2017年4月北朝鮮は戦争秒読み?未来人予言は日本にミサイル?

 

北朝鮮の最高指導者「金正恩」とアメリカのトランプ大統領が睨み合い、戦争が秒読み段階に入ったと言われています。

2017年4月、新月で月の無い夜を迎える27日に、アメリカの空爆が行われるのではないかと韓国内で大きな噂となり、韓国政府が火消しに躍起になる等対応に追われるほど現実味を帯びた噂が流れています。

 

戦争状態になってしまった場合、北朝鮮は敵対国を名指しし、攻撃を行う事を宣言しており、その敵対国に日本も含まれています。

ミサイルでの攻撃?

特殊部隊による上陸作戦?

 

もはや、日本も戦争に巻き込まれる可能性のほうが大きい、いや戦争が起これば確実に巻き込まれていしまうだろうと考えられます。

その目と鼻の先で起きている戦争に繋がる緊張が、秒読み段階に入っているのです。

我々は、ミサイル攻撃や特殊部隊による上陸作戦に備え、万全の準備をしておく必要があります。

 

 

Sponsored Link



2017年4月に北朝鮮とアメリカは戦争秒読み状態に!

 

2017年4月北朝鮮は戦争秒読み?未来人予言は日本にミサイル?

 

既に連日のニュースで放送されているように、アメリカは空母「カールビンソン」を中心とした空母打撃群を朝鮮半島に展開しています。

オーストラリアへ向かう予定だった空母「カールビンソン」の予定を変更し、急遽朝鮮半島へ向かわせています。

その状況はもはや戦争秒読み状態!

 

アメリカは、北朝鮮の度重なるミサイル発射や核実験に対して、怒り心頭です!

アメリカは、アメリカ自身の安全保障という意味で、アメリカ本土を危険に晒す行為をとても嫌がります。

当たり前ですね、アメリカ自身の安全保障を脅かす存在を黙って見ている訳には行きません。

 

北朝鮮は、ICBM(大陸間弾道ミサイル)の開発を急ぎ、そしてそのICBMに搭載する核弾頭の開発を行う為「核実験」を繰り返してきました。

そうした行為は、アメリカに到達するICBMの開発と、そのICBMへ搭載する核爆弾を開発する事、即ちアメリカ本土の安全保障を脅かす事に他なりません。

 

アメリカは「レッドラインを超えれば、先制攻撃を加える」とも表現しています。

これは、確実に「核実験」のことを示していると思われます。

先日、失敗はしたものの、北朝鮮はミサイル発射を行いました。

ミサイル発射そのものについては今のところアメリカ軍は動いてはおらず、このことも「核実験」がレッドラインであるということを示していると考えることができます。

 

北朝鮮から目と鼻の先に展開された空母「カールビンソン」を始めとした空母打撃群。

そして、先制攻撃をも辞さないと圧力をかけるアメリカ。

 

自国民を始め世界各国に自国の虚勢を誇示する北朝鮮。

最高指導者は33歳。

喉元にナイフを突きつけられ、脅しを受けている北朝鮮の若き最高指導者金正恩は何を思い、次にどういった行動を起こすのか。

 

既に核実験の準備は完了していると言うことが伝わってきています。

この最後のカードをいつ切るのか。

そして、そのカードの切り方次第で、北朝鮮はもとより、北東アジア全体とアメリカの運命が大きく変わるはずです。

戦争への秒読みは開始されました。

このまま戦争に突き進むのか・・・

それとも、双方振り上げた拳を下ろすことが出来るのか・・・

 

 

2017年に北朝鮮は日本にミサイルを発射する!?

 

2017年4月北朝鮮は戦争秒読み?未来人予言は日本にミサイル?

 

アメリカと北朝鮮は既に戦争への秒読みを開始しているように感じます。

仮に北朝鮮が「核実験」を行い、アメリカ軍が北朝鮮に空爆を行ったと仮定しましょう。

 

容易に想像できるのは、北朝鮮からの報復攻撃としてのミサイル発射です。

アメリカ軍は北朝鮮からの報復攻撃を抑止する為に、すべての基地、すべての発射台のミサイルを標的として空爆を行うはずです。

そして、金正恩自身をも狙う可能性があります。

しかしながら、その目標を一つでも外せば・・・

北朝鮮から報復攻撃としてミサイル発射が行われる可能性が高い。

そしてその北朝鮮のミサイル発射による報復攻撃は、韓国、日本、そしてアメリカが標的として狙われることになるはずです。

(アメリカまで届くICBMはまだ開発が完了していない・・という話ではありますが・・・)

これまでの、ミサイル発射実験を考えると、韓国や日本は十分射程に入ります。

 

考えてもみてください。

平和だと思っていた日本にミサイルが飛んでくる・・・

私は想像もしていませんでした。

ミサイルの着弾地点に、自分がたまたまいるかもしれない・・

自分じゃなかったとしても、ミサイルが着弾し、爆発すれば何の罪もない「日本国民」の命が奪われるわけです。

そんなことが許されれるわけない・・・

しかしそういった現実が目の前で起ころうとしているんです。

 

忘れてはイケないのは、日本は当事者であるということです。

確かに、面と向かって北朝鮮と喧嘩をしているのはアメリカです。

しかし、アメリカの同盟国として日本国内にアメリカ軍の基地を有し、アメリカと手を携え北朝鮮に制裁を加えている日本の姿は、北朝鮮からみるとアメリカとほぼ同じなんですね。

 

今できることは・・・

現存している防御措置をしっかりと展開し、アメリカ軍と共に自衛隊に頑張ってもらうしかありません。

そして、我々は今起きているこの現実をしっかりと理解し、今後の北朝鮮への対応や国の安全保証をしっかりと考えてゆかねばなりません。

 

 

Sponsored Link



北朝鮮による日本へのミサイル発射は予言されていた!?

2017年4月北朝鮮は戦争秒読み?未来人予言は日本にミサイル?

 

ネット上の噂ではありますが、北朝鮮によるミサイル攻撃が日本に行われることが予言されている、と話題になっています。

 

北朝鮮は日本の米軍基地を標的にすると公言しています。

日本にある米軍基地は、横須賀、厚木、横田(在日米軍司令部)、嘉手納、岩国、キャンプ座間、トリイステーション(沖縄)。

アメリカが北朝鮮に攻撃を行うと、北朝鮮は報復攻撃を行うはずですが、それらのミサイルは在日米軍基地を狙って発射されることになるのでしょう。

それらを予言しているとされているイルミナティカードがこちら。

カードの左側にある黒色のビルと横浜のビルの形、同じですよねー!

横浜が壊滅状態という事は、横須賀が狙われたという事になりますかね・・・

 

2017年4月北朝鮮は戦争秒読み?未来人予言は日本にミサイル?

2017年4月北朝鮮は戦争秒読み?未来人予言は日本にミサイル?

 

そして、怖いことにこのイルミナティーカードは第3次世界対戦も予言していたりします。

 

2017年4月北朝鮮は戦争秒読み?未来人予言は日本にミサイル?

 

かの2chで有名な「2062年から来た未来人氏」も第3次世界対戦はアジアを中心に勃発すると名言しているので、北朝鮮とアメリカのこの戦争がそれらの引き金になるのではないかと考えてしまいます。

 

イルミナティカードとは

もともとはカードゲームですが、秘密組織「イルミナティ」をゲーム化したもので、イルミナティとは世界を牛耳っている、と噂されている秘密結社です。

このカードに書かれているイラストが「世界で起きている重要な事件・事故を予言している」と世界的に話題になりました。

 

 

Sponsored Link



過去最大規模の砲撃訓練と米韓合同軍事演習

 

2017年4月北朝鮮は戦争秒読み?未来人予言は日本にミサイル?

 

遂に空母カールビンソンが日本海へ到着し、北朝鮮を航空機による攻撃範囲に捉えました。

時を同じくして、建軍節となる4月25日に、北朝鮮では過去最大規模の軍事演習も行われ、アメリカ軍・韓国軍への牽制が行われました。

この軍事演習となる砲撃訓練には金正恩朝鮮労働党委員長も立ち合ったようです。

なんと、300門以上の長距離砲を投入して・・・・

 

ちょ

長距離砲?

砲なの?

そうです、砲門です(笑)

平たくいうと「大砲」ね。(笑)

確かに数は多いのかもしれませんが・・・大砲て・・・

しかも海に向かって・・って。

打って喜んでるだけ?(笑)

軍の士気を上げるという効果はあると思いますが、アメリカ軍、韓国軍に対する牽制の意味はあまりないように感じるのは私だけでしょうか・・・

 

【5月14日追記】

これらの砲門から出ている炎の大きさなどが、おかしい。

映像を下降しているのではないか、という指摘があちこちから行われていますね。

本来発射地点は秘匿性を高めておくのが基本です。

なぜなら、発射地点がバレてしまうと反撃を受けてしまうからです。

即ち、発射時に光はなるべく出したくない。

そうです、発射時の大きな炎は後から付け足されている可能性が高い、ということです。

 

 

そして、アメリカ軍と韓国軍も負けじと合同軍事演習を行い、お互いがお互いを牽制しあっています。

さらに、アメリカ空軍はカリフォルニア州の空軍基地から大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行いました。

約6800キロ離れた目標であるマーシャル諸島に無事着弾し、実験は成功に終わったようです。

これも北朝鮮への牽制ですね。

 

こういった様々な牽制を受けつつも、恫喝を辞めない北朝鮮。

それでも6回めの核実験のタイミングを狙っていると言われています。

このまま、核実験を行わず核開発を放棄するのか?

それとも核実験を実行し、アメリカ軍との戦争の秒読みを進めてゆくのか・・・

戦争が始まると日本も確実に巻き込まれてしまうので、その動向が非常に気になる所です。

 

 

 

 

Sponsored Link



2017年5月戦争秒読み状態は継続!未来人の予言どおりになるのか?

 

【最新】2017年5月北朝鮮は戦争秒読み?未来人予言は日本にミサイル?

 

2017年5月時点では、北朝鮮の情勢は膠着状態です。

北朝鮮に対して融和的な文在寅氏が大統領になりました。

この、文在寅氏は「一日も早く金正恩と会うべきだ」と言っていますね。

 

中国が水面下で交渉を継続し、韓国の新大統領からも何らかのオファーが金正恩へ行われているでしょう。

そして、アメリカも水面下で交渉しているかもしれません。

そういった状況の中で、5月14日早朝。

北朝鮮はまたしても弾道ミサイルを発射しました。

約30分ほど800km飛行し、日本海に落下したようです。

今回のミサイルはこれまでと異なるロフテッド軌道という軌道を描いており、新型のミサイルである可能性が高いようです。

断じて容認できない状況ではありますが、いまは黙ってみているしか無いのでしょうか・・・

今日14日からから開催されている、「シルクロード経済圏構想(一帯一路)」に対する不満の表明なのかはまだ分かっていないようです。

経済制裁の強化が叫ばれているようですが、果たして効果がるのか?というのは正直疑問です。

これまでもそうでした。

何らかの約束をしては、それを反故にし自国の利益を優先する。

それを容認してきたから今のような事態に陥ってしまっている訳です。

このあたりで、毅然と対応しておかねば、リスクを増やしてゆくことになってしまいます。

 

イルミナティカードが指し示す、未来人の予言のように、横浜だけではなく日本にミサイルが発射されるようなことはあってはならないはずです。

そんな未来は未来じゃない!

子どもたちが平和に暮らして行ける未来を作ってゆきたいですよね!

 

 

まとめ

 

今この瞬間に攻撃が行われるかもしれない、という事実をしっかりと我々は噛み締めないといけないのだと思います。

当たり前に「平和」がそこにあるわけではない、という現実を知るためにも。

平和はそこに存在している、訳ではなく、平和は勝ち取らねばならないことを。

各種情報に注意して、必要時にはすぐに避難ができるようにしておきましょう。

(避難といっても・・・地震とは違うのでね・・・何処へ・・というのが本音です。

ミサイルなんで何処に着弾するかなんて誰もわからないのですから・・・)

 

【関連記事】

アメリカが空母で北朝鮮を攻撃するのはいつ?報復時の日本影響は?

空母カールビンソンの現在位置は何処?朝鮮半島への到着日はいつ?

 北朝鮮の6回目核実験!中国に通知し住民が避難?Xデーはいつ?

北朝鮮とアメリカが戦争になる可能性?日本にミサイル飛来はいつ?

 

Sponsored Link




あなたにおすすめのコンテンツ

?

?

?

?

?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう