小さな巨人 7話あらすじ&ネタバレ 元捜査一課長を敵に回す後戻りのできない戦い

早明学園で内偵捜査を行っていた元捜査二課刑事の江口(ユースケ・サンタマリア)が死体となって発見され、その現場から逃走したのは山田(岡田将生)だった。

追いかける香坂(長谷川博己)に対し山田が放った「香坂さんに…早く報告すれば良かった」という言葉の意味とは?!

 

 

小さな巨人 7話あらすじ&ネタバレ

 

小さな巨人 7話あらすじ&ネタバレ 元捜査一課長を敵に回す後戻りのできない戦い

江口の死体の側で発見されたのは、早明学園の経理課長で横領事件の犯人として捜査されている横沢(井上芳雄)の毛髪3本だった。

捜査一課は現場の防犯カメラから横沢の動きを追うが、香坂の所属する所轄は今回も「指示があるまで待機」と言われてしまう。

香坂は、捜査1課と山田の証言が異なっていることから、横沢が犯人ではないことを推測し、三島(芳根京子)や渡部(安田顕)と共に真犯人の捜査を開始する。

「敵の敵は味方だ」という理論から山田の父(高橋英樹)を使って山田を一課の取調べから所轄に戻すことにも成功した。

山田が香坂に伝えたかった内容とは、早明学園の不正な土地売買に関わっていたのが内閣官房副長官である山田の父で、その下で働いていたのが早明学園の専務で元警視庁捜査一課長である富永であるという事実だった。

また、捜査の中で富永が江口を早明学園に入れたことが分かった。

江口が横沢とともに早明学園の不正について気づいたために富永にとって邪魔な存在となり殺害したのではないかと仮説を立て、事件の時刻に何をしていたのか本人に問いただす。

・・・・が、その時間は家にいた。

元捜査一課長の私が言ってるんだ、これ以上の保証人はいない」と煙に巻かれる。

所轄刑事のプライドから早明学園の生徒に調査をし、ついに富永の証言に嘘があることを突き止めた。小野田一課長(香川照之)も香坂の覚悟を認め、一課長自ら動きを見せるが、結局証拠不十分で釈放となる。

同時刻、三島からの報告で江口刑事の内偵捜査を富永に頼まれて指示を出していたのが小野田であることを知る。

 

 

小さな巨人 第7話あらすじ&ネタバレの感想

小さな巨人 7話あらすじ&ネタバレ 元捜査一課長を敵に回す後戻りのできない戦い

頑なに一課の人間だと主張していた山田から「今の僕は所轄刑事です」という発言が出たことに感動しました。

もうこれ以上裏切るようにみえる行動はやめてほしいですね。あとは渡部の心情にグッときました。

小野田に「彼ら(香坂や山田)を生かすのも殺すのもお前次第なんだぞ」と言われ、香坂たちのことを思って冷たく厳しくしてしまう渡部。

そんな渡部に「所轄で働く所轄のプライド、それを教えてくれたのは渡部さんですよ」と言う香坂、ずっと尊敬していた上司からこういう言葉を貰えてきっととても嬉しかったんだろうなと思います。

今ドラマの中でも良い人間味が溢れている役で私は好きです。

そしてラスト。元捜査一課長と元捜査一課長が手を組んでいたなんて。

だからこそ小野田は「絶対に触れてはならないものがここ(警察組織)にはあるんだ」なんて言ったんですね。

警務部監察官の柳沢(手塚とおる)と小野田のやり取りも毎回気になっているので、そろそろ柳沢監察官に動きが出始める頃なのかなと期待しています。

 

 

Sponsored Link



【まとめ】

今まで散々「100%の証拠」という言葉が出てきましたが、今週は「200%の覚悟が必要だ!」と2倍になっていました。

そして次回予告では小野田が「300%」と叫んでいるシーンもあり、最終回までに一体どこまで数字が上がっていくのかも気になる点ですね(笑)

そして横沢が無事なのか、どこにいるのかが明らかになっていないので来週あたり無事が確認できたら良いなあと思っています。

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたにおすすめのコンテンツ

 

 

こちらの記事も読まれております

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link