ビットコインとは?仕組みを分かりやすく簡単説明!暴落が危険!

 

ビットコイン・・・皆さん、名前くらいは聞いたことがあると思います。

しかし、実際にどんなものなのか、イマイチよく分からないという人が多いのではないでしょうか?

ざっくりと電子マネーっぽい物と理解している人も、ビットコインの高騰や暴落という噂を聞くと、「なんでお金が暴落するの?」と疑問に思うことでしょう。

そこで今回はビットコインの仕組みについてご説します。

 

 

ビットコインとは何?

 

ビットコインとは?仕組みを分かりやすく簡単説明!暴落が危険!

 

難しい説明を抜きにしていうと、ビットコインは実際のお金の変わりに使える仮想通貨です。

仮想通貨と呼ばれるのは、ビットコインには紙幣や硬貨が存在せず、すべてウェブ上で取引されるからです。

まだまだ取引規模は小さいのですが、一部のサービスではその代金の支払いにビットコインが使えるようになっています。

また、国や企業が管理していない点も特徴的で、ある意味公平な通貨と言えます。

しかし国も企業も管理していないなんて、不思議ですよねー。

なんでも、高度なプログラムによって取引されているとのことです。

ちなみに、ビットコインを最初に考えたサトシ・ナカモトと名乗る人物も、どこの誰なのか、それが本名なのかすら分かっていないそうです。

ますます不思議ですね^^;

 

 

ビットコインとは?仕組みを分かりやすく簡単説明!

 

ビットコインとは?仕組みを分かりやすく簡単説明!暴落が危険!

 

代金の決済等に使われるビットコインですが、無制限に発行されている訳ではありません。

むしろその総量はあまり増えていないのです。

また、ビットコインを扱うには新規発行分のビットコインを入手するか、取引所と呼ばれるところで円やドルなどの現実通貨と交換する必要があります。

ここまでは電子マネーを購入する時と似ているのですが、大きく異なるのは、ビットコインの価値が上下することです。

価値が上下してある程度総量が決まっているという点は株に似ています。

つまり、電子マネーのように代金の決済として使用できると同時に、株のように取引することで儲けたり損したりもするのです。

 

Sponsored Link



ビットコインとは?中国当局が取引停止規制!暴落の危険!

 

ビットコインとは?仕組みを分かりやすく簡単説明!暴落が危険!

 

実際のところ、ビットコインの価値はこれまで上り続けてきました。

前述のように国や企業が管理しておらず、発案者もよく分からない仮想通貨なので、「怪しい」「信用できない」等の声も多かったのですが、それでも価値は上り続け、特に中国では非常によく取引されていました。

ところが・・・9月14日、中国のビットコイン取引所「ビットコイン中国」が、9月30日をもってビットコインの取引を停止すると発表したのです。

金融秩序を乱しているとして中国政府が規制に乗り出したのです。

この発表を受けてビットコイン相場は大混乱に陥ったようで、ビットコインの価値が一気に30%も下がりました。

上のチャートはビットコインの値動きを示していますが、右端の下降線になっているところが、問題の発表があった日です。

たしかに急落していますね。

ということは、当然ながら大損した人が沢山いたことでしょう。

んー、こういったユーザー保護に関する運用ルールはまだまだ整備されていなかったようですね。

 

Sponsored Link



まとめ

 

電子マネーのようであり、株のようでもある。。。

しかも開発や管理の実態がよく分からないままその価値だけが高騰していったビットコイン。

いつかは暴落すると言われてきましたが、14日のビットコイン中国の発表により混乱が生じてしまいました。

取引量の多かった中国が規制を始めたことで、今後ビットコインのサービス事態がどうなっていくのか、少し心配ですね。

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link