六角精児の相棒である嫁との結婚回数は何回?離婚理由は何?

 

毎年10月~3月までのの2クールで放送されているドラマ「相棒」。

これまでに15シリーズが放送され、テレビ朝日の人気ご長寿番組となっていますよね。

中でも名物キャラとして親しまれていたのが、六角精児が演じる鑑識の米沢守です。

14シリーズの最終回で異動になり、実質的に降板となってしまった際には、ネット上でも「残念だ」と惜しむ声が続出しました。

それほど六角精児のハマり役だった訳です。

独特のルックスではありますが、彼の演技にはどこか味がありますよね。

そんな訳で今回は、六角精児にスポットを当ててみました。

 

 

六角精児の相棒である嫁との結婚回数は何回?

 

六角精児の相棒である嫁との結婚回数は何回?離婚理由は何?

 

ドラマ「相棒」のスピンオフ映画、「鑑識・米沢守の事件簿」では荻原聖人演じる相原を相棒に、事件を見事に解決していましたが、実際の六角精児の相棒と言えば、やはり奥さんでしょう。

一人の女性と長い間連れ添っているようなイメージですが、実は4回も結婚しているんです。

最初に結婚したのが21歳の時で、以降、35歳の時、41歳の時、49歳の時に結婚しています。

いわゆるバツ3な訳で、懲りないと言ってよいのか、モテると言ってよいのか・・・

ドラマ「相棒」では右京の相棒役は現在の反町隆史で4代目ですが、六角精児の相棒も4代目だったんですね^^;

 

 

六角精児の相棒である嫁との離婚理由は何?

 

六角精児の相棒である嫁との結婚回数は何回?離婚理由は何?

 

さて、過去に3回も相棒が降板=離婚となってきた六角精児ですが、その理由はというと・・・

1人目の時は、ギャンブル好きでお金がない六角精児に愛想が尽きた奥さんが、ある日突然出て行ったのだそうです。

2人目の時もほぼ同じような理由。

3人目にいたっては、出産を機に里帰りしていた奥さんがそのまま戻ってこない、という理由だそうです。

そういえば、ドラマ「相棒」の中でも、米沢守はある日突然奥さんが出て行ってしまい、その後音信不通になっているという設定でしたね。

もしかしたら、この設定は六角精児の私生活を皮肉ったネタだったのかもしれませんね 笑

 

 

Sponsored Link



まとめ

 

ドラマ「相棒」の米沢守役で人気の六角精児。

若い頃はギャンブルと借金で荒んだ生活をしており、それが理由で離婚と結婚を繰り返していたようです。

役者として成功した今は借金も返済済みで、まともに暮らしていけるようになったのだとか。

それが評価されたのか、2人目の奥さんだった方と寄りを戻し、4回目の結婚をしました。

この方とは現在も実生活の相棒として暮らしておられるようです。

ギャンブルと借金でバツ3になった六角精児ですが、こうして寄りを戻す女性がいることを考えると、根は真面目なのかもしれませんね。

役者としても夫としても、益々の活躍を期待したいです。

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link