今日はCRISISの第8話放送がありました。

早速8話のネタバレあらすじと感想をお届けします!

 

CRISIS第8話トピック

CRISIS第8話ネタバレあらすじ&感想

 

田丸(西島秀俊)は、公安の協力者として新興宗教団体“神の光教団”に潜入捜査をしている林(眞島秀和)から「重大な情報を手にいれた」と電話があったことを林の妻である千種(石田ゆり子)から報告を受ける。
極秘裏に林と会った田丸は、その重大な情報がテロに関するものだと知る。が、それ以上の内容について教えるのには条件があるという。

「スパイをやめたいんです。
妻の元に帰りたいんです。
教団から脱走します。
私と妻を保護してください。」

 

 

CRISIS第8話ネタバレ&あらすじ

 

CRISIS第8話ネタバレあらすじ&感想
林の条件を青沼(飯田基祐)に報告すると、テロの情報が事実であれば条件を呑むとのこと。
田丸(西島秀俊)は千種に条件を記した書類にサインを貰い、千種の口からテロの内容を聞く。

「テロの決行日は明後日。狙われるのは文部科学大臣です。」

テロ当日、大臣が登壇予定のイベントで不審な動きを見せた男を稲見(小栗旬)と田丸が確保するが、男から奪い取った鞄の中身は空。

今回のテロは教団内のスパイを炙り出すためのものだったのでは、と気付いた田丸は危険を察知し、すぐに千種の元へ行きホテルに避難させる。

田丸は稲見に、林との過去を話した。

会社の金を使い込んでいた弱みや、美しい妻との不仲に付け込み、林を教団の潜入捜査に潜り込ませたのは自分だということ。

美しい妻に心を奪われたせいかもしれないということ。

「俺の心が俺の信念を裏切ったんだ」と言う田丸は、再び千種の元へ訪れる。

「林がスパイであること、あなたが密告しましたね?」

「…いつ気付いたの?」

千種が、教団に自分の夫がスパイであることを密告していた。

千種もまた、田丸に心を惹かれていたのだ。だが田丸は思いとどまり、そのまま部屋を出る。

特捜班のデスクに退職届を置いた田丸が向かったのは、“神の光教団”本部だった。

入ろうと決意をした田丸の元へ特捜班メンバーが集まってくる。

特捜班5人VS信者約150人の対決。

最後には警視庁の強制捜査も加わり、無事に拷問されていた林を救い出すことに成功した。

林と千種はまだ危険が伴うため海外で暮らすことになった。

別れの挨拶をしに来た田丸に「あなたと暮らしてみたかった」と言う千種。

田丸は彼女の頬をそっと撫で、千種は車に乗って海外へ向かった。

 

 

Sponsored Link



CRISIS第8話 ネタバレ感想

 

CRISIS第8話ネタバレあらすじ&感想

 

今回の見どころと言えばやはり教団内でのアクションシーン!これに尽きます。

なんとテレビドラマでは規格外となる7分30秒ものノンストップバトル!

台詞はほとんどなく、カットもほぼ無し。

1台のカメラがずっと追っていくので非常に緊迫感のある映像になっていました。

テレビドラマとは思えない映画並みのアクションシーンでしたね。

ラストで田丸(西島秀俊)と稲見が苦戦していた屈強そうな男2人は、なんと現役のトッププロレスラー!

新日本プロレス所属の後藤洋央紀さんとドラゴンゲート所属の土井成樹さんが演じていました。

今までの敵と違い、全然倒れてくれず、もしかしたら特捜班が負けてしまうのか…?

と少しハラハラしてしまうくらい強かったですね(笑)迫力満点でした。

あとは石田ゆり子さんが可愛かったですね!よく田丸、オチなかったなと思います。

最後、田丸に頬を撫でられて優しく目を閉じる石田ゆり子さんがとてもとても可愛らしかったです。

Sponsored Link



CRISIS第8話 ネタバレあらすじ&感想のまとめ

 

CRISIS第8話ネタバレあらすじ&感想

 

石田ゆり子さんもう出ないのかーと思うと寂しくなりますね。

なんて言ってられず、次回はとうとう今まで断片的にしか出てきていない稲見の過去が明らかになるようです。

森の中で追いかけ回した誰かを銃で撃って殺してしまった…という内容の映像はこれまでに何回も流れていますが、そのあたりが明らかになるのでしょうか。

稲見が撃った相手は一体誰なんでしょう。

そして稲見の昔の仲間役が金子ノブアキさんなんですね。

とても良い配役です!すでに悪い予感しかしないですね(笑)

次回も楽しみです!

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたにおすすめのコンテンツ

 

 

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link