おんな城主直虎で高橋一生演じる小野政次の最期は?!史実と背景!

 

2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」は、江戸幕府で活躍した井伊直政の祖先にあたる井伊直虎を主人公とした作品で、井伊直虎を柴咲コウさんが演じています。

そんな井伊直虎を取り巻く登場人物の中に、高橋一生さんが演じる小野政次がいるのですが、なかなかのくせ者で、気になる存在となっています。

直虎とは幼馴染で、井伊家の家老なのに、今川家の目付で、井伊家の乗っ取りを企んでいる小野政次。

そんな高橋一生が演じる小野政次について、史実はどうだったのか?最期は?などについてご紹介します。

 

 

Sponsored Link



おんな城主直虎で高橋一生演じる小野政次

 

おんな城主直虎で高橋一生演じる小野政次の最期は?!史実と背景!

 

高橋一生さんは、独特の色気と魅力で大人気の俳優ですが、そんな高橋一生さんが演じる小野政次は、大河ドラマ「おんな城主直虎」では、井伊直虎、井伊直親と幼馴染として育ちます。

幼少の頃には、直虎がおとわ、直親が亀乃丞、直次が鶴丸という名前でした。

直次の父親、小野直正が井伊家の筆頭家老を務めていたため、父の死後、政次も井伊家の筆頭家老となります。

仲の良い幼馴染だった、井伊直虎、井伊直親、小野政次ですが、成長して大人になるにつれて、その関係性に変化がでてきます。

小野家は、今川家からの目付でもあったため、井伊家を監視する役目も担っていました。

父・小野直正は、当時の井伊家当主・井伊直満と井伊直義に、今川家に対する謀反の疑いがあることを、今川義元に密告します。

その結果、井伊直満と井伊直義は殺されてしまいます。

時代が変わり、息子・小野政次も、井伊直親が今川家に対する謀反の歌代があると密告し、殺される原因を作ります。

おんな城主直虎では、今川家の策略に従わざるを得ず、井伊直親が亡くなる状況を作り出してしまった様子が描かれていました。

幼馴染の井伊直親を守りたい気持ちと、今川家の目付という立場と、両方に挟まれて悩んでいる様子が、ドラマを見ている人にとっても、とても心苦しく感じ取られました。

 

 

おんな城主直虎で高橋一生演じる小野政次の最期は?!

 

おんな城主直虎で高橋一生演じる小野政次の最期は?!史実と背景!

 

おんな城主直虎で、高橋一生さん演じる小野政次は筆頭家老として、周囲からは煙たがられながらも、小野政次の立場から井伊家を守ろうとします。

当時の井伊家は、大国である今川家の力添えが無ければ成り立たない立場だったので、今川家と井伊家をとりもつ交渉役が小野政次の役割でした。

ただ、今川家に忠誠を誓いながらも、段々と劣勢となってゆく今川家と共倒れしたくないと思い、さまざまな策を練ります。

高橋一生さん演じる小野政次は、気持ちの上で、井伊家からも、今川家からも、一線を画し行動するのですが、いったい政次の最期はどのようになるのでしょう?

 

 

Sponsored Link



おんな城主直虎で高橋一生演じる小野政次の最期は?!史実と背景!

 

おんな城主直虎で高橋一生演じる小野政次の最期は?!史実と背景!

 

おんな城主直虎では、農民から徳政令を求められるものの、ムロツヨシさん演じる商人・瀬戸方久の協力を得て、今川家からの命令を巧妙にかわし、徳政令を回避し、成功します。

しかし、史実では、この徳政令を回避が成功していません。

その為、井伊直虎は今川家より領地を治める能力がなく、政治をできる立場にない、と判断されてしまいます。

その結果、井伊直虎は代々任命されていた地頭職を解任され、領地・井伊谷を追われます。

井伊直虎が追われた後、高橋一生さん演ずる小野政次は、今川家から井伊谷の領主を任されます。

その後、今川義元が亡くなったことをきっかけに、武田信玄と徳川家康が手を組んで、今川領に攻め入ります。

その戦いの中で、徳川家康は井伊谷を攻め、小野政次を捕らえ、処刑します。

一説によると、小野政次が井伊谷を支配していたのは、たった34日間だったとも言われています。

 

 

Sponsored Link



まとめ

 

おんな城主直虎は、オリジナルストーリーなので、これまでの展開も史実と異なる描かれ方をしていた場面はいくつかありました。

高橋一生さん演じる小野政次は、これからどのように描かれるでしょうか?史実通り、処刑されてしまうのでしょうか?

これからの、おんな城主直虎の展開と、高橋一生さん演じる小野政次の動きに目が離せませんね!

 

Sponsored Link




あなたにおすすめのコンテンツ

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link