北朝鮮がミサイル発射し日本に着弾する可能性。予知の場所は新潟?

 

建軍節は核実験を行う事無く過ぎ去りましたが、北朝鮮はミサイルの発射を継続しています。

中国は必死に金正恩に対して説得し、交渉による解決の可能性をつかもうとしているものと思われますが、ミサイルの発射を継続しているところをみると、今のところ効果は薄いようです。

 

失敗こそしていますが、ミサイルを発射するということは、そのミサイルは何処かに着弾します。

いつかそのミサイルが日本を目指して飛翔し、着弾する可能性があることを考慮に入れておく必要があります。

また、ミサイルが日本に着弾する場所は何処で、いつになるのでしょうか?

一説では新潟の可能性が高い、といった予知や噂が存在しているようですが、それは一体・・・・!

 

 

北朝鮮がミサイルを発射する理由と日本に着弾する可能性があるのはいつ?!

 

北朝鮮がミサイル発射し日本に着弾する可能性。予知の場所は新潟?

 

北朝鮮はミサイルの発射を継続しています。

アメリカが空母を派遣すると宣言し、緊張が高まる前、2016年頃。

北朝鮮がミサイルを発射し、核実験を行うことが「なんとなく」当たり前になっていた現実があります。

少なくとも私の中では、そういった事実を「なんだ、またか」という感覚で受け取っていました。

完全に平和ボケだったと反省していますが、日本にミサイルが着弾する可能性なんて全く考えていませんでした。

 

北朝鮮がミサイルを発射をする理由

 

北朝鮮はミサイル開発を急ぎ、そのミサイルに搭載するべく核弾頭を開発しています。

その理由は明白で、国家として「核による抑止力」を獲得することです。

 

金正日の時代には、核開発における核実験を外交カードにしていましたが、金正恩は外交カードとしては使っていません。

「核による抑止力」を獲得するために開発を続けています。

そして、彼はミサイル開発と核開発を、成果として得られる段階にまで引き上げました。

だからこそ今やアメリカも北朝鮮に対して簡単に手を出すことが出来ないし、北朝鮮はそれをわかっているかのごとくミサイルの発射を繰り返しています。

そして、北朝鮮は中国の説得に応じようとはしていません。

その態度は、「核による抑止力」を持つ国家そのものです。

 

北朝鮮がミサイルを発射するその理由は、「ミサイルの開発」を行うことがこれまでの目的でした。

しかし、今この局面における「ミサイル発射」は全く意味合いが異なります。

完全に脅しをかけています。

 

北朝鮮がミサイル発射し日本に着弾する可能性。予知の場所は新潟?

 

直近でのミサイル発射は4月29日早朝。

北朝鮮は弾道ミサイルと見られる飛翔体を発射。

高度71キロメートル付近で爆発しています。

当初は自国領域内で爆発したこのミサイル発射を、「失敗」として評価していました。

しかし、実はこれはある実験だった可能性が非常に高いという結論になりつつあります。

それは、「電磁波(EMP)攻撃」です。

電磁波(EMP)攻撃を行うには、高高度で核爆発を起こす必要があります。

高高度での核爆発によって発生した強力な電磁波によって、地上にある様々な電子機器が使用不能な状況に陥ります。

数え切れないものが電子機器で制御されている現代社会においては、電磁波における攻撃を受けると、私達の生活はままならなくなります。

そういった影響がライフラインに及ぶと、まさに人の命に関わる問題になります。
傍目では失敗したかのように見える北朝鮮のミサイル発射も実は、北朝鮮から送られているメッセージである可能性が濃厚です。

 

 

北朝鮮がミサイルを発射して日本を狙う可能性は?それはいつ?

 

交渉の提案や恫喝で済んでいるうちは大丈夫です。

しかし、紛争が始まるなどして金正恩自身の命の危険や、体制の維持が難しくなった場合はどうなるでしょう?

考えたくありませんが、北朝鮮が行き詰った時、何を考えるでしょう?

通常弾頭のミサイルや核弾頭のミサイルを、どこかの国を目標として発射し、道連れにする可能性が高いのではないでしょうか。

そして、それはいったいいつ?

その際に狙われる可能性が高いのは・・・・

日本、韓国・・・洋上のアメリカ軍。

 

可能性としては十分に考えられます。

だからこそ、政府も「内閣官房 国民保護ポータルサイト」でミサイル落下時の行動についてを広報しています。

 

日本国内で標的にされる可能性があるのは・・・各大都市はもちろん、米軍基地及び原発だと思われます。

 

【関連記事】

アメリカ空母による北朝鮮攻撃はいつ?報復時の日本影響は?

 

 

北朝鮮がミサイル発射をやめる時、やめる可能性は?

 

北朝鮮がミサイル発射し日本に着弾する可能性。予知の場所は新潟?

 

北朝鮮がミサイルの発射をやめる時。

やめる可能性はあるのでしょうか?

今の金正恩が北朝鮮のトップである限り。ミサイル発射が終わることはないと思います。

即ち、ミサイル発射が終わる可能性は非常に少ない。

 

なぜなら、彼の目的はアメリカ本土まで到達することのできるミサイル開発であり、最終的には核ミサイルの開発です。

そして、最終的にはアメリカまで到達する大陸間弾道ミサイルに核弾頭を装備することです。

金正恩がトップである限り、それらの開発は続くでしょう。

そして、開発が完了すれば、今度はこれまで同様脅しとしてさらにミサイルを発射する可能性が高いのではないでしょうか。

 

金正恩にそして北朝鮮にミサイル発射を止めさせるには、金正恩を北朝鮮の体制から引きずり下ろすしかありません。

それが、亡命という手段なのか、その他の手段なのかは分かりません。

しかし、核抑止力を持たない国家に対する対応とは明らかに異なる対応になることだけは確かです。

即ち、核を所有している国家に対しては、アメリカですらそう簡単に軍事力に訴えるわけには行かない、ということです。

・・・それは、日本や韓国などへのリスクを減らすため。

即ち日本や韓国へのミサイル発射の可能性を減らすためだということです。

そういった意味では、北朝鮮が行ってきた核開発による「核抑止力の獲得」は非常に大きい成功だったと言えます。

 

 

Sponsored Link



北朝鮮がミサイルを発射し、日本を狙う可能性!?新潟の可能性が!?

 

北朝鮮がミサイル発射し日本に着弾する可能性。予知の場所は新潟?

 

北朝鮮がミサイルを発射して日本を狙う場合、何処を狙うのか・・・?

一説には新潟が狙われる可能性がある言われています。

狙われる可能性が生じてしまうのは、「柏崎刈羽原子力発電所」の存在が大きいのではないでしょうか。

「柏崎刈羽原子力発電所」は新潟県にある世界最大の原子力発電所です。

原子炉は1号機から7号機まで存在していますが、現在はすべての原子炉が定期検査の為停止しています。

この「柏崎刈羽原子力発電所」は東京電力の管轄なので、もちろん関東地方にも給電されているはずです。

動いていれば・・・

今のところ、この原子炉を狙ったところで、関東への電力不足が発生する等の影響はありません。

・・・が動いていないとはいえ原子炉です。

放射性物質の管理がどうなっているのかわからないので、やっぱり怖い・・と感じます。

 

北朝鮮がミサイル発射し日本に着弾する可能性。予知の場所は新潟?

 

原子力発電所、という視点でみると、新潟よりも危険なのは、現在国内3ヶ所(高浜、伊方、川内)で稼働している原子力発電所です。

これらの原子力発電所は動いていますので、ミサイルによる攻撃を受けると放射性物質による甚大な二次被害の可能性が考えられます。

 

ミサイルは発射から約10分で着弾します。

Jアラートが発報された場合は、速やかに強固な建物に避難する、地下に行く事を覚えておきましょう。

そして屋内にいる場合は可能な限り窓から離れてください。

 

 

Sponsored Link



【最新更新】北朝鮮がミサイル発射!日本を狙う可能性は?

5月14日(日)早朝。

北朝鮮が弾道ミサイルを発射しました。

韓国の大統領が文在寅氏となって初めてのミサイル発射となる。

このミサイルは日本を狙っていた可能性はあるのか?

可能性として100%無いとは言い切れないが、完全にデモンストレーションだと推測されます。

今回のミサイルは30分ほど飛翔して日本海へ落下しました。

北朝鮮の東側の日本海です。

中国の必死の説得、アメリカの交渉、韓国からの密使等・・・報道されていないルートで外交交渉が行われている可能性が高いと考えています。

それらの交渉における条件に対して不満を表明しているのではないでしょうか?

北朝鮮からのミサイル発射が終わる時、それは交渉における条件が合意されたという可能性が高い・・ということです。

しかしそれは「いつ」になるのか・・・全く想像が尽きません。

このまま、戦争になってしまう可能性すらあります。それも「いつ」というのは中々分かりませんね。

しかし数ヶ月単位での話になる可能性が高いと考えています。

 

 

Sponsored Link



まとめ

 

記事を書いていて感じました。

ミサイルが発射されて、日本に着弾する可能性があるかないかなんて・・・そんなこと考えたくない。

だけど、ミサイルが日本に飛んでくる可能性は日に日に高まっているのではないか・・・と。

考えたくはないけど、思考を停止してはいけません。

 

水面下では、熾烈な外交交渉が行われているはずです。

トランプ大統領の中国の習近平国家主席に向けた発言が、もろに「北朝鮮との交渉頑張ってね。期待しているよ」という発言ですよね。

妙に優しい・・・

あっ!?

脅している?

中国としても、北朝鮮が崩壊しアメリカの手が目の前までやってきてしまうのは避けたいはず。

それを防ぐためにも、なんとか交渉をまとめ上げたい・・・と考えているはずです。

 

いち国民としては出来ることは限られますが、きちんと事態を見守り、同じことの起きない世界にしてゆかねばなりませんね。

 

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたにおすすめのコンテンツ

 

2017年4月北朝鮮は戦争秒読み?未来人予言は日本にミサイル?

アメリカが空母で北朝鮮を攻撃するのはいつ?報復時の日本影響は?

空母カールビンソンの現在位置は何処?朝鮮半島への到着日はいつ?

 北朝鮮の6回目核実験!中国に通知し住民が避難?Xデーはいつ?

北朝鮮とアメリカが戦争になる可能性?日本にミサイル飛来はいつ?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link