不倫関係認めた理由:フラッシュの斉藤由貴と医師のキス写真画像

 

これまで、「一線は越えていない」と釈明してきた斉藤由貴。

フラッシュが報じた医師とのW不倫について、医師である男性側が関係を認める事を情報番組で認め、後追いする形で斉藤由貴も不倫関係を認めるとの表明を行いました。

 

不倫を報じられた当初は、斉藤由貴も医師もその関係を否定していたのは記憶にあたらしいところですね。

医師側はコメントすることすら「ばかばかしい」といった感じの態度でしたものね。

しかし、ここにきてまさにその態度が一転。

その関係を認めました。

一体何があったのでしょうね。

どういった理由でこれまで不倫関係にあることを否定していたのか・・

そして、今回それを認めることにした理由はなんなのか・・・

この記事では、そういった変化について迫ってみたいと思います

 

 

斉藤由貴と男性医師がフラッシュキス写真から不倫関係を認めた!

 

不倫関係認めた理由:フラッシュの斉藤由貴と医師のキス写真画像

 

2017年9月11日、男性医師が「スッキリ」にVTRで出演し、斉藤由貴と不倫関係にあったことを認めました。

男性医師側から「真相を語りたい」と接触があったことで、「スッキリ」へのVTR出演に繋がったようです。

出会いは診察に来た7年前で、不倫関係になったのは5年前からと告白。

男性医師からすると、斉藤由貴はアイドル時代からのファンであり、憧れ。女優と母親を両立する姿に賛同し、惹かれた、と語っていました。

ただ、一線を越えた理由としては、「欲ではなかった気がする。言葉で語れるものではない」と表現していました。

これって・・・深い愛があった・・ということなんですかね・・・?

 

そして、斉藤由貴側は、マスコミ向けの文書にて男性医師と不倫関係にあったことを認めました。

8月3日の会見の際には「一線は越えていない」と話していた斉藤由貴でしたが、結果的には不倫関係にあったということですね・・・

3日の会見で真実を話せなかった理由とも取れる内容が不倫を認めるマスコミ向けの文書にも記載されていました。

その理由の部分とは・・・・

「本当のことをお話しできず、誠に申し訳ありませんでした。子供たちが目にすることを考えると、あの公の場で何もかもお伝えすることは、私にはどうしても出来ませんでした」

ということです。

男性医師とは

「女優としても、女性としても、頼りすぎていました。でも、もう、終わりにしました」

ということのようです。

 

なぜ、最初に言わなかったんでしょうね・・・昨今の不倫に関する報道を見る限り、後々真実が発覚すると相当なダメージを受けることは分かっていたはずですが・・・

やはり、その時は真実を伝えられない大きな理由が・・存在したのかもしれませんね。

 

 

不倫関係を認めた理由とは!?斉藤由貴のフラッシュキス写真画像?

 

不倫関係認めた理由:フラッシュの斉藤由貴と医師のキス写真画像

 

このタイミングで、改めて真実を語り不倫関係にあったことを伝えた理由って何なんでしょうね・・・?

率直に言うと・・・

やっぱり逃げ切れない・・

と思ったのが最終的な理由なのではないでしょうか・・・

 


男性医師も不倫を認めた理由を語っていました。

守ってあげたかったけど、これ以上は守れない・・・と。

当初は斉藤由貴のことを守ろうと、一緒に嘘をついていたということでしょうね。

しかし、これだけ証拠が出てくると、もはや言い逃れ出来ない・・・ということでしょうね。

男性医師にも奥様がいてお子様がいるはずです。

やはり。。良心が傷んだのでしょう・・そういった理由なんだと私は感じました。

不倫って幸せになれない・・・

 

フラッシュが報じたキス写真画像の影響はとても大きかったんだと思います。

また、今後もフラッシュがキス写真等の写真画像を掲載する可能性も報じられており、今後のフラッシュの動向も気になります。

 

 

Sponsored Link



まとめ

 

世の中からは不倫は無くならないんでしょうね・・

しかし、それらの不倫から幸せが実ることは・・とても少ないのだと思います。

その理由は、言わずもがな・・・ですね。

不倫は誰かを裏切ることになります。そして裏切らせることにも繋がります。

結局幸せにはなれない・・・ということですね。

それでも・・・不倫は無くならないんでしょうね・・・

人それぞれに、不倫をする理由があるということなんでしょうかね?

関係する皆さんに幸せが訪れることを願います!

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link