【小さな巨人 第9話ネタバレ】あらすじ&感想 早明学園の裏帳簿は誰の手に?香坂の父に隠された秘密!

 

早明学園で内偵捜査を行っていた元捜査二課刑事の江口(ユースケ・サンタマリア)が死体となって発見された事件。

同期の藤倉(駿河太郎)の協力もあり容疑者である横沢の身柄を確保する。

だが、山田(岡田将生)がその横沢を連れて姿を消してしまった…。

 

 

【小さな巨人 第9話ネタバレ】あらすじ

 

【小さな巨人 第9話ネタバレ】あらすじ&感想 早明学園の裏帳簿は誰の手に?香坂の父に隠された秘密!

 

山田と横沢が指名手配される中、一課は所轄が山田とグルになっていると疑い、事件の資料を全て所轄から回収してしまう。

また、香坂(長谷川博己)はしばらくの間自宅謹慎の指示を受ける。

香坂が家に帰ると自宅には山田と横沢の姿があった。

横沢は江口から、自分に何かあったら山田に連絡をするようにと指示を受けていたことを話す。

また、事件の夜、江口と会う約束をしていたため屋上へ向かうとすでに江口は死んでおり、そこへ富永専務(梅沢富美男)が現れ、江口の死体近くに横沢の毛髪を置き、誰かに電話で報告する現場を目撃したとのこと。

富永が警察組織と繋がりがあるため警察に連絡出来ず、横沢は江口の指示通り山田に連絡を取った。

早明学園の裏帳簿の原本は貸し倉庫に隠しているものの、そのコピーは数枚所持していた。

小野田一課長(香川照之)が裏帳簿を手に入れようとする理由は、17年前に始まっている早明学園からの賄賂を受け取った名簿の中に山田の父・勲(高橋英樹)と富永の名前があるからではないか、さらに17年前のページは下の部分が破られており、真相はこの破られたページに隠されていると推測する。

香坂と山田は香坂の父・敦史(木場勝己)の元を訪ね、知っていることがないか聞くが「山田さん、山田さんとの絆だ…」という情報しか得られない。

山田は香坂に自分の父親について話し始める。

ある時、山田のことを唯一認めてくれていた父の運転手である松山が亡くなった。

自殺か他殺か未解決のままだったが、その時に父が「捜査を断ち切れ、全て隠蔽しなさい」と指示を出す姿を見た山田は父に対して怒りの感情を持つことになる。

「松山さんが亡くなったのは17年前。単なる偶然ではないはず」

山田は内閣官房副長官の父の元へ行き、早明学園の裏帳簿のコピーを突きつける。

「17年前は学園が国有地を買収した年でもある。

あなたは学園から金を得る見返りとして国に認可を降ろすよう便宜を図ったんです。

この破れたページに何が書かれていたんですか?それが17年前のあの事件に何か関わりがあるんですか?」そこに小野田が入ってくる。

「副長官は国のためにお手伝いをされた。お前とどっちが国のためになっているんだ」父の指示のもと、山田は小野田に連行される。

香坂は柳沢監察官(手塚とおる)から小野田についての話を聞く。

小野田は通常ではあり得ない出世の仕方をしている。

昔内部告発をして上司に不祥事の罪をかぶせて所轄へと追いやっている、と。

そしてその小野田が内部告発をした上司というのが香坂の父・敦史であることを知る。

三島(芳根京子)たち所轄刑事たちは一課に没収される前に捜査資料をコピーしていた。

「私たちそんなに信用できませんか?これでも香坂さんの部下です」「組織に刃向かうことになるぞ?それでも協力してくれるか?」「はい!」

香坂を中心に所轄はまたひっそりと事件の洗い出しを始める。

事件の夜のアリバイが取れないのは富永だけではなく金崎理事長(和田アキ子)もだった。

香坂は金崎の苗字が“山田”であることを知り、父が言った「山田さんとの絆」は金崎理事長のことではないかと推測する。

富永が外部の打ち合わせで出かけている隙に金崎に事情徴収をする香坂。

事件の夜のことを「廊下からは何の足音も聞こえませんでした、私耳がいいんです」と供述する金崎。

その直後、大きな音が鳴り響く。

「何?今の音?」それは事件があった夜と同じように再現した鉄骨が落ちる音だった。

理事長室にいたのなら間違いなく聴こえる音。香坂が金崎を問い詰めたところで富永が入ってくる。

が、香坂は今回一課ではなく二課に任意同行を依頼していた。

富永もどうすることも出来ず、金崎は二課に連行される。

一方、裏帳簿の原本を、横沢と、香坂に頼まれた渡部(安田顕)が貸し倉庫から運ぼうとするが、一課にバレてしまう。

小野田が、渡部の香坂との信頼の厚さを利用し、渡部にマークを付けていたからだった。

香坂は小野田に一課長の部屋に呼ばれる。

「残念だったなあ、香坂」部屋には裏帳簿が置かれていた。

香坂は裏帳簿の17年前のページを開き、破れた部分に小野田の名前が載っていたのではないか、と詰め寄る。

「あなたは私の父を裏切った、富永専務と裏で繋がっていたからだ」覚悟を持った香坂に、小野田は一課長の金庫の中から破られたページの切れ端を出し、香坂に見せる。

そこに書かれていた名前は小野田ではなく、香坂敦史の名前だった…。

同じ頃、留置所にいる山田は17年前に「全て隠蔽しなさい」と父が指示を出していた相手が香坂の父親であったことを思い出していた。

 

 

【小さな巨人 第9話ネタバレ】感想

【小さな巨人 第9話ネタバレ】あらすじ&感想 早明学園の裏帳簿は誰の手に?香坂の父に隠された秘密!

 

とりあえず山田が仲間で本当に良かった!裏切ったんじゃないか、と一瞬でも疑ったりして申し訳なかったです。

さて、香坂の父についてややこしくなってきましたね。

裏帳簿に書かれていた香坂の父の名前。小野田の内部告発。山田の父の隠蔽事件。

先週、香坂の母が話していた香坂の父に頻繁に会いに来ている様子の富永。

香坂の父は悪いことをしていない、と信じていたいのですが…どうなんでしょうか。

現に裏帳簿には名前が載っているわけですし。さらにその17年前に亡くなった山田の父の運転手だった松山の死の真相。

まだまだ謎はたくさん残されていますね。

いつか自分を裏切って香坂の手助けをすると思っていた、と小野田に利用される渡部が切なかったです。

渡部は香坂を本当に信頼していて「私にとっての正義はあなたなんです」とまで言い放っていました。

小野田は最初からここまで想定して渡部を自分の運転手にしていたんでしょうね。

柳沢監察官が入っていた通り、まさに怪物です。

 

 

【まとめ】

 

いよいよ来週は最終回!あっという間でした。

全ての謎が解けるのかと思うとこの1週間が待ち遠しく感じられますね!

留置所にいる山田はどうなるのか、そして小野田と香坂の決着は着くのか。

小野田の後の一課長は一体誰になるのか…。

私の中で小野田は悪い人だと決めつけているのですが、そんなこともないのでしょうか?誰が敵で誰が味方なのか。

“敵は味方のふりをする“という言葉を忘れずに来週の最終回を楽しみに待ちましょう!

 

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたにおすすめのコンテンツ

 

 

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link