ケンブリッジ飛鳥の父親は母親と離婚?仕事はレゲエミュージシャン

 

世界陸上ロンドンで、100m日本代表に選ばれたケンブリッジ飛鳥。

日本人初の9秒台に期待がかかります。

また、昨年のリオオリンピック男子100m×4リレーで見せたメダルの獲得、あれには興奮しましたよね。

そんな姿が8月4日から行われる世界陸上ロンドンで再び観れるかと思うと、応援にも力がはいります。

ということで、今回は注目の選手、ケンブリッジ飛鳥についてご紹介したいと思います。

 

 

ケンブリッジ飛鳥プロフィール!

 

ケンブリッジ飛鳥の父親は母親と離婚?仕事はレゲエミュージシャン

 

更ですが、ケンブリッジ飛鳥のプロフィールをご紹介します。

名前      : ケンブリッジ 飛鳥 アントニオ(けんぶりっじ あすか あんとにお)

出身地    : ジャマイカ生まれ 大阪育ち

生年月日   : 1993年5月31日

血液型    : O型

身長・体重  : 180cm・76kg

学歴     : 大阪市立淀川小学校→大阪市立淀川中学校・東京都江東区立深川第三中学→私立東京高等学校→日本大学文理学部

体脂肪率   : 4.4%

内臓脂肪レベル: 0

 

結構筋肉質なのに、体脂肪率4.4%って!!内臓脂肪レベルも脅威の0。

もはや筋肉の塊ですな^^

 

ケンブリッジ飛鳥が2歳の時に日本へ移ることとなり、その後はずっと日本で生活をしています。

2歳までジャマイカにいて、大阪へ移住、中学3年の時にお母さんの仕事の都合で東京に引越しすることになったそうです。

また、小学校の頃はサッカーが得意で、和製アンリ(アンリは元フランス代表の名選手)と呼ばれていたそうです。

体脂肪率といい、サッカーが上手いことといい、ケンブリッジ飛鳥はスポーツ万能のようですね。

 

 

ケンブリッジ飛鳥の父親は母親と離婚?

 

ケンブリッジ飛鳥の父親は母親と離婚?仕事はレゲエミュージシャン

 

ケンブリッジ飛鳥の母親は日本人ですが、父親はジャマイカ人なのだそうです。

なんでも母親が仕事でジャマイカに長期滞在したことがあり、そこで父親と出会い結婚、ケンブリッジ飛鳥が生れたようです。

彼が2歳の時、母親の仕事の都合で日本に戻ることになったようですが、、、

その時、父親がどうしたのかまでははっきりと分かりません。

大阪で親子4人(父、母、本人、妹)で暮らしたという話がある一方で、「女性自身」の記事によると「母の手ひとつで育てあげられた」という本人の告白もあります。

大阪に来た後、離婚、あるいは別居した可能性もありますね。

 

 

Sponsored Link



ケンブリッジ飛鳥の父親の仕事はレゲエミュージシャン

 

ケンブリッジ飛鳥の父親は母親と離婚?仕事はレゲエミュージシャン

 

親について分かっているのは、名前がジョージ・ケンブリッジということだけです。

ジャマイカ人ということで、レゲエミュージシャンであるといった噂がありますが、他に根拠はなく、どんな人物なのか謎です。

ちなみに、結婚前のジャマイカでの仕事もよく分かっていません。

 

Sponsored Link



まとめ

 

父親に関しては情報の少ないケンブリッジ飛鳥ですが、彼の才能は間違いなく世界トップレベルです。

そんな遺伝子を日本にもたらしてくれた父親に、我々ファンは感謝しないといけませんね。

 

あなたへのオススメ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link