AKB48の人気が低迷し終わりの理由?2017総選挙の辞退者続出!

 

日本の国民的アイドルグループとして、長い間僕らの目と耳、そしてハートを掴んで離さないAKB48

過去にはAKBにおいて神と呼ばれた方達も卒業し、残ったメンバーで良りよいグループにしてゆかねばならない厳しい現状。

卒業すること自体も、それはそれで厳しい現状が目の前に存在する訳ですが、そういったストイックに頑張る姿を見せてくれるアイドル、という意味でもとても新鮮なグループです。

 

楽しくするためにも頑張らなきゃならない、という生きてゆく上でとても大事なことを学ばせてくれる、とっても重要な存在であるようにも思います。

そんなAKB48ですが、最近、「終わりだ」とか「人気低迷」、「人気に陰りが出てオワコン」なんて話があちこちで聞かれるように・・・・

 

一体どういったことが原因でそんなことを言われいるのか?

何か理由があるのか?

そして、人気が低迷している事と、2017総選挙において立候補を事態するメンバーが続出していることは何か関係しているのか?

考えていきたいと思います。

 

 

AKB48の人気が低迷し終わり?人気が下降し陰りが出てきたという噂は本当か?

 

どの側面で何を見て語るのか、によっても大きくその内容は変わってくるようです。

ただ、全体的に数年前に比べると商業的に見て数字が下がってきている・・という状況のようです。

 

例えば、コンサートの動員力。

ニッケイスタイルによる「コンサート動員力ランキング」によると、2016年のランキングでAKBは50位。

ただ、これだけでは過去との比較が出来ないので、過去分の数字を並べてみると・・・・

 

【コンサート動員力ランキング AKB48】

・2013年ランキング:8位 コンサート動員数:67.6万人
・2014年ランキング:14位 コンサート動員数:37万人
・2015年ランキング:35位 コンサート動員数:23.4万人
・2016年ランキング:50位 コンサート動員数:14.1万人

 

【2016年コンサート動員力ランキング 50位まで】

AKB48の人気が低迷し終わりの理由?2017総選挙の辞退者続出!

※出典:ニッケイスタイル

AKB48の人気が低迷し終わりの理由?2017総選挙の辞退者続出!

※出典:ニッケイスタイル

AKB48の人気が低迷し終わりの理由?2017総選挙の辞退者続出!

※出典:ニッケイスタイル

 

2013年には8位だった動員力が50位まで低下していることがわかります。

 

こうしてみてみると、コンサートへの動員数が大きく落ち込んできていることがわかりますね。

 

そして、追加でもう一つ。

これも指標のひとつとして捉えておくべき内容ですが、有名メンバーの卒業公演における動員数です。
・2013年  約4.7万人

前田敦子卒業 東京ドーム

・2014年  約6万人

大島優子卒業 国立競技場

・2015年  約3万人

高橋みなみ卒業 横浜スタジアム

・2016年 約1.3万人

小嶋陽菜卒業 代々木第一体育館

これは卒業するメンバーに依存して数字が大きく変わるところだとは思いますが、よく聞くメンバーである事を考えると、多少の数字の増減はあったとしても、メンバーの人気により劇的に数字は変わらないであろうと考えられます。

そういった視点で数字をみると。過去と比較すると数字が下がってきている、ということが分かる一つの指標にはなると思います。

 

 

AKB48の人気が低迷し終わりの理由?本当に終わりなのか?

 

では、CDのランキングを見てみましょう。

オリコンでは、アーティスト別の年間トータルセールスが集計されており、この売上額が一つの指標になりますね。

2016年の年間と過去を比較したかったのですが、2016年分が上期分しか存在しておらず、やむなく2015年分と比較しています。

 

【2012年・2013年】

AKB48の人気が低迷し終わりの理由?2017総選挙の辞退者続出!

 

【2015年】

AKB48の人気が低迷し終わりの理由?2017総選挙の辞退者続出!

 

2012年の売上が絶好調だった為に2013年、2015年は数字が減少しているように見えますね。

単純に2012年の約190億円が110億円になっていると見えますね。80億円の減少です。

この80億円を大きいと見るか、小さいと見るか・・・

3代目J-Soul Brothersの売上が68億円ですから・・80億円ってとてつもなく大きいように思うんです。

 

これは、メディアの販売に関しての数字なので、握手会やグッズなどを含めた金額ではありません。

よって、この数字だけでは結論を出すことは出来ませんが、全体的な傾向としてはどのように考えればよいかは分かってくるように思います。

 

また、コンサート動員力の結果も合わせて考えると、全体的には下降気味であるのだろう・・と私は思います。

残念ではありますが・・・

 

ただ、それは商業的な視点での話で、ファンとしての情熱を測るものではないものなんだぜ、ベイベー!

もともと、人気が高すぎて、メンバーにも大きな負担があったのも事実。

ひとつ、色々と体制含めて考え直す時期だと考えてもいいと思いますね!

 

 

Sponsored Link



AKB48の人気が低迷し終わりの理由?2017総選挙で占える!

 

AKB48の人気が低迷し終わりの理由?2017総選挙の辞退者続出!

 

人気は波があるもの・・・株と同じですね!

株は企業の人気のバロメーターですから!

上がるときもあれば、下がるときもある。

そう考えると、これからまた大きく人気が上がってゆくことも可能性としては十分有るわけですよね!

もちろん、いまだって絶大な人気を誇っている訳ですから。

今年も6月にはAKB48 2017総選挙が始まりますね。

その時の盛り上がり具合、立候補、総選挙に向けたメンバーみんなの気合の入り方によって、今後が占えるのではないでしょうか!

また、人気度合いという意味では・・・視聴率。

家庭における地上波テレビの位置づけもここ数年で大きく変わってきてますので、全く同じ土俵では語ることは出来ないかもしれません。

しかし、同条件で調査された数字であるという意味では過去の数字と比較出来るかと思います。

 

 

Sponsored Link



AKB48の人気が低迷し終わりの理由?2017総選挙の辞退者続出

AKB48の人気が低迷し終わりの理由?2017総選挙の辞退者続出!

 

この記事を執筆している4月2日時点ではすでに総選挙への立候補は締め切られました。

現時点で判明している辞退者は21名。

一覧はこちらです。
【AKB】
入山杏奈
村山彩希
柏木由紀
木﨑ゆりあ
田名部 生来
谷優里
濱松 里緒菜
福地 礼奈

 

【SKE】
二村春香
後藤理沙子

 

【NMB】
山本 彩
上枝 恵美加
山尾 梨奈
木下春奈
村中有基
矢倉 楓子

 

【HKT】
井上由莉耶
岡本 尚子
兒玉 遥
駒田 京伽
筒井 莉子

 

2016年の辞退者が31名だったことを考えると、2017年総選挙の辞退者数は減少しています!

これは、選挙を見る側からすると嬉しいことですね!

総選挙はメンバーからすると、自分を見直す機会でもあるので、そういった意味では迷いの有るメンバーが少ないのかもしれません。

それって、とってもいいこと!

CDのセールスやコンサートの動員力なんてどうだっていい!

メンバー自身が輝ける場所がそこにあって、その場所でメンバーそれぞれが頑張っていればそれでいいんじゃないかって、僕は思います。

人気が有るかどうかは、それらが積み上がった結果でしかありませんしね。

メンバー達が前向きに頑張って一人でも多くの方に見てもらえたらな、と思います!

 

Sponsored Link



まとめ

AKB48、もう10年ですからね。

全盛期と比較してしまうと、各種の数字が下降し、低迷していると言われても仕方は無いと思います。

商業的に見れば・・・ね。

ファンとしての熱量として見たときにはどうなんでしょうね?

 

しかし、いい機会なので、ここいらですこし考える時間があってもいいのかもしれません。

企業もそうですが、波もなく全開で走り続けることの出来るグループなんでそうそういません。

時折壁にぶつかり、悩み、もがくからこそ、そこから「成長」を掴み取れるんだと思います。

AKB48が頑張っている姿を見て、見た側はどう捉え、どう自分の世界に置き換えてゆくのか・・といったところでしょうか。

 

所属メンバーの力を合わせて頑張ってほしいなと思います!

 

 

Sponsored Link




Sponsored Link



あなたにおすすめのコンテンツ

 

乃木坂46メンバー人気順2017!生駒・樋口・堀の順位は?

2017AKB総選挙が雨で中止!TV放送は?開票はどうなる?

渡辺麻友は今年も3位?指原莉乃との一騎打ち?【AKB総選挙2017】

SKE48松井珠理奈がかわいくないが2位の理由【AKB総選挙2017】

NGT48荻野由佳可愛くないのに何故1位?【AKB総選挙2017】

NMB須藤凛々花の結婚発表理由は妊娠?ブログとtwitter炎上

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Link