安倍総理の現在支持率は嘘?2017年の最新推移!森友の影響は?

 

海外への自衛隊派遣、共謀罪法案の成立と、世間では反対が圧倒的に多い法案が可決されてきたのに、内閣支持率は50%を超えたまま・・・

こんな状況を不思議に思ったことはありませんか?

実は、こうした世論調査による支持率そのものが嘘なのではないか?数字は安倍政権によって操られているのではないか?という噂があります。

一体どういうことなのか、今回はその辺を調べてみました。

 

 

Sponsored Link



安倍総理の現在支持率は嘘?

 

安倍総理の現在支持率は嘘?2017年の最新推移!森友の影響は?

 

内閣支持率の信憑性が疑われだしたのは、2015年頃です。

当時、大手マスコミ各社が発表した内閣支持率は「支持する」が約60%もありました。

ところが、同時期に地方紙が行った調査では40%以下、地域によっては一桁程度しかないところもあったのです。

60%と一桁では、いくらなんでも数字に開きがあり過ぎですよね(笑

このような結果になったのは、大手マスコミ各社の世論調査では、内閣を「支持しない」という意見がカウントされていないからだ、という話があります。

なんでも、実際に世論調査を行う会社に政府筋から圧力がかかったのだとか・・・

この話の真偽は分かりませんが、世論調査をする会社によって、結果が違い過ぎるのは不思議ですよね。

しかも地方紙ばかりが低い数字になっているとは・・・

 

 

安倍総理の現在支持率は嘘?森友の影響は?

 

安倍総理の現在支持率は嘘?2017年の最新推移!森友の影響は?

 

さて、私がもう一つ不思議に思うのが、森友問題(学園の土地取得に関して、忖度があったのではないかとされる件)で思ったほど支持率が下がらなかった点です。

国会では野党側が安倍首相を激しく攻撃していましたが、現在ではすっかり下火になっています。

(下火になったのは、他の攻撃材料ができたからという見方もあります)

首相夫人が絡むスキャンダルだったので、もっと国民の怒りが支持率に表れるかと思っていたのですが、ここでも支持率の改ざんが行われたのでしょうか・・・

とはいえ、追い風にのって万全の体勢で運営されていた安倍政権にとって、風向きが逆風に変わる転換点にはなったと思います。

安倍首相や首相夫人のスキャンダルを追うことで、政権にほころびが生まれることを野党に見せてしまったからです。

事実、「森友問題」に続いて「加計問題」という新たな安倍首相のスキャンダルが出てきました。

そして、この加計問題が、安定していた支持率を大きく下げることになるのです。

 

 

Sponsored Link



安倍総理の現在支持率は嘘?2017年の最新推移!

 

安倍総理の現在支持率は嘘?2017年の最新推移!森友の影響は?

 

加計問題で、省庁内部から次々と情報がリークされる中、6月16~18日にかけて、マスコミ各社が一斉に世論調査を実施しました。その結果、内閣支持率は軒並み大幅下落となっています。

朝日新聞 「支持する」 41%(5月から-6%)

共同通信 「支持する」 44.9%(5月から-10.5%)

毎日新聞 「支持する」 36%(5月から-10%)

内閣支持率がここまで下がるのはほぼ一年ぶりとなっています。

加計問題に加え、同時期に共謀罪法案を半ば強引に成立させたのも影響したようです。

 

 

Sponsored Link



まとめ

 

安倍総理の現在支持率は嘘?2017年の最新推移!森友の影響は?

 

発足以来、数々のきわどい法案を通してきた安倍政権。

これが可能だった背景には、マスコミ各社から発表される内閣支持率が高い数字を保っていたことがあげられます。

しかし、その数字そのものに疑惑がかかる中、ついに大手マスコミ各社が行う世論調査でも露骨に数字が下がり始めました。

加計問題がまだまだ続く中、今後安倍政権がどうなっていくのか・・・

まもなく行われる東京都議選挙が一つの指針になるかもしれませんね。

 

Sponsored Link




あなたにおすすめのコンテンツ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link