【ウチの夫は仕事ができない 9話ネタバレ】あらすじ&感想

 

司(錦戸亮)が社長賞を貰ってから3ヵ月後。

すっかり仕事ができる男になった司は忙しくなり、沙也加(松岡茉優)と一緒に夕飯を食べることも少なくなった。

 

【ウチの夫は仕事ができない 9話ネタバレ】あらすじ

 

【ウチの夫は仕事ができない 9話ネタバレ】あらすじ&感想

 

田所(藪宏太)と社内報の取材を受けた司だったが、写真撮影をしていた社報課の宝田が以前、同姓同名の小林司と写真を間違えた男性だった。

司は「ああいう人って何を楽しみに仕事しているんだろうね」なんて言うようになった。

 

土方(佐藤隆太)と黒川(壇蜜)は司の成長ぶりを褒めるものの、黒川は「変わらないのはあいつの良いとこだと思ってたんですけどね」と呟く。

 

司はパリで開催される和食フェスティバルの仕事に携わっており、それが成功すればパリオリンピックプロジェクトのリーダーになれる可能性が高い。

 

沙也加は「今日の出来事を久しぶりに聞きたいなあって思ったの」と夕飯を食べている司に話しかけるが「長くなるからまた今度でいい?」と言われてしまう。

寂しいけどしょうがない、と自分に言い聞かせる沙也加。

 

あかり(イモトアヤコ)のもんじゃ屋さんで、お弁当が夫婦のコミュニケーションであることを話し皆に写真を見せる沙也加だったが「無理すると必ず爆発するから」と言われる。

 

社内報のゲラが届き、中身を確認すると、また同姓同名の小林司と写真が入れ替わっていた。

「今直してもらえれば、ここで待ってるんですぐに確認しちゃいます」と司が社報課の宝田の元を尋ねると「あと5分で定時なので明日やります。仕事より大切なことがあるんで」と言われてしまう。

 

和食フェスティバルの主催者のフランス人から、色んな魚を捌いて動画を載せている日本人がフランス人に大人気であることを聞く。

この人を呼べば成功間違いなしだが、どこの誰かも分からない。

司も聞き込みとネットで探し回るが有益な情報は得られなかった。

そんな時、宝田が直した社内報を持ってやってくる。

司が見ていた動画を眺めている宝田に「どうかしましたか?」と尋ねると「僕も応援してるんです。吉田くんの動画でしょ?うちの元社員ですよ」と教えてもらう。

 

吉田(塚地武雅)に会った司は、最初出演を断られてしまう。

しかし、宝田が直接吉田に頼んだようで出演を決意してくれていた。

「宝田さんに恩返しがしたかったから」と語る吉田。

主催者の読み通り、フランスのテレビ放送に出演した際には爆発的な人気を呼んだ。

 

社長に呼ばれ、特別応接室に行った司は「小林くん、今期の社長賞も君だ」と初めて2期連続での社長賞を言い渡される。

社長賞の理由が、吉田を起用したフランスのテレビ番組の成功だと知った司は、宝田のお陰であることを伝えようとするが「君の人望だから出来たことだ」と喜ばれ、何も言えない。

 

病院でエコーを診た沙也加は両親学級という初めての赤ちゃんを迎えるにあたって色々教えてくれる場への参加を勧められる。

司の帰宅後に、一緒に行こうねと誘うが断られてしまう。

さらに、お弁当がそのまま残っていることを沙也加は発見してしまう。

「急にランチミーティングが入っちゃって…最近食べれる時間取れないし、お昼申し訳ないからお弁当しばらく大丈夫だよ」と司は言い、仕事の電話をするために別の部屋へ行ってしまう。

沙也加は司の前では笑顔を見せたものの、泣きながら作ったお弁当を生ゴミに捨てる。

 

翌朝、司が起きると家の中に沙也加の姿がなく、テーブルの上には朝ごはんと《しばらくひとりになりたいです》と書かれたメモが置かれてあった。

沙也加は、あかりの店に行く。

「仕事頑張ってるの分かってるの。でも寂しいし、悲しいし、そう思っちゃう自分が一番嫌で。応援しなきゃって思ってるのに…なんでこんなに辛いんだろう…」

 

もんじゃ屋に沙也加がいるか聞きにきた司は沙也加を外に連れ出す。

「思ってることあるなら言ってくれれば良かっただろ」と、言う司。

お弁当は悪かったけど仕事頑張ってるんだから分かってくれても…と話す司に「つかポン変わったよ。私の好きだったつかポンどこに行っちゃったの?今のつかポンと話しても意味ないよ」と沙也加はその場を後にする。

 

家で一人で過ごしていた司の元に沙也加が作ったポトフを持ってあかりが訪ねてくる。

「心配してるんですよ。カップラーメンばっかり食べてないかって」

 

司は散歩をしている際に少年野球のコーチをやる宝田の姿を発見する。

「宝田さんの手柄なんですけど…」と社長賞を取ったことを打ち明けると「気にしないでください。私はたまたま仕事より大事なものがあるってだけです」と返される。

 

帰宅後、飾ってあるエコー写真に気が付いた司は「いつからあったんだろ」と呟く。

沙也加の作ったポトフを食べようとスプーンを取り出すために台所の棚を開けると沙也加が作っていたお弁当記録が入っていた。

沙也加が司の仕事のことを考えて作られていたのが分かる、その記録を見て司は涙を流す。

 

沙也加を迎えにもんじゃ屋に行くと、ちょうど入れ違いになっていた。

久しぶりに家で二人で話す。

「私ね、よく考えたんだけど、やっぱりどんなことがあっても家出するのは良くなかったなと反省してます」

「サーヤがいなくてさ、すごい、寂しかった。よく考えたらさ、最近笑うことも少なかったし、サーヤとろくに話もしてなかった。今日の出来事なんだけどさ、社長賞断ってきた。大きなプロジェクトのリーダーもなりそうだったけど辞退してきた」

社報課の宝田さんの人望を奪うような真似はやはり出来ないと司は土方に話していた。

「皆から頼られて嬉しくて。でもそれが僕が一番欲しいものなのかって。一生かけて守っていきたいものなのかって。僕が一番大事なのはサーヤだよ。僕が一生かけて守っていきたいのはサーヤとお腹の子だよ。家族だから。ごめんね、ほんと。気づくの遅いよね。家族の幸せが僕の幸せだから」

「ありがとう」

 

ウチの夫は仕事ができないのかもしれない、でも世界で一番大事な人だ。

 

【ウチの夫は仕事ができない 9話ネタバレ】感想

 

【ウチの夫は仕事ができない 9話ネタバレ】あらすじ&感想

 

涙が止まらない1時間でした。

特に、沙也加が自分の作ったお弁当の中身を捨てるところは胸が苦しくて仕方がなかったです…。

本当になんて可愛らしい素敵な夫婦なんでしょうか。

仕事と家族のバランスは宝田も言っていた通り人それぞれだとは思いますが、悩んでいる夫婦には是非今回の9話を観てもらいたいですね。

 

Sponsored Link



【ウチの夫は仕事ができない 9話ネタバレ】まとめ

 

可愛い夫婦を観られるのも来週で最後です。

いよいよ出産がやってきます…!

果たして司は出産場面に立ち会えるのでしょうか?

終わってしまうのが寂しいですが、来週を楽しみに待ちましょう!

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

 

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link