【ウチの夫は仕事ができない 10話ネタバレ】あらすじ&感想

 

3月。

予定日まで残り3週間となった小林家。

 

司(錦戸亮)は大手の四ツ谷自動車から社内の家族イベント『しいたけ狩り』の仕事を貰った。

沙也加(松岡茉優)からのアドバイスもあり、司はイベントに参加する人配布する冊子作りに取り組む。

 

【ウチの夫は仕事ができない 10話ネタバレ】あらすじ

 

【ウチの夫は仕事ができない 10話ネタバレ】あらすじ&感想

 

司の努力の結果、イベントは無事に成功する。

黒川(壇蜜)と土方(佐藤隆太)は「あいつにとってオリンピックプロジェクトもしいたけ狩りも同じなんですね。仕事に大きいも小さいもないんですね」と司を誇らしい目で見ていた。

 

「明日なんだけどさ、両親学級の前にどこか出かけない?」と司に誘われ、沙也加は2人で公園に出かける。

「デートみたい」と話す沙也加に、「これからしばらく2人でデートできないから」と言う司。

司の心遣いに沙也加はとても幸せな気持ちになる。

 

両親学級の帰り、急にあかり(イモトアヤコ)の陣痛が始まる。

6時間後、あかりから元気な男の子が産まれたと連絡が入る。

《次は沙也加ちゃんだよ》というメッセージを見て、気合が入る沙也加。

 

翌日、司が会社に行くと四ツ谷自動車の担当者が会いに来ていて、前回のイベントの成功もあり、役員からの指名でアジアモーターショーの仕事を依頼される。

大きな仕事の発注で部署内は盛り上がる。

 

その日、帰宅後に沙也加から「赤ちゃんさ、予定日当日に産まれるとは限らないでしょ」と話され、出産の立会いを希望している司は「でもちょっとくらいずれても大丈夫だよ。予定日の前後で休み取ってるから」と沙也加に言葉をかける。

沙也加の母も北海道から来てくれることになっているものの、仕事の都合上、予定日の前日からしか来られないことになっていた。

「でもね、それでもね、万が一大事なお仕事と重なっちゃった場合、仕事を優先して欲しいの。そりゃ、命に関わる様なことがあったらね、お願いしちゃうかもしれないけど。でも、よっぽどのことがない限りは一人で頑張れるから。だから、心配しないでお仕事頑張ってください」と沙也加は伝え、お互いに「頑張ろうね」と言い合う。

 

四ツ谷自動車の役員へのプレゼン当日、入院グッズを準備していた沙也加は突然お腹が痛くなり始めてしまう。

司は社内を出る前に携帯を見て一瞬固まる。

土方に「どうかしたか?」と聞かれ「なんでもないです。行って来ます」とプレゼン会場へと向かうが、そんな司の様子を土方は心配そうに見ていた。

 

田所(藪宏太)の元にみどり(江口のりこ)から連絡が入る。

「小林さんの奥さんなんですけど、破水して病院に運ばれたみたいで…予定日より早いから心配って…」と話す田所に土方は「あのバカ…!」と走り出す。

 

司は沙也加から《つかポン、破水した。病院行きます。一応知らせるけど大丈夫だから。私も頑張る。赤ちゃんもきっと頑張ってくれる。だからつかポンも頑張ってね》という連絡を貰っていた。

沙也加のことを気にしながら歩く司に「小林!」と土方の声がかかる。

振り向くと、そこには同じ部署の人たちが走って向かって来ていた。

「どうしたんですか」

「どうしたんですかって、お前奥さん大変じゃないか。今すぐ病院行け」

「でも、仕事があります」

「バカ!そういう時は人に振るんだ!せめて言えよ。なんで黙ってるんだよ。こんなにいるんだよ、うちの部には。お前のことを心配している人間が!これだけいたらどうにでもなる。そんなことも分かんないなんて本当に仕事できないやつだな」

そう言って笑う土方の「行ってこい」に「はい!」と返事し、駆け出す司。

 

司が病院に到着すると、すでに赤ちゃんは産まれていた。

「ごめんね、一番大事な時にそばにいてあげられなくて」

「つかポン、泣かないで、笑って。無事に産まれて来てくれました」

司は赤ちゃんの顔を見て「小林歩(あゆむ)くんだよ」と名前をつける。

 

病室に赤ちゃんを見に来た、田所とみどり。

みどりが赤ちゃんに夢中になっていると田所が「ドリー、ドリー、」と声をかける。

「何?」と振り向くみどりに「ドリー、俺と結婚してください」とプロポーズをする田所。

みどりは最初驚いていたものの、大喜びし、司と沙也加もおめでとう!とお祝いする。

 

司がいなかったものの、無事に四ツ谷自動車へのプレゼンは成功していた。

しかし、プレゼンをした2人のことを先方が気に入り、そのまま2人が仕事を引き継ぐことになってしまう。

「お二人ならきっとうまく行くと思います。よろしくお願いします!」と明るく声をかける司を見た土方は黒川に指示を出す。

すると「小林さん、第一制作部、みんなからのお祝いです!」と部署の皆が集まり、司はプレゼントを受け取る。

 

最後まで社内に残っていた司に「小林、一杯どうだ」と土方が缶ビールを手渡す。

「あの時、お前の子供が産まれる時、俺は行けって言ってよかったんだよな?」

「はい!僕は僕で、今できる仕事を頑張ります!」

そう笑う司を見た土方は心からほっとした様な顔を浮かべる。

「…実はな、俺も子供ができたんだ」と打ち明けた土方は「難しいものだな。仕事と家庭、男がどっちも大事にするっていうのは」と話す。

 

退院した沙也加と歩が家に戻ると、司が赤ちゃんの来る準備を全て整えていた。

司は「なんでもやるから」と沙也加に宣言。

実際言葉通りなんでもやる司だったが、仕事前に洗濯したり、お昼休みにわざわざ家に帰って来て沐浴をするのを見た沙也加は「つかポンさ、お仕事の方は大丈夫なのかな?」と恐る恐る尋ねる。

沙也加は嬉しいものの、司は本当はもっと仕事をしたいのではないか、と思っていた。

みどりにその本心を打ち明けると「それならそれでちゃんと司は言うんじゃない?沙也加さんと司の間柄なら」と言われ、少し落ち着きを取り戻す。

 

夜、司が隣で寝ていないことに気がついた沙也加が静かにリビングに行くと、テーブルで仕事をしている司の姿があった。

そのまま司は疲れてテーブルに突っ伏して眠ってしまう。

眠る司の方にブランケットをかけた沙也加だったが、司が紙に《企画 男ってつらいよ》と書いているのを発見し、やっぱり無理をさせてしまっている、と考え込む。

 

「やりたい仕事を我慢してまで頑張らなくていいよ」と伝える沙也加。

「私、見ちゃったんだ。つかポンの男ってつらいよ、っていう企画書…」

「見ちゃったってどこまで?」

「表紙だけ」

「そっか。今度ね、その講座を開くことになったんだ。土曜日。サーヤも来てくれる?」

「行きたいけど、歩くんいるからやめとこっかな」

「大丈夫、託児サービスも用意してる」

 

講座当日、講義をしてくれる先生が乗っていた飛行機がエンジントラブルで引き返してしまい、先生不在になってしまう。

報告を受けた土方は「お前が自分の言葉で話してこい」と司に話す。

 

沙也加が講座会場に行くと、周りは全員男性だった。

不安になる沙也加だったが、そんな時、壇上に司が現れる。

講義の先生が来れないと知った会場はザワザワし出し、席を立とうとする人が続出する。

司は拙い言葉ながらも「僕に少し時間をください」と話し始める。

 

集まっていた男性たちは全員仕事も子供も持っている人たちばかりだった。

そんな男性たちの仕事と家庭の板挟みになる悩みを話しながら、司は先生との何回も重ねた打ち合わせでの成果を発揮する。

 

「僕たちはこれから一生、子を思い、心配し、愛し続ける。だけど、この腕の中で膝の上で、子をぎゅっと抱きしめられる時間は、とても、とても短い」

 

「仕事は大切です。生きて行く場面で必要です。だけど、私たちは、親になって知ったはずです。自分の命より大切な存在がこの世にあることを」

 

「子を育てるということは、未来を育てるということなんです。たった一度しかない人生をちょっと立ち止まって考えて見てもいいんじゃないかなと」

 

「私の妻は心配しています。私が本当は仕事を頑張りたいのに無理をしているんじゃないかなって。僕は、妻がいたから、妻の助けがあって、仕事を頑張れました。だけど、そうなって初めて、僕は、仕事より大切なものに気がついてしまったんです。仕事は、楽しいです。もちろん頑張りたいと思っています。だけどどうしても人生の中で仕事が一番に来ないんですよね。どうしても、どうしても、家族が一番に来てしまうんです。社会人として誰かの役に立ちたい、それも本音です。だけどやっぱり家族が一番で。仕事を一番に考えられない人間はもしかしたら社会ではできない人と呼ばれてしまうのかもしれません。だとしたら、僕は胸を張って妻に言います。僕は、仕事ができません」

 

司のスピーチに、会場中は大きな拍手に包まれる。

 

夏、田所とみどりの結婚式が行われた。

第一制作部が会場中の多幸を願い、踊ることに!

 

 

【ウチの夫は仕事ができない 10話ネタバレ】感想

 

【ウチの夫は仕事ができない 10話ネタバレ】あらすじ&感想

 

ラストの錦戸亮の長台詞が凄かったですね…!

なんと台本にして10ページ、12分間、それを長回しでの撮影だそうです。

司のスピーチは、沙也加へのラブレターでしたね。

とても素敵な終わり方だったかなと思います。

 

そして最後は田所とみどりも無事にくっついて一安心でした!笑

 

 

Sponsored Link



【ウチの夫は仕事ができない 10話ネタバレ】まとめ

 

毎週毎週、とっても可愛さと優しさとお互いへの思いやりが溢れる夫婦を観て癒されていました。

夫も妻もとにかく可愛すぎて可愛すぎて。

「歩くんもいつか結婚する時が来るんだね」という沙也加に対しての司の台詞!

「サーヤみたいな奥さんだといいな」というのが素敵すぎました。

本当に毎週とっても楽しみにしていたので終わってしまったのが悲しいです。

 

松岡茉優は秋ドラマで《コウノドリ》にも出演しますので要チェックですね!

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

オススメ!  【刑事ゆがみ 5話ネタバレ】あらすじ&感想 ついに明かされるヒズミが喋れなくなった過去!寄生する、誘拐事件の犯人は誰だ?
オススメ!  愛あるで福士蒼汰がかっこいい!人気のショート髪型とセット方法
オススメ!  【過保護のカホコ  5話ネタバレ】あらすじ&感想 パパの家出、糸の補導、初の過去、カホコの脱過保護宣言!
オススメ!  ドラマCRISISで小栗旬、SP金城監督の長年の構想から起用!
オススメ!  小出恵介の現在の姿!紗栄子のせいでこうなった?ほのりは終了?

 

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link