それでも来年また増税する理由が本当にアイコスだとしたら、愛煙家は踏んだり蹴ったりですよねえ・・・(汗)

 

 

Sponsored Link



タバコ増税!2018年のいつから値上げで値段は?

 

タバコ、2018年増税!理由はアイコス?いつから値上げで値段は?

 

じゃあ、タバコの増税でいつから値上げになるの?って話です

値段も気になりますし、増税はいつから適用となるのでしょうか。

これまで申し上げたとおり、検討しているのは2018年の税制改正にて。

そもそも、今回タバコを増税する理由のひとつに、“消費税を10%に上げる際に発生する税収減”があると言われています。

10%と同時に施行される軽減税率により、飲食料品などの税率が8%に据え置き!

そこで1兆円近い減収となってしまうため、タバコから取っちゃえ!的な理由もあるんですね。

その消費税導入の予定が2019年10月。

延期の可能性も噂されてはいますが、もし予定通りならタバコ増税も同タイミングかな~と。

増税の名目が「軽減税率のせいで減収だから」ですから、消費税導入より大幅に早く値上げされる可能性は低いと思われます。

軽減税率導入と同タイミングでないと、国民の理解は得られないでしょうからね。

そして、愛煙家にとって最大の問題は値上げ幅。

「ぶっちゃけ、値段はいくらになるの?」ってことです。

具体的な検討はこれからでしょうが、仮に前回増税時と同じように1本あたり3.5円程度の増税なら、メーカーの便乗値上げと合計で1本あたり5円ほどでしょうか。

えーと、計算すると・・・1箱で約100円値上げ!(汗)

いやはや、タバコ1000円時代の足音がヒタヒタと聞こえてくる今日この頃であります。

 

 

Sponsored Link



まとめ

 

今回のタバコ増税報道で、またも値上げに愛煙家の怒り爆発!かと思いきや、同意する嫌煙家の声のほうが断然大きいという現実。

タバコを吸う層が完全にマイノリティだということを改めて感じさせる増税報道でしたね。

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link