【小さな巨人】第8話ネタバレ&感想 利用されろ三島!香坂と藤倉の同期の絆は?

 

早明学園で内偵捜査を行っていた元捜査二課刑事の江口(ユースケ・サンタマリア)が死体となって発見された。

早明学園の専務で元警視庁捜査一課長である富永(梅沢富美男)を任意同行するが、小野田一課長(香川照之)はあっさりと釈放し、実質の無罪判決となった…。

 

 

【小さな巨人第8話ネタバレ】あらすじ

 

【小さな巨人】第8話ネタバレ&感想 利用されろ三島!香坂と藤倉の同期の絆は?

 

富永を釈放した件について小野田は「新たに証拠が出てきたんだよ」と早明学園裏口の監視カメラの映像を香坂(長谷川博己)や山田(岡田将生)に見せる。

そこに映っていたのは、早明学園の経理課長で横領事件の犯人として捜査されている横沢(井上芳雄)だった。

なぜ今になってこんなにも重要な証拠が出てきたのかと香坂が聞くと、同じ監視カメラに生徒が大麻を吸っている映像が映りこんでいたためだった。

そのうちの生徒の1人は警察幹部の息子だという。

小野田は「横沢は300%黒だ」と断言。横沢を殺害の容疑で指名手配することになる。

捜査一課1係長である藤倉(駿河太郎)に小野田は「横沢を逮捕したら余計なものがついてくる」と話す。

余計なものとは早明学園の裏帳簿だ。藤倉は「不正を隠蔽することになるが…」と言うが、何としてでも一課で横沢の身柄を確保するようにと念押しされる。

横沢を前々から追っていた所轄も捜査本部に参加することになった。

香坂の案で、マスコミを使って《新たな容疑者が浮上》と偽の情報を流し、横沢を油断させ、妻と接触するよう仕掛けることになる。

横沢の妻、亜美(中村アン)と何度も会っているから心を開くはずだと、三島(芳根京子)が亜美の監視につくことになる。

そしてついに亜美の携帯にフリーアドレスで連絡が入る。

待ち合わせ場所に行く前に亜美は三島に、夫がまだ容疑をかけられているだろうことを訪ね、三島は思わず捜査状況を話してしまう。

「私はご主人の無実を信じています」という三島に亜美は「私からも夫に出頭するよう伝えるつもりです」と答えてくれた。

だが、この日待ち合わせ場所に横沢が現れることはなかった。

しばらくしてお台場の商業施設前に19時、と前回と同じフリーアドレスから亜美の携帯にメールが届く。

一課と所轄が警備につくが、待ち合わせ場所が変更になるたびに藤倉は所轄を元の場所で待機させ、一課だけを現場に移動させていく。

 

【小さな巨人】第8話ネタバレ&感想 利用されろ三島!香坂と藤倉の同期の絆は?

 

三島は飲み物のおかわりを取りに行くタイミングで亜美が三島の携帯を触っているのを目撃する。

「亜美さん、わたしの携帯で横沢さんと連絡を取ってたんですか?」「私の顔を見たら警察に出頭するって言ってくれたの」その言葉を聞き、わざと亜美の服にジュースをこぼした三島はファッションフロアの試着室へ亜美を連れていく。

着替えの時間が遅いと訝しく思った藤倉が女性捜査員に試着室の中を確認させると、そこには亜美の姿はなかった。

亜美は横沢と再会し、お金と新しい携帯電話を渡す。が、そこに三島、香坂、山田が現れる。本来ならいけない私情で動いてしまった三島だからこそ、覚悟を決めてしっかりと利用されていたのだ。

三島の携帯からのメールは香坂たちにも転送されるようになっていた。

横沢は覚悟を決め「あの夜のこと全てお話しします」と自首することに。だがそこへ藤倉たち一課が現れ、横沢の身柄は一課が確保してしまう。

「藤倉待て、お前は本当に一課長の指示に従うことが正しいと思ってんのか?」

「俺たちはなんのために警察官になったんだ」

叫ぶ香坂の声に耳を貸さず、藤倉は横沢を連行してしまう。

香坂にはまだ1点腑に落ちない点があった。横沢と亜美が落ち合った場所は警察が張り込みをしていない場所だった。

なぜ事前に警察がいない場所を知っていたのか。内通者がもう1人いたのでは…?

香坂が山田と三島に疑問を投げかけていると豊洲署の入り口に藤倉が横沢を連れて現れた。

「お前らが捕まえた容疑者や、お前らに取り調べる権利がある」と藤倉は一課長に反し、自分の正義を貫き通した。三島と山田が早速、横沢を取調室に連行。

「俺は最後の最後で間違ってしもうたわ。自分が正しいと思ったことをやっただけやけどな」「少なくとも俺だけはお前が間違ったことをしていないと思ってる」「香坂、上に立て。当たり前のことが当たり前のようにできる組織に変えてくれ。頼む」

香坂が藤倉との会話から戻ると、取調室に連行したはずの横沢が傍にいた山田とともに姿を消していた。

 

 

【小さな巨人第8話ネタバレ】感想

 

【小さな巨人】第8話ネタバレ&感想 利用されろ三島!香坂と藤倉の同期の絆は?

 

三島、大活躍でした。

私情だと分かっていながらも亜美の傍で支え続け、自分が利用されていることを相手に知られずに上手く懐に潜り込む…優しい三島だからこそ辛い捜査だったかなと思います。

そして今週は藤倉がとにかく格好良かったですね!ただ上の指示に従うやり方で出世してきた藤倉と、自分の正義を貫いた結果2度も所轄に横滑りした香坂。

結果、同期の絆で自分の正義を貫いて上の指示に反した藤倉。豊洲署に現れた時、思わず感動してしまいました。

そして山田…。

信じて、裏切られて、信じて、裏切られて、ああこれでもう香坂との信頼関係が出来上がったなあと思ったところでまた裏切り…?

最後、「江口さんとの絆、持ってきました」と横沢が山田に鍵を見せるシーンで終わったので早く来週にならないかなとソワソワしてしまいますね。

さて、今週の癒しシーンといえば、見張り中に「見張りをする時はもう少しその場に合った服を着ろ」と香坂から自分が注意を受けたことを、同じ見張り刑事に注意する渡部(安田顕)が可愛かったですね。

 

 

Sponsored Link



【小さな巨人第8話ネタバレ】あらすじ&感想のまとめ

 

そういえば香坂が母、真由美(三田佳子)との電話で「富永さんって覚えてる?父が昔お世話になっていた…」

「今だって富永さんにお世話になっているわよ」という会話がありました。

これ今週明らかにならなかったですね。

香坂の父と富永の関係はまだ続いているということ…?

一体なんのために?

そして山田は本当に敵なのか?!

個人的には山田、というよりも岡田将生さん好きなので、信じ続けたいなという思いです。

私が香坂の立場だったら確実に人間不信になってそうです(笑)

 

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたにおすすめのコンテンツ

 

 

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link