【ウチの夫は仕事ができない 7話ネタバレ】あらすじ&感想

 

お腹の中の赤ちゃんが男の子か女の子か気になっている沙也加(松岡茉優)と司(錦戸亮)。

「男の子でも女の子でもどっちでもいいから早く会いたいぞ」と2人ともワクワクしている。

司の会社では、飲料メーカーから町内の盆踊り大会を盛り上げて欲しいという依頼が入る。

土方(佐藤隆太)に「小林、お前が担当だ」と司が責任者に指名される。

 

【ウチの夫は仕事ができない 7話ネタバレ】あらすじ

 

【ウチの夫は仕事ができない 7話ネタバレ】あらすじ&感想

 

司の父・辰男(升毅)が突然上京し、司の家にしばらく泊まることになる。

沙也加が「まだ赤ちゃんの性別が分からない」と話すと「小林家の跡取りのために男を産んで欲しい」と勝手に男の子だと決めつけ、名づけ辞典まで持ち出して名前を考えようとしてしまい、困り果てる沙也加。

 

司は盆踊り大会が行われる町内会へ出向き、挨拶にまわる。

しかし、「町内のお祭りなんて誰も来やしないよ」と今年は開催を見送ろうとしていた。

 

「企業の都合だけで出資するのは…」と町内会の人たちの声を土方(佐藤隆太)に報告すると「クライアントの意向だ。一つ一つの地道な行動が今後の会社人生を左右して行くんだぞ。男は簡単に会社を辞められないからな」と喝を入れられる。

 

マタ友の3人はすでに子供の性別が判明し、全員が男の子だった。

「どっちでもいいって心から思っていたんだけど…」と、女の子が欲しかったことをポツポツと話し始める3人に沙也加は驚く。

「女には人生逆転のチャンスがいくらでもあるからね」「女は男次第で人生が変わるから」「男は頭も要領も良く無いと人生が大変だからね」という言葉たちに沙也加も納得し始める。

 

司は町内の八百屋で買った桃を2箱、田所(藪宏太)に譲る。

田所はそれを「東京にいるお父さんと、弟さん夫婦の元に持って行ってあげなよ」とみどり(江口のりこ)に渡す。

みどりが桃を持って司の家に来て「明日、みんなで一緒にご飯を食べよう」と提案。

司は同じ桃をみどりが持って来たことに少し疑問を感じる。

 

沙也加はママ友達との会話を司に話す。

「女の子の方がいいのかなあ…男の人って大変そうだし」という沙也加の言葉に何も言えない司。

 

沙也加と司の会話をこっそり聞いていた辰男は司に「男を否定されてたな…最悪や、男として最悪や」と話す。

「男っちゅうのは黙々とやらなあかんのや」という父の言葉にまたしても司は何も言えない。

 

司は盆踊り大会を盛り上げようと必死で宣伝を行っていた。

自転車で宣伝してまわり、ポスターを貼ってまわる。

そんな時、トイプードルのリボンちゃんを探している男性に出会い、一緒に探すことに。

司のお手柄で無事にリボンちゃんを発見し、一件落着になる。

 

司と田所は同時刻に会社を出てそれぞれ違うタクシーに乗り込み、同じ場所を目指していた。

しかし食事会の会場前でタクシーを降りようとした際に社内でトラブルが発生したとの連絡が入り、2人ともそのままタクシーで職場へと戻る。

「食事会キャンセルしました、せっかく彼女のお父さんが東京に来てたのにな…」という田所の言葉が引っかかる司だったが、そのまま仕事に戻る。

 

前日にトラブル発生で明け方近くまで仕事をしていた司のことが気になった辰男は司の会社をこっそり見に行き、そのまま司を尾行する。

沙也加もまた盆踊り大会が行われる町内会を下見に行っており、司を尾行する辰男を見つけ、それをさらに尾行する。

一生懸命盆踊り大会の宣伝をする司を目にした沙也加は帰り道、浴衣売場に目をとめる。

 

盆踊り大会当日。

クライアントが宣伝したい新商品ドリンクが、夕方に合わせて半凍結状態で届くはずだったのにも関わらず全て常温で届くトラブルが発生。

急いでクライアントの担当者に連絡をした司だったが「この盆踊り大会の責任者ですよね?なんとかなりませんか?」「なんとかしたいですけど…」「あーあ…頼りにならないな」と言われてしまう。

工場にも確認の電話を行うが、冷えた状態の物を届けるのには時間が間に合わない。

 

「一緒に盆踊り大会に行きましょう」と浴衣を着た沙也加は辰男を誘うが、「俺はいいよ」と断られてしまう。

「こんなものを用意してしまいました、着て欲しいです」と沙也加は辰男用の浴衣を差し出す。

司の仕事っぷりを是非見て欲しいとお願いされ、辰男は浴衣を着て出かけることに。

 

困り果てていた司の元に、リボンちゃんの飼い主が町内の人たちを連れて現れる。

彼らはビニールプールに氷と水を入れてをドリンクを冷やしてくれた。

「寂しい祭りを見るたびに悲しくなるから諦めていた」「兄ちゃん、盛り上げようとしてくれてありがとな」と町内会の人たちが司の元に次々にお礼を言いに来てくれ、その様子を見た辰男は嬉しそうな顔をする。

 

その日の夜、辰男は沙也加に勝手に名前を考えていたことについて謝る。

「名前っちゅうものは、親から子供への一番最初のプレゼントや」と。

そして司のことを「あいつは頑張ってる、男の子やからな」と言われ、笑顔で「はい!」と応える沙也加。

 

司と沙也加は病院へ赤ちゃんの性別を聞きに行く。

「とっても元気な男の子です」と言われ、心から「やったー!」と喜ぶ沙也加に司も笑顔になる。

 

【ウチの夫は仕事ができない 7話ネタバレ】感想

 

【ウチの夫は仕事ができない 7話ネタバレ】あらすじ&感想

 

とっても幸せな気持ちになれる回でした。

観終わった後にこんなにも幸せな気持ちになれるドラマってそうそうないですよね?

とにかく松岡茉優演じる沙也加が素敵な奥さんだなあと毎回思わせてくれます。

今回も辰男の分の浴衣を用意して「一緒に行きましょ」と誘うところが非常に良かったですね。

 

そして司と田所のもう少しで気づきそうなのにお互いに気づいていない感じがコミカルで面白いです!

そろそろ気づいてしまうのでしょうか…?

気づいた後、田所が司に対して会社での態度が変わるのかどうかも気になるポイントですね。

 

Sponsored Link



【ウチの夫は仕事ができない 7話ネタバレ】まとめ

 

次週から第2章開幕らしいのですが…なんと《ウチの夫が仕事ができるようになった》というナレーションでした!

ドラマのタイトルを覆してしまうなんて!

そしてドラマのテーマとしては《仕事ができる=家族が幸せ?》というもののようです。

仕事と家庭のバランスということなのでしょうか。

来週からも期待が高まります!

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

 

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link