七つ星列車に乗るための料金と予約方法!車両編成、運行ルートは?

 

極上の車内でくつろぎつつ、九州の名所をまわることができるクルーズトレイン「ななつ星in九州」。

みなさん、ご存じでしょうか?

「ななつ星」という名にふさわしく、国内最上級の洗練された空間が広がる列車です。

超高級ホテルに宿泊しているかのような感覚になりながらも、車窓からの風景が変化していく・・・

これは旅好きの人でなくても、一度は乗ってみたくなりますよね!

そんな訳で、今回は「ななつ星in九州」をご紹介します。

 

七つ星列車に乗りたい!!

 

七つ星列車に乗るための料金と予約方法!車両編成、運行ルートは?

 

細部にわたって豪華過ぎるこの列車、その長所を語りだしたらとまらないくらいです。

「ブルームーン」と名付けられたラウンジ車両(写真)は、昼は休息場、夜はバーがオープンします。

ピアノの生演奏とパノラマ車窓からのぞく星空・・・

ロマンチックですよねー。

九州は空気が澄んでいるので、関東では観られないような星空の美しさがあると思います。

そんな九州の自然の恵みが詰まった食材で作る料理が絶品と評判です。

 

ダイニングカー「木星」で食べる場合と、停車した町で評判のお食事処で食べる場合とがあるようですが、九州は肉も魚も野菜も質が良いものが豊富なので、毎回美食であること間違いなしですね。

 

ゲストルームは全部で14室。

全てがスイートルームになっているそうです。

和と洋、新と旧の融合をテーマにした室内とのことで、品格と落ち着きが感じられる作りなのだとか。

ワンランク上(いやもっと上かな)の大人の旅って感じですよね!

 

 

七つ星列車に乗るための予約方法と料金!

 

七つ星列車に乗るための料金と予約方法!車両編成、運行ルートは?

 

そんな「ななつ星in九州」への申し込みは下記のURLからできます。

https://www.cruisetrain-sevenstars.jp/entry_select.html

試しに私も覗いてみたところ・・・

 

2017年4月1日より受付を開始しました2017年10月〜2018年2月出発分「ななつ星」専用商品及びプレミアム商品の参加申込については、2017年5月8日をもって受付を終了いたしました。多数のお申込みをいただき、誠にありがとうございました。

 尚、2018年3月以降出発分の受付については、2017年10月からを予定しています。

との表示が!

なんと来年の2月出発分まですでに予約でいっぱいなんです。

いくら14室しかないとはいえ、半年以上先まで予約で埋まるとは・・・

せめて料金表だけでもみて、予約する時の参考にしてくださいね^^

 

七つ星列車に乗るための料金と予約方法!車両編成、運行ルートは?

 

七つ星列車に乗るための料金と予約方法!車両編成、運行ルートは?

 

3泊4日と1泊2日の2コースから選べるようですが、、、

私がよく行く旅行の代金とは、桁が一つ違います 笑

それでも予約が埋まる訳ですから、この値段を払う価値がある旅なのでしょうね。

一般庶民の私にはどんなサービスを受けたらこの値段になるのか、見当もつきません^^;

 

 

Sponsored Link



七つ星列車の車両編成、運行ルートは?

 

せめて料金表だけでもみて、予約する時の参考にしてくださいね^^

 

「ななつ星in九州」の車両編成は上の写真のようになっています。

(たしかに14室しかないですね)

通常の車両を2~3室に分割した作りだとすると、1室あたりは結構広そうです。

 

3泊4日のコースでは、この広い客室でくつろぎながら、福岡・大分・宮崎・鹿児島・熊本の5県を巡るようです。

霧島温泉郷での宿泊もついているので、1泊は列車以外での宿泊も楽しめる訳ですね。

 

1泊2日のコースでは、福岡・佐賀・長崎・熊本・大分といった九州北部5県を巡ります。

有田焼の窯元訪問や温泉で有名なゆふいんの町並みが堪能できるようです。

 

どちらのコースも魅力的ですが、まずは予約しないと・・・

いや、その前にお金を貯めないと・・・^^;

 

 

Sponsored Link



まとめ

 

九州を優雅にめぐる「ななつ星in九州」の旅。

客室でくつろいだり、停車駅毎の美食をいただいたりと、楽しむポイントは満載のようです。

お値段は正直いってかなりお高い(と私は思う)のですが、きっとそれに見合ったサービスがあるのだと思います。

かなり人気で予約が殺到しているようなので、今から来年の予定をしっかりと立てて申し込んでくださいね。

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたへのオススメ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link