【コード・ブルー3 6話ネタバレ】あらすじ&感想

 

白石(新垣結衣)はエレベーターで新海(安藤政信)に会い、奏(田鍋梨々花)の手術について聞くが、どうにも歯切れが悪い。

 

そんな中、17歳の少年の脳死判定が出る。

橘(椎名桔平)は息子・優輔(歸山竜成)に移植可能な心臓が来るかもしれないと期待を捨てきれない。

 

感情をコントロールする術も身につけた。

ある程度やれるという自信もある。

それでも医療の現場では出会ってしまう、激しく揺さぶられてしまう自分に。

そして、落ち込む。

 

医者を続けている限り、私たちは自分に落胆し続けるのだろう。

 

【コード・ブルー3 6話ネタバレ】あらすじ

 

【コード・ブルー3 6話ネタバレ】あらすじ&感想

 

冷凍倉庫内で荷崩れ事故が発生し、ドクターヘリ要請がかかる。

藍沢(山下智久)、藤川(浅利陽介)、雪村(馬場ふみか)が最初に現場に向かい、患者を搬送する藤川と入れ替わりで灰谷(成田凌)と横峯(新木優子)が倉庫へ向かう。

 

ところが、落雷の影響により停電が発生し、灰谷と横峯と患者1名が冷凍室内に取り残されてしまう。

そんな時3人のうちの誰のものでもない携帯が鳴り、灰谷が鳴っている携帯を探しに向かうと、もう1人冷凍室内に多量出血の重症患者がいたことを発見する。

 

灰谷の服についているカメラから白石がモニターで患部を確認すると、動脈損傷の可能性が高かった。

麻酔がないものの足を切開しなくてはならない状況に追いやられ、白石のアドバイスから氷を当てて感覚を麻痺させてオペを行うことに。

動かない灰谷を見て、横峯がオペを行う決心をし切開を始めるが患者が痛がる様子を見て「無理です。麻酔無しでこんな…できません!」と手が止まってしまう。

白石もその様子をモニターで見て、藍沢に電話をかけるが、まだドアが開くまで10分以上かかるという。

藍沢は灰谷に「シアン事件の時、お前は臆病な自分を嘆いてた。また病院に戻ってから嘆くのか、今それを捨てるのか、決めるのはお前だ」と伝える。

灰谷は決心し、患者に「もう一度切らせて下さい」と言うが「もう放っておいてくれ、事故は俺のせいなんだ…臆病で言えなかった俺のせいだ」と患者は話す。

しかし灰谷は「僕もそうです。臆病です。やらなくていいなら、やらない方を選ぶ。今日もそうでした。でも、今やらないであなたが死ぬならこんな自分を許すことはできません。だからお願いします、やらせて下さい」と自分の想いを話し、患者もそれを受け入れる。

無事に止血に成功し、搬送することに成功する。

藍沢は灰谷に「最後まで責任を持ってみろ。この患者は正真正銘お前が救った患者だ」と声をかけ、灰谷も「はい!」と返事を返す。

 

17歳の少年の臓器摘出手術が行われ、緋山(戸田恵梨香)と名取(有岡大貴)が立ち会う。

名取に「緋山先生は現場をやりたい感じがするから書類関係の仕事を黙々とやってるの意外です」と言われていた檜山は、「たった、1枚。たった、6行。この6行にこれまでの彼の17年間と、これから生きる6人の未来が書かれている。だから私は責任を持ってやりたいの、書類の仕事も」と話す。

少年の心臓は、優輔ではない別の10代女性の元へ運ばれていった。

優輔は、2番手だった。

 

緋山が少年にシャンプーをしている所に名取がやってくる。

名取は少年の両親に少年のことを聞き、患者やその親に寄り添えるかを試したと言う。

「で、どうだったの?」

「全然寄り添えませんでした。結局、他人事でした。俺にとって彼は4日前に運ばれてきた患者で、今日臓器提供をした。それだけです。…俺は緋山先生が羨ましいです。患者やその家族に寄り添えるのが羨ましい」

緋山は自分が患者やその家族に近付きすぎて失敗した過去を話し「名取、人それぞれでいいと思う」と言うと名取は「俺にもやらせてもらっていいですか」と少年の頭をシャンプーする。

「ありがとう。君のおかげで、6人が生きる」

 

藍沢は奏の病室を訪ねる。

「リハビリをしても、手の震えがゼロになる可能性は、ほぼ低い。約束を守れなかった、申し訳ない」

「…また弾けるようになるって言ったじゃない」

「言った」

「嘘つき…先生は、私の命よりも大事なものを奪った」

 

自分に落胆することは悪いことじゃない。

落胆は、成長に繋がる。

でもそれは、若い人の場合だ。

落胆が成長に繋がる時期はとっくに過ぎてしまった。

今の私たちに求められるのは成長ではなく、結果、それだけだ。

 

奏の手術について話す白石と藍沢。

「でも、藍沢先生は、彼女の命を救った」

「命を救ったのは俺じゃない。俺はただ、約束を破った」

「…え?」

 

【コード・ブルー3 6話ネタバレ】感想

 

【コード・ブルー3 6話ネタバレ】あらすじ&感想

 

灰谷、横峯、名取、雪村、4人のフェローがそれぞれ成長を見せた回でした。

臆病者の灰谷は自分自身で決断し、オペを行い、無事に患者を救います。

救ったと言う事実だけではなく、その場の勇気、決断という部分で大きく成長したのではないでしょうか。

横峯も灰谷とセットだったこともあり、まずは自分がやらなきゃ、と率先してオペを行いました。

雪村はいつも自信たっぷりに見えますが、冴島(比嘉愛未)への尊敬の眼差しを感じ取れますよね。

自分に足りない部分がどこかを見極めて前に進もうとする向上心を一番感じられます。

そして名取、今まで掴みにくい性格だったものの緋山との相性が良かったからなのか、ようやく人間らしい一面を見ることができたような気がします。

 

4人のフェロー達が今後どういう活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

 

Sponsored Link



【コード・ブルー3 6話ネタバレ】まとめ

 

奏のオペに隠された真実とは…?

藍沢の「命を救ったのは俺じゃない。俺はただ、約束を破った」という言葉の意味とは…?

奏と藍沢の関係性はもう戻れないくらいに壊れてしまうのでしょうか。

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

 

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link