【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 10話ネタバレ】 あらすじ&感想 結城(金子ノブアキ)VS特捜班ついに決着!規格外のラストとは…?

 

「俺からのプレゼントだよ、お前を狭い鳥籠から解き放ってやる」

結城(金子ノブアキ)からの電話の後、特捜班のオフィスが爆発。

横たわる5人。

…そして反撃は始まる。

 

 

【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 10話最終回ネタバレ】 あらすじ

 

【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 10話ネタバレ】 あらすじ&感想 結城(金子ノブアキ)VS特捜班ついに決着!規格外のラストとは…?

 

特捜班5人とも全員無事だった。

樫井(野間口徹)によると、爆弾の規模からいって元々皆殺しにするためではなく、タチの悪い嫌がらせ程度に考えていたのではないか、とのこと。

稲見(小栗旬)は結城との過去を特捜班のメンバーに話し始める。

「俺が戦ってるのは、この国や国民のためじゃなくて、国家のためなんじゃないかと。権力者に利用されて、この国は、国民のためにならないことをしているんじゃないかと。」

稲見は迷いながらも自衛隊としての任務を続けていたことを明かす。

国家に対する疑念が大きく膨らんだ時の、ある国家の極秘プロジェクトに関わる任務がきっかけで稲見は除隊した。

結城も何かの任務がきっかけでテロリストになったのではないかと推測する。

大山(新木優子)が結城のUSBファイルに仕込んでおいたウイルスのお陰で、結城のパソコン内を遠隔操作できるようになった。

結城は九十九里浜のキャンプ場で、閣僚の個人データを確認後、明日の天気予報を調べていた。

キャンプ場で車を運転する結城を発見し、銃口を向ける稲見。

車はそのまま稲見目掛けて発信し、間一髪のところで田丸(西島秀俊)が稲見を救う。

「自分を罰するために死のうとするな!」

翌日、結城は総理大臣の岸辺(竜雷太)を狙撃する。

総理は一命を取り留め、テレビでは「自宅で転倒し左鎖骨骨折の重傷」と報道される。

その頃特捜班のオフィスでは、結城のパソコンから盗んだデータの中に紛れ込んでいた写真がテロの動機解明になるのではないか、と話が進んでいた。

結城と、ある女性が仲良さそうに写っている写真。

調べると、その女性は1年前に起きた東京駅セントラルホテル爆発事故の被害者で、爆発があったカフェで働くウェイトレスだった。

この事故に現在の閣僚が関わっていたのではないか、と特捜班は推測をする。

入院中の総理大臣の元に行く鍛冶(長塚京三)が面会に行く。

「使い勝手のいい連中を飼ってるんだってな…?」と総理に聞かれる鍛冶…。

結城が狙撃をした部屋に行った稲見はあることに気がつく。

この距離なら結城の腕であれば間違いなく殺せたはず。

わざと外して致命傷にしたのでは…?

結城の本当の狙いは総理ではない誰か…?

鍛冶が特捜班メンバーへ新たな任務を告げにやってくる。

任務の内容は、明日アメリカから戻って来る総理の息子・大介(長田成哉)をアメリカに帰るまで警護すること。

「任務に就く前に結城の本当の標的を教えてください。結城の本当の標的は大介ですか?」と問う特捜班に、鍛冶は1年前の真相を語りだす。

おそらく結城は大介をアメリカから呼び戻すために総理に重傷を負わせた。

大介は過激派組織の一員だった。

本当は東京駅構内を爆発する予定だったが、怖気付いた大介はたまたま入ったカフェに爆弾を置き去りにした。

「総理を守ろうとしたわけじゃなく、この国の体裁を保とうとしただけ」と言う鍛冶に「国家権力から自由でいなきゃいけない警察が、権力者の罪を隠蔽しただけのことでしょ」と返す大山。

吉永(田中哲司)の決断で、任務は受けることになる。

車の中で女性ものの指輪を握りしめる結城。

崩壊した建物、倒れる人、その手に嵌められた指輪。

大介を空港まで迎えに行った特捜班はマスコミを引き離すため、総理の病院ではなく自分たちのオフィスに一旦向かうことにする。

が、後ろに尾けていたバイクから結城が降りてくる。

結城が投げた荷物を咄嗟の判断で爆弾と判断し、田丸が運んで投げるが、爆発に巻き込まれ倒れる。

大山は結城のヘルメットで殴られ、香椎は銃を取られ人質になる。

稲見は大介を建物内に避難させる。

香椎は左胸を銃で撃たれ、吉永もその場に倒される。

建物内では稲見と結城の一騎打ちが始まる。

左腕にナイフが刺さる稲見。

お互いに血を流しながら、戦い続ける。

そこに大介が銃を手に結城の前に立ちふさがる。

が、すぐ結城に銃を向けられる。

その結城に銃を向ける稲見。

「こんなやつ殺す価値ない」という稲見に、結城はぽつぽつと話し始めた。

「爆破現場に初めて入ったのは俺の部隊だった。婚約者の働いていた店だった。俺が最初に見つけたのは、俺の手作りの指輪を嵌めた愛しい人の手だった…俺の愛する人の死は国家にとって不都合な出来事だった」

特捜班4人は全員無事で、4人とも現場に到着する。

大介から銃をおろす結城。

稲見は「俺がお前を解放してやる」と涙を流しながら引き金を引く。

弾は結城の顔の横にある壁に当たる。

「いまお前が死んだ。でも、生き返れ。俺が羨むくらい、生きることを楽しめ」

稲見と田丸の間に立ち、連行される結城。

その時、銃声が鳴り響き、結城の体が倒れる。

警察が現れて大介を保護していく。

「俺たちはこのために囮にされたんだ…」と呟く田丸。

狙撃隊の後方には鍛冶が立っていた。

鍛冶は病室で総理から頼まれごとをしていた。

「その自衛隊を放っておくと必ず国家にとって脅威となる…だから、言いたいことは分かるね?その自衛隊を釣り上げるために息子を餌として提供しよう」

マスコミにも顔がばれた特捜班はしばらく休ませるように、と鍛冶は言う。

さて、休みになった特捜班は…?

香椎は何やら図面を引いている。

図面の左上には「標的:警視庁」の文字。

大山は自分の持つ数々のCD-Rとチャット画面を眺めている。

チャットには維新軍「ookubo」の名前が。

班長である吉永は「今後のことも含めてね…」と組織の上の人から話を受けている。

田丸は教会で出会った「あなたの支えている国家は腐敗していると思いませんか?」「本物の愛国者になりませんか?」と言っていた男に会いに行く。

稲見は部屋で彼女に電話をかけようとするも、やめる。

何かを決意したような力強い目になり…。

ニュース画面。

「緊急ニュースが入りました」

 

 

【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 10話最終回ネタバレ】 感想

 

【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 10話ネタバレ】 あらすじ&感想 結城(金子ノブアキ)VS特捜班ついに決着!規格外のラストとは…?

 

一言で言うと、なんて後味の悪いドラマ!

私にとっては、とても良い意味で、です。

ラスト、ぞくっとしました。

具体的なことが描かれているわけではないので解釈は人それぞれになるかなと思いますが、これは特捜班全員が国家の敵になる可能性もありますよね。

ラストの「緊急ニュース」の内容は、実行犯は誰なのか。

個人的には、各々がそれぞれ正義のラインを越えようとしているところが良いなと思います。

これが特捜班5人でテロを計画するようなラストじゃなくて良かったな、と。

予想を裏切られる最終回でした。

先週のオープニングの映像は、結城の任務だったんですね。

「俺の愛する人の死は国家にとって不都合な出来事だった」という台詞が悲しかったです。

結城はテロリストになってしまいましたが、それでも人間らしい部分が強くて、やるせない気持ちにさせられました。

一方で総理大臣、非常に怖かったですね。

息子に万が一のことがあったら…?と聞く鍛冶に対して「幸い僕には息子が2人いるから1人いなくなっても、まあ、どうにかなるよ」と。

この台詞は本当にただただ恐怖を感じました。

人間らしい結城は、非人間的な総理の手によって殺された。

どっちが悪でどっちが善なんでしょうか。

稲見が彼女の名前を携帯に「(天使)」と書いて登録していて、そこに連絡するか悩んで結局やめたのも、天使を捨てて悪魔に走った、ということかもしれません。

鍛冶に拾われて更生したのが特捜班だったはずなのに、最終的にはその鍛冶に良いように使われてまた更生前の状態に戻っていく…そんなラストのように思えました。

「緊急ニュースが入りました」の内容、あなたは何だと思いましたか?

 

 

Sponsored Link



【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 10話最終回ネタバレ】 まとめ

 

終わってしましましたね、CRISIS。

なによりもアクションシーンがドラマというよりも映画並で格好良かったです。

キャストも豪華で演技派揃いでした。

なかでも大山役の新木優子、ここからCMにも沢山出そうな気配がします!

さて、続編はあるのでしょうか?

スペシャルドラマ?映画化?

含みを持たせたラストだったのでもしかしたらあるかもしれません。

ただ、結局この先の話は特捜班メンバーを見ているのが切なくなってきてしまうような気もしちゃいますね。

 

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたにおすすめのコンテンツ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link