予言されたトランプ大統領の暗殺計画!その可能性は?いつ起きる?

 

トランプ大統領には、大統領選挙中からいくつも暗殺計画がたてられている!そう証言したのは、元CIA工作員のロバート・ベア氏です。ベアによれば、拘束したサウジアラビア人のパソコンには、トランプ大統領(当時は候補)の詳細な行動予定表が入っていたとのことです。

さらに、元FBI捜査官も、FBIはいくつかの暗殺計画を掴んでいる、と証言しています。

このように、元政府系職員がその存在を証言しているトランプ大統領暗殺計画。今回はそれが起きる可能性と、起きるとしたらいつなのかについて考えていきます。

 

 

 

Sponsored Link



トランプ大統領暗殺計画!未来人やイルミナティに予言されていた!

 

予言されたトランプ大統領の暗殺計画!その可能性は?いつ起きる?

 

さて、イルミナティという秘密組織のことをご存知でしょうか?世の中を裏で動かす力があると言われている秘密組織ですが、このイルミナティが作った予言カードをイルミナティカードといいます。

これまでにも世界中の出来事をいくつも的中させてきたと言われているイルミナティカードですが、その中の一枚にトランプ大統領そっくりの顔といい加減にしろ!(とイルミナティが怒っている)文字が書かれています。

 

予言されたトランプ大統領の暗殺計画!その可能性は?いつ起きる?

 

予言されたトランプ大統領の暗殺計画!その可能性は?いつ起きる?

このイルミナティカードが作られたのは、トランプ氏の大統領選挙よりもずっと前なのに、トランプ氏そっくりの人物が描かれていることが不思議ですよね。

また、大統領選挙中に2062年から来たと自称する未来人が現れました。彼によると、トランプ氏は大統領にならないそうで、これを大統領就任式にトランプ大統領が暗殺される、と解釈した人もいました。(結果は外れでしたが)

これらはどれもゴシップネタの領域ですが、前述の元CIA職員ベア氏が証言しているように、トランプ大統領への不満から、暗殺したいと考えている組織は多いと思われます。

 

 

トランプ大統領暗殺計画!その可能性は?

 

予言されたトランプ大統領の暗殺計画!その可能性は?いつ起きる?

 

では、トランプ大統領暗殺計画をたてているとしたら、それはどんな組織なのか?、本当に起こりうるのか?について考えてみます。

トランプ大統領暗殺の動機が最もあるのは、まず間違いなく、これまで金の力を使って政権と癒着してきた人々(仮に支配層と呼ぶことにします)でしょう。ちなみに、前述のイルミナティもその一つだと考えている人もいます。

従来のアメリカ大統領は選挙を戦い抜くために、資金力のある支配層を支援者にしてきました。逆にいえば、支配層は金の力を使ってコントロールできる人物を大統領に推してきたわけです。

しかし、トランプ氏は元々資産家だったので、支配層からの資金援助は必要なく、当然、当選後の癒着も発生しません。よって、トランプ氏は支配層がコントロールできない大統領なのです。

かつて、トランプ大統領と同じように、支配層からのコントロールの外にいた大統領がいました。それがご存じジョン・F・ケネディです。

ベトナム戦争からの撤退、黒人の人権樹立等、アメリカの改革を考えていたケネディ氏は、当時の軍需産業や支配層にとって、とても邪魔な存在だったと言われています。

そんなケネディ氏の最後は・・・皆さんご存じの通り暗殺です。トランプ大統領もまた、支配層からのコントロール外におり、アメリカの在り方を変えようとしています(その手法と方向性には賛否がありますが)

この観点から考えると、トランプ大統領の命を狙っている人・組織は多く、暗殺計画が実行に移される可能性は十分にあると言えるでしょう。

 

 

 

Sponsored Link



トランプ大統領暗殺計画の可能性!いつ起きるのか?2017年?

 

予言されたトランプ大統領の暗殺計画!その可能性は?いつ起きる?

 

暗殺計画が実行されるという見方をした時、次に気になるのが、いつごろ暗殺計画が実行されるのか?です。

これについて一つの仮説をたてるならば、軍需産業、石油産業、金融業界等において、その既得権益者に大きな不利益となる決定がなされようとした時、がもっとも可能性が高いと考えています。

他の業界と比べても、軍需、石油、金融の三つは動いている資金の量が多く、第二次対戦前からの既得権益者が多い業界です。当然、支配層も多く含まれています。

現時点では、これに該当するような政策・決定は特にありません。よって、2017年中の暗殺実行はないでしょう。(テロリストによる暗殺は別として)

しかし、トランプ大統領が支配層のコントロール外にいることには変わりはなく、いつどのようにトランプ大統領が動くのか、今後も注目されます。

 

 

Sponsored Link



まとめ

 

どんな大統領にも敵対する勢力は存在します。しかし、トランプ大統領は言動が大胆な上に、従来の支配層とは一線を画しています。

このため、これまで以上に敵対する勢力が多いと思われ、政策次第では命を狙われる危険も高いというとこは間違いないようです。

 

 

Sponsored Link




あなたにおすすめのコンテンツ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link